永遠の炎

えいえんのほのお【登録タグ: エスノP 初音ミク

作詞:エスノP
作曲:エスノP
編曲:エスノP
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

二人きり見つめ合う夜会
月明かり照らし出す世界
絡む指先が紡ぎだす誓い

忍び寄る終幕の気配
胸のポケットの中に仕舞い
重ねあう唇ささやく誓い

流れ落ちた星の雫

そっとほほに伝う
冷たい雨が私を貫いても
今も胸に灯る淡い炎は
ずっと君を照らしてくよ


舞い落ちる一片の期待
滔々と萎みゆく視界
絡むぬくもりが焼き付ける誓い

零れ落ちた星の雫

そっとほほに伝う
優しい雨が私をすり抜けても
今も胸を焦がす淡い炎は
ずっと君を照らしてくよ


暖かな思い出をもらい
遠ざかる見慣れてた姿態
過ぎてゆく此岸との境
閉じてゆくありふれた未来
残されるのは交し合った誓い

流れ落ちた星の雫 君の下へ

コメント

  • 素敵で、音色がきれいで聞きほれます 知られていない曲だと思いますが もっと評価されてもおかしくない・・・、聞いてほしい曲です -- 麻里亜 (2011-03-16 07:15:32)
名前:
コメント: