たいやきララバイ

たいやきららばい【登録タグ: さくら なるしす ふみ 初音ミク
作詞:なるしす
作曲:なるしす
編曲:ふみさくら
唄:初音ミク

曲紹介

たい焼きのやさしい甘さって、他の食べ物にはない温かさがあるって思います。
そんな温かさが、一人でも多くの人に伝わりますように…… By 動画コメント欄より
  • 元々は某お祭りで使いそびれた、たい焼き販促ソングであるらしい。
  • (仮)ver.から2年3ヶ月の時を経て、2010年3月にfull ver.が発表された。
  • 歌詞の「たいやき」と「たい焼き」の違いに注目して聴くといいかも。

歌詞

PIAPROより転載)

たいやきが食べたくなった なぜか無性に
あの日のときめきが 今胸によみがえるよ
走り出した手には 100円玉が
しっかりと握られていたよ 気づいてふとほほ笑む


たまたま買った あのたい焼きが
なぜかとてもお気に入りで
半分あげる そう言いながら
君はいつもたい焼きねだってた

どうしてだろう 飽きもしないで
必ずいつも1つだけ
やさしい気持ち 君の笑顔の
かけらを包むたい焼き

あの日の思い出が あの日の思い出が
よみがえるそんな気がした だから100円握りしめて

たい焼きを一人で買って 一人で食べる
あの日と同じ味 でも少ししょっぱいかも
思い出の中では 100円玉が
幸せの合言葉だった やさしいあの甘さが


たった1つの たい焼き分ける
君はなぜか嬉しそうで
ちょっと失敗 そう照れながら
少し小さい方に手をのばす

どうしてだろう 二人で分ける
半分だけのたいやきが
君にとっても 僕にとっても
かけがえのないごちそう

あの日の思い出が あの日の思い出が
今はまだ少し遠くて だから100円握りしめて

たいやきが食べたくなった なぜか無性に
あの日のぬくもりは まだ胸に残ってるよ
君の笑い声を 100円玉が
運んできてくれる気がした あの日と同じように


あの日の思い出が あの日の思い出が
よみがえるそんな気がする だから100円握りしめて

"たいやき"に包まれていた やさしい想い
あたたかい甘さに 心が少し安らぐ
君の笑い声も よみがえる様な
すべてをやさしく包み込む 思い出の子守唄

しあわせのかけらに込めた想い 気づいてふとほほ笑む


コメント

  • 良い曲!たい焼き大好き(*^ω^*) -- えりっく (2013-01-04 15:04:36)
名前:
コメント: