愛とそれを呼ぶのなら

あいとそれをよぶのなら【登録タグ: YG21 初音ミク

作詞:YG21
作曲:YG21
編曲:YG21
唄:初音ミク

曲紹介

  • ピアノと掻き鳴らされたギターの音に哀しく切ない気持ちを乗せて歌い上げたロックバラード
  • 愛を信じ、愛に縛られ、また愛に憧れる気持ちを歌い上げた歌。
  • 愛への思いを込めて歌い上げるミクの歌声に聞き入る。

歌詞

piaproより転載)

絡めた指は解けてて 強く握り返すのに 水の様にすり抜けて 必死にかき集める日々

もっともっと愛が欲しくて もっともっと優しさ欲しくて もっともっと貴方が欲しくて もっともっと私を見てよ ねぇ?

愛と月の微笑みが 孤独の夜を照らしてく 一人かげり朧気な 空虚な声また響くよ


照らされた微かな光が ここにいると信じさせて 蝉の鳴く暑い日々も 雪の積もる寒い夜も

ずっとずっと待ってたんだよ ずっとずっと愛してたんだよ ずっとずっと想ってたんだよ ずっとずっとここにずっと

愛とそれを呼ぶのなら 貴方を愛を疑うよ 白い月に照らされて 想いがまた消え去っても

夢の続きはまた 終わりを示して 一人眠るのが怖いよ 愛してよもっともっと


愛が胸に刻まれた日 風が花を散らせてく 一人かげり朧気な 空虚な声また

愛とそれを呼ぶのなら 貴方を愛を疑うよ 白い月に照らされて 涙枯れても

消えて無くなってしまっても ここにいると夢見させて 愛と月の微笑みは まだここにあるから


コメント

  • とてもいい曲だからもっと伸びてもいいのに -- 名無しさん (2016-09-22 02:43:27)
名前:
コメント: