世界拡大解釈

せかいかくだいかいしゃく【登録タグ: 人工モノクローム 巡音ルカ 歌愛ユキ

作詞:八白(人工モノクローム
作曲:でっち(人工モノクローム
編曲:でっち(人工モノクローム
唄:巡音ルカ・歌愛ユキ

曲紹介

  • ミクうたプロジェクト第七部の2曲目。
  • この二人の新しい可能性を提示することができた。できたんじゃないかな。たぶんできたと思う。(作者コメ転載)

歌詞

縛られた幻想と 出来過ぎた理想と
見せられた真実は ただ風にさらわれ
完全な観測に 含まれた矛盾を
モノクロの数学者が 嫌らしく嘲笑う

綻びかけた深夜の街を
ただ風のように駆け抜ける
背中に迫る青の粒子に
すべてのものが崩れ落ちていく

世界から溢れ出した解釈が
空を切り裂いて
手のひらで掴み取ったこのロゴスは
ただ闇に落ちていく

仕組まれた現実と 偽りの予測と
善だけに傾いた 天秤は倒れる
入り組んだ市街路は 迷宮に成り代わり
騙し絵の階段に 捕食されいなくなる

耳のない猫 香らない花
何かが欠けている街並み
絵画の中に閉じ込められた
哀れな少女の末路を辿る

終わらない夢に魅せられた羊が
過去に溶けていく
ベクトルの指し示す先へと進む
それだけを拒絶して

綻びかけた深夜の街を
ただ風のように駆け抜ける
背中に迫る青の粒子に
すべてのものが崩れ落ちていく

世界から溢れ出した解釈が
空を切り裂いて
垂れ落ちたフェルミの海の雫が
暴食を尽くす
終わらない夢に魅せられた羊が
過去に溶けていく
手のひらで掴み取ったこのロゴスは
ただ闇に落ちていく

コメント

名前:
コメント: