春樹-harunoki-


作詞:クリスタルP
作曲:クリスタルP
編曲:クリスタルP
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 離別の春を鏡音レンが切なくPOPに歌い上げる、クリスタルPによる新しい春の歌。
  • KarenTレーベルより配信販売中。「春の唄'10」企画で配信された作品の1つ。

KarenT配信


媒体:配信
発売:2010年3月24日
価格:¥150
レーベル:KarenT

作詞・作曲: クリスタルP
イラスト: はる

前作 本作 次作
大樹の唄~inspired sounds and words~ 春樹-harunoki- キラキラなコドモ / escaper

iTunes Storeで購入する

曲目

  1. 春樹-harunoki- (feat. 鏡音レン)

歌詞

毎年来ようね 指きりしたよね
花びら散りゆく 空の”何処か”へ
もう、在ない君に届けばいいのに
綺麗にできたよ つらい記憶(ゆめ)も

望んでもカナワナイ、と
あきらめようとした
欠けた場所を なぞる
何かを遺して

朝もまだ 蒼い
静けさに怯える
「今でも 僕は…生かされてるのに」

儚いねなんて言葉じゃ 足りない
季節は これから巡(はじま)るのに
美しすぎた 永遠の樹の下
輝きつづけて。いつか、消去(け)して。

拒んだら
強くなれそうな気がしてたケド
泣いて目覚め
濡らしたコレに戸惑う

夜を待つ はやく
暮れ去って夕雲
いつまで 僕は、…見送ってる側?

「また、来ようね」と微笑う 顔も、声も、
滲んだ この胸 掴む、強く。
止まったままで居られたのならば、と
幼い 未来に 重なるケド

芽生えて、咲いて、散る 春を
ボクのままで また出逢えるまで

「今でも 僕は…生きてるのに」

毎年来ようね 指きりしたよね
花びら散りゆく 空の”何処か”へ
もう、在ない君に届けばいいのに
綺麗にできたよ つらい記憶(ゆめ)も

儚いねなんて言葉じゃ 足りない
季節は これから巡(はじま)るのに
美しすぎた 永遠の樹の下

輝きつづけて。いつか、消去(け)して。

コメント

  • 仕事はや!感謝です -- 名無しさん (2010-03-27 11:22:46)
  • あは -- るるか (2011-04-07 17:26:35)
名前:
コメント: