Name


作詞:フカクボリョウ
作曲:フカクボリョウ
編曲:フカクボリョウ
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • 思春期の心を感じる爽やかなギターロック
  • 掻き鳴らされたギターと音が広がっていく進行に聴いていると心が広くなっていく。
  • 君に届くように叫ぶような、君に向かって駆け出して行く気持ちになる歌。
  • イラストは さいね氏 が手掛ける。

歌詞

piaproより転載)

履き慣れたスニーカーと 薄く積もる雪道が
流れゆく時間だけを 鮮やかに映す

だけどいつだって

キミの名前を呼べば 何気ない言葉が
返ってくるその瞬間に始まる
ありふれてはいても かけがえのない日々
キミの声に揺れるボクの胸の奥

「ほら…」

あの日眺めてた 景色はもうないけど
また春が来るたびに 思い出すのだろう

そうさ何度でも

キミの名前を呼べば 何気ない言葉が
返ってくるその瞬間に始まる
ありふれてはいても かけがえのない日々
キミの声に揺れるボクの胸の奥

「ほら…」

空に白く消えてゆく声と
受話器越しに消えてゆく声が
溶けて混じりゆく

キミが名前を呼べば いつでもこたえよう
飾らない言葉に想いを託して
手を伸ばせばそこに 変わらずいてくれと
ボクの声に揺れろキミよ

キミの名前を呼べば 何気ない言葉が
返ってくるその瞬間に始まる
ありふれてはいても かけがえのない日々
キミの声に揺れるボクの胸の奥

「ほら…」

コメント

名前:
コメント: