黒歌鳥

ふぇけてりこ【登録タグ: まももP 初音ミク

作詞:まももP
作曲:まももP
編曲:まももP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 綺麗で飛翔感溢れるピアノ曲
  • 綺麗な旋律と飛翔感溢れるビブラートが印象的なピアノ曲。
  • 曲名は「黒歌鳥」書いて「フェケテリコ」

歌詞

piaproより転載)

春が巡り 滅んだ世界で翼がひとつ
飛び立つことは出来ないまま 震えている

雨上がりの朝に口ずさんだ 僕らの唄
いつだって臆病だった僕らだけど

歌うから 歌うから 凍えて消えた言葉も
唄にすれば伝わるから 奏で合った

夏になって飛び立つ準備を始めた僕ら
この鼓動はその右手まで届くのかな

歌うんだ 歌うんだ 動かなくなった指でも
気づけば また鼓動を刻んでいた

秋が過ぎて 僕らは何度か飛ぶことが出来た
嘘を重ねて 今すぐにでも壊れそうだけど

歌ったよ 歌ったよ 遠い遠い 空の彼方まで
同じ名前で繋がってる僕らだから

欠陥だらけの僕ら 似たもの同士の僕ら
いつまでも どこまでも 飛べると思ってた
だけど運命はいつだって理不尽で残酷で また僕らを引き離す

傷つけてたのは僕だった 僕が血を送り続けるから 君は血を流し続けてた
それでも僕らは奏で合った
折れたままの翼で 地上を這いずり回り
いつかまた飛び立てる日を夢見て

歌ってた 歌ってた 
どこまでも続きそうなくらい 真っ直ぐな祈りの歌
すがるように歌う僕らを
つないだ名は黒歌鳥(フェケテリコ)
終わらせたくない願いを乗せて 大空高く羽ばたいていく 遠い国の鳥

コメント

  • さよならピアノソナタじゃねぇかwww
    -- 名無しさん (2013-09-16 15:35:28)
名前:
コメント: