ワールズエンドワイルズ

わーるずえんどわいるず【登録タグ: 人工モノクローム 初音ミク

作詞:八白(人工モノクローム
作曲:でっち(人工モノクローム
編曲:でっち(人工モノクローム
唄:初音ミク

曲紹介

  • ミクうたプロジェクト第三部の2曲目であり、記念すべき10曲目。
  • 多くの者たちを狂気に陥れ、破壊衝動に駆り立てていたモノ…それはとある未知のウィルスであった。(作者コメ転載)
  • 美麗なイラストは ざいん氏 が手掛けている。

歌詞

皮膚の下で蠢(うごめ)く 無数の蟲(むし)が
爪を剥がして外へ 這い出して行く
原色に染め上げた ビルの谷間を
理由も思い出せず 走り抜けて

やがて見えてきたものはゼロとイチの狭間の世界
歪みねじくれた境界面を滑り落ちる衝動
一次元の骨子(フレームワーク)が軋(きし)みを上げて崩れ
舞台裏に隠されていたモノを明らかにする

認識は感染する 狂気のように
存在しないものを 網膜に映す
脳髄の見た夢と この現実に
差異を見つけることは できないのだから

やがて見えてきたものはゼロとイチの狭間の世界
歪みねじくれた境界面を滑り落ちる衝動
一次元の骨子(フレームワーク)が軋(きし)みを上げて崩れ
舞台裏に隠されていたモノを明らかにする

振り返ることは許されない
振り返ることは許されない
振り返ることは許されない
後ろにいるから

直視することは許されない
直視することは許されない
直視することは許されない
見られているから

やがて見えてきたものは夢現(ゆめうつつ)の無窮(むきゅう)の荒野
右に振り切れた計測器の針は二度と戻らない
一次元の骨子(フレームワーク)が無音で修復され
舞台に引きずり出されたモノは仕舞われることなく

コメント

  • こわー(*_*; -- Hate (2012-12-16 20:35:00)
名前:
コメント: