彼は

かれは【登録タグ: 初音ミク 西園寺タナカ

作詞:西園寺タナカ
作曲:西園寺タナカ
編曲:西園寺タナカ
唄:初音ミク

曲紹介

  • 力強く淡々としたロックソング
  • 王道的と言える骨太のロックサウンドに乗せてミクが淡々と語る様な歌声が印象的。

歌詞

piaproより転載)

彼は 覚束ない 足取りで歩いていました
一応 ぼんやりと 目的地もある筈でした
ある日 何てことない 小石につまずきました
だけど なかなか 起き上がることが出来ませんでした

ずっと このままじゃ 砂利で背中痛いじゃん
流れる雲を見つめて このまま
そのまま?

彼は 他人の助けを ひたすら待っていました
聴こえて来るのは 風の音ばかりでした
彼は 自分がひどく 孤独に思えました
だけど それもいいと 開き直ってもいました

だって 人間じゃん みんな結局独りでいるじゃん
だったら 弱音は 吐くなよ
泣くなよ?

やがて 彼は自分の力で 立ち上がりました
でも ここがどこか 判らなくなっていました
彼は いろんな地図を 広げてみてみました
だけど この場所は どこにも載っていませんでした

歩く 歩く 歩く 転ぶ 起きる

歩く

コメント

名前:
コメント: