同じ星空

おなじほしぞら【登録タグ: えへへP 初音ミク

作詞:卓球少年えへへP
作曲:卓球少年えへへP
編曲:hami(えへへP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 作詞/作曲の卓球少年と編曲/ボーカロイド調声のhamiらの「えへへぷろじぇく」とによる作。
  • 卓球少年の生放送と連動した企画、“作詞作曲から動画の投稿までを一日でやり終えられるか”で生み出された。
  • 歌詞の一部は同氏の生放送内でリスナーがコメントした単語からヒントを得ている。

歌詞

安物の指輪が奏でた 出鱈目な旋律
条件反射みたいに 涙の海に滴り落ちたのさ

窓から見える プラットホーム
想いを切って 影を残すんだ

合わせ鏡の中に君を探してみても
虹を掴むみたいで もう遅くて
今頃同じ空を見てる筈なのに
同じ星を見ることはもうできない

いつだって背中合わせの僕らだから
本当の事だって 心の中に隠していたのさ

カーテンからもれるシグナル
こみ上げていく鼓動を刻むんだ

天邪鬼な僕と君が手を繋いでも
孤独を舐めあうことすらできなくて
今頃同じ空を見てる筈なのに
同じ時を過ごす事はもうできな

合わせ鏡の中に君を探してみても
虹を掴むみたいで もう遅くて
今頃同じ空を見てる筈なのに
同じ星を見ることはもうできない

コメント

名前:
コメント: