コンペイトウ星

こんぺいとうぼし【登録タグ: あまみ 鏡音リン

作詞:あまみ
作曲:あまみ
編曲:あまみ
唄:鏡音リン

曲紹介

星って重力とか引力とか? 引っ張る力があるんですけど人の心も同じで、心と心が引力で強く惹かれ合います。
そういう感じの曲です。

代表的なPV紹介


歌詞

PIAPROより転載)

星の輝く夜には風の歌声聞きたくって
窓の外に乗り出して夢の続きを見るように…

オトギ話に出てくる古いロケットに飛び乗って
酸素不足の旅でも もちろん しょうがないの

瞬く空の下物憂げな雲 海の泣き声聞いて目が覚める
桃色した夕日見ていた

僕の宇宙(そら) 泣いていたあのコンペイトウ
少し輝いてハジケて
流星のシャワー浴びて 引き寄せる力感じて
高鳴るハートの欠片を集めて 強い引力に惹かれるように
あの大地を踏み出す

24個の秘密のアンテナ感度はバツグンで
今日もどこかの惑星目指して航海は続く

小さい頃見てた絵本の表紙
破れていく、色褪せていく、捨てられていく、忘れていく、

僕の宇宙(そら) 泣いていたあのコンペイトウ
少し輝いてハジケて
流星のシャワー浴びて 引き寄せる力感じて
高鳴るハートの欠片を集めて 強い引力に惹かれるように
あの大地を踏み出す

今夜もし、あの星が光り輝いて 僕を照らし続けてたら
きっと雲も晴れ 海も泣きやんでて
空に太陽が昇るの

高鳴るハートの欠片を集めて 強い引力に惹かれるように
あの大地を踏み出す

コメント

名前:
コメント: