迷走

めいそう【登録タグ: 迷走P 鏡音リン 鏡音レン

作詞:迷走P
作曲:迷走P
編曲:迷走P
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • 迷走Pの名前の由来となった曲。

歌詞

混沌とした街並みの中何かを求め走りぬけ
風に誘われたどり着くのは幼い頃の記憶たち
あぁ夢よさめないで私を楽にして
あぁ僕をつれてってよ悲しみのない世界へ

暗闇の彼方に輝く光を
掴めたらどれほど幸せになるの?
希望もって進むのも
未来信じ祈るのも
今では辛いよどうすれば
あの頃に戻れるだろう

愛しき人のぬくもり私は今でも忘れはしないの

何が僕らの幸せなのか捜し歩くのも疲れた
行くあてのない心の旅路続ける意味を見出せない
もうどこへ向おうとも変わりはないのだと
あきらめかけた時に舞い降りた星のかけら

晴れ渡る青空見上げて誓うの
幸福の元へといざなわれながら
心凍る寒さにも足がすくむ恐怖にも
今なら耐えるさ大丈夫すぐそこに光はあるよ

心の隙間埋められると信じてた僕ら

暗闇の彼方に輝く光を
掴めたらどれほど幸せになるの?
希望もって進むのも
未来信じ祈るのも
今では辛いよどうすれば
あの頃に戻れるだろう

コメント

名前:
コメント: