※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

可能な限りAIの目指すところ

ホムンクルスをコントロールするソフトウェアをAIと呼ぶが、MOBを見つけ追って攻撃、スキル攻撃も混ぜてはいるが発生確率だけの制御が多い。
人がもしホムを全て手動で操作するとしたら、どうするだろう?
周辺にMOBがどのくらい居るのか考えながら攻撃相手を決め、スキル攻撃もMOBの数などを考えながらSPを温存しバランスを考えながら使い分けるだろう。
もちろん他のプレイヤーに迷惑にならないように狩りをする事も考える。
こう言った状況を判断しながら知的な処理系を持つものが、やはり人工知能(artificial intelligence)と言えるのではないかと思う。
とは言え、ほんの数十キロバイト程度のリソースと少量の処理タイムしか与えられない条件下では、巨大な知識データベースを持つ事は難しい。
だがゲーム内の動きと言えばかなりパターン化されている。
つまり狩りにしても出来上がった形があるので、完全な学習型AIでなくともその周辺状況に合わせた動きをシュミレートすれば、いかにも知能があるの如く振舞う事ができる。
その狩りパターンをいくつかをプログラムして複合すれば、あたかも人間が手動操作しているが如く見える筈だ。
また色々な機能(狩りパターン)を盛り込むと、狩場にあわせた様々な設定が必要になる。
しかし、狩場を変える毎にパラメータ設定が必要になると、ケミの自由度が低くなってしまうのも嫌だ。
その時々で気が向いた狩場に気軽に行って適当に狩って遊びたい。
もちろん仲間と一緒に、そのパーティ狩りならホムもパーティの一員として最大限の活躍をさせたい。
だが、そのためのパラメータ設定とはかなり複雑化してしまうだろう。
しかし、そういったパラメータは状況判断だけで如何様にでもなるのではないかと考えた。
それならばと「可能な限りAI」を始める時点で設定項目は可能な限り無しとした。
基本的に「可能な限りAI」は寝落ち対策を持っているが、本来、放置狩りの目的よりも仲間と一緒のパーティ狩りに主体を置いている。
特定の狩場で放置するなら、細かい設定が可能なAIの方が効率が出る可能性も高いだろう。
しかし「可能な限りAI」は、あくまでもパーティ狩りにこだわって行きたい。
それと私自身TVを見ながらの「ながら狩り」も多いので、その程度の半AFKで便利な様にも作っている。

可能な限りAIの特徴
  • どんな狩場でも無設定で利用可能。
 (ホム初心者でも簡単に使える!AIを入れるだけ)
  • マップデータを持つ必要が無く障害物を迂回。
 (ROのアップデート毎に地図のメンテは大変です)
  • MOBを自動解析し攻撃パターンを自己学習。
 (いちいち狩場毎の設定は面倒です!)
  • 一般狩からGvG/PvPへの自動モード移行。
 (AI一つでどっちもできます)
  • 高度な横殴り監視と対策。
 (ちゃんと他のプレイヤーの位置関係を見てます。トレインしている人もわかります)
  • パーティ狩の対応。
 (一打共闘/SG氷割り/タゲ取り機能など、これでホムもPTの仲間入り!)
  • ケミのお手伝い。
 (草やキノコって刈るの時間かかりますよね。でもホムが手伝ってくれます。)
  • 固定砲台。

ラグナロクオンライン 及び その他の名称等は以下に帰属します。
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.