オリジナルキャラクター(男)

各キャラクターの初期能力、成長タイプについてはここを参考にされたい。
紳士的評価 はあくまでスレで使われている主な設定です。捉われ過ぎず、自由に妄想を楽しみましょう。
 新たな流行を作りだすのは、あなたかもしれません。
キャラ紹介トップに戻る原作1原作2原作3原作4オリ娘

マーク・ギルダー(CV:諏訪部順一)

戦力的評価
オリジナル軍初期配置キャラのひとり。
他二人がトルネードガンダムに乗っている中で一人だけフェニックス・ゼロに乗っているのは伊達ではない。
初期能力こそパッとしないが、普通Sという非常に高い成長率を誇り、凄まじい勢いでグングン伸びる。
フェニックス・ゼロを開発してフェニックスガンダムにするだけでもかなりの戦力になる。
また、弱気部分が短い性格とMPの多さも覚醒武器使いに向いている。自軍のエースとして活躍してくれる事だろう。
魅力が高いので、指揮が育てば艦長としてもやっていける。
シリーズ皆勤キャラの一人。
紳士的評価
恐らく声優変更によりイメージが最も変わった男。
PS時代及びPでは井上真樹夫氏の渋さがウリのキャラだったのだが、諏訪部氏に変わったことによりよりそのキザさが強調されることに。
(なおNEO、SEEDでは堀内賢雄氏が担当)
オリキャラの中では割と年長なイメージが強いため、年若いパイロット達に振り回される苦労人なイメージを持つ人も多い。
同じく年長組のニキとよく絡む。ゼノンに愚痴をこぼしていることも。
総括すると「クールな2枚目でいたいが性根の優しさでなり切れない苦労人」と言ったところか。
そのあまりにも完璧超人な能力と性格のせいか、ゲーム中での出番と反比例するように最近のスレでの出番は少ない。

ラナロウ・シェイド(CV:中井和哉)

戦力的評価
オリジナル軍初期配置キャラのひとり。
初期配置のMSパイロットの中では最も初期戦闘能力が高いので、序盤の主力として使って行けるキャラである。
成長率も良く、覚醒条件も比較的楽に達成出来るため、非常に使いやすい。
惜しむらくは、初期MSパイロットの他2人が優秀すぎるため、影が薄くなりがちというところだろうか。
シリーズ皆勤キャラの一人。
紳士的評価
空気その1。いい感じに空気すぎないため余計空気。どこを取っても「中途半端にカッコいい」のが致命的か。一応、気のいい兄ちゃんポジである。
「気がついたらリストラしてた」との報告多数。使い続けた人も「あまり気にしてなかった」な人が多い。
某紳士のSSで、同じく空気キャラのエイブラムと友情が生まれた。

ジュナス・リアム(CV:カシワクラツトム)

戦力的評価
オリジナル軍初期配置キャラのひとり。
初期は戦艦の通信士を務めているが、MSパイロットとしての適性も高い。通信専門のキャラが加入したら転向させるのもいいだろう。
特筆すべきはその格闘能力で、Lv1から17とオリキャラとしてはかなり高い数値を誇る。地味に最初から覚醒しているのも嬉しい所。
成長タイプが早熟なため、Lvが低いうちの上がり幅が大きい。機体タイプで能力をいじるならお早めに行おう。
ギャンやスカルハート、ビギナ・ロナなどの格闘武器が充実した機体に乗せて長所を活かしたい。
意外な事にシリーズ皆勤キャラではない(初代Gジェネには登場せず)。
紳士的評価
少年組その1。熱血バカ担当。しかし、戦闘セリフがところどころアレ。
同じく格闘値が高いミリアムやエルフリーデと共に「剣道部」と呼ばれている。(萌えSSのネタにされることが多い。)
その他にも能力や容姿、年齢によるの繋がりが多く、他キャラと絡めやすい。
深夜帯にほとばしる思春期の欲望をあらぬ方向にぶつけていることがよくある。
ミリアムとともにガズエル・ガズアルにコンビで乗せるとよく似合う。
余談だが、放置デモにおいてネティクスに搭乗しているが、なぜか敵側支援のギャプランTR-5にも同時に乗っている。

シェルド・フォーリー(CV:関俊彦)

戦力的評価
Lvが上がりづらいシステムで割を食ったキャラ。
成長タイプが晩成なため、1軍で使うには我慢が必要。根気よく使い続ければ、後半に必ず応えてくれる。
覚醒値が比較的高いのも特徴だが、性格タイプが弱気なため覚醒兵器はあまり気軽に使えない。
どちらかといえば趣味のキャラクターに分類されてしまうか。
NEO、SEEDには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤、Pで復活したキャラの一人であった。
紳士的評価
少年組その2。苦悩する若者担当。その主人公的でアツい戦闘台詞のお陰で、能力の割に人気は高い。
そのショタッ気を感じさせる容姿からか、お姉さんキャラ(特にエターナ)と絡むことが非常に多く、深夜帯のお相手もほとんどが年上の設定である。
主人公的キャラということで、各作品の主役機(特にガンダムタイプ)に乗せている人が多い。

ルーク・ルザート(CV:藤本隆行)

戦力的評価
いわゆる「少年組」の中では一番能力のバランスが良く、成長タイプも良質なため使いやすい。覚醒値が25と初期から高いのも魅力
MP310という短さは覚醒兵器を使う分には少々物足りないが、逆に言えばテンションを上げやすいとも言える。マスターで暴れさせるのもいいだろう。
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
紳士的評価
少年組その3。空気担当。Fの頃はルロイ・ギリアムという名だったが、小説版1stで色々やらかしちゃった人物と同姓同名であることが問題だったのか名称変更。
他少年組の人気に比べるとその空気っぷりは凄まじい。ただ、主人公的キャラとして一定の評価は得ている。地味繋がりということで、マリアと絡んだりも。
影薄いけどセリフはアツい。主人公なキャラが欲しい人は是非一度使ってみていただきたい。

ゼフィール・グラード(cv:堀秀幸)

戦力的評価
加入直後から即戦力として使って行けるキャラ。射撃・格闘共に高水準でまとまっているため、どんな機体に乗せても活躍が期待できる。
ただし、反応値が低いので突撃には向かない。いっそ開き直ってMAに乗せるのもいいかもしれない。
覚醒条件は反応の40がキツいので考えて育てよう。成長率もそこそこ。
紳士的評価
空気その2。ただし、使った時のインパクトは非常に大きい。
このcvと性格はおそらく狙っているのだろう。どう見てもゲルマン忍者です本当に(ry
また、「前髪がすごいことになってる人」と呼ばれることもある。

ビリー・ブレイズ(cv:草尾毅)

戦力的評価
初期能力はパッとしないが成長で伸びるキャラ。
ただ、反応は初期から高いので敵の攻撃は回避しやすい。覚醒条件も反応なので早期覚醒を狙うなら
アビジョや戦闘機、F90A等の反応が上がりやすい機体に乗せるのがいいだろう。
シリーズ皆勤キャラの一人。
紳士的評価
能力値設定に疑問を抱かざるを得ないキャラのひとり。
然程顔は悪くないのになぜ魅力が3しかないのか?スレでは
・常にズボンのチャック全開
・むしろ常に下ははいてない
・部屋を覗いたらノリノリでビリーズ・ブートキャンプに励んでいた
等の憶測が飛び交っている。その設定のせいかSS内でも多少同情を受けやすい。

トニー・ジーン(cv:岸尾だいすけ)

戦力的評価
成長率はそこそこにいいが初期能力がカスッカスに低いので序盤は我慢が必要。覚醒条件は温めなので早期覚醒が期待できる。
またあまり気付かれないが、通信士の適性も持っているので通信を上げてブリッジクルーにするのもいいだろう。
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
紳士的評価
キャラ的には割とおいしい性格をしている筈なのに何故か空気な不遇の男。
声優変更に伴い多少マークと被るようになったのが痛かったか。
どちらかというとキャラが近いサエン・コジマ(GジェネFのオリジナルキャラクター。今回未登場)の方が話題になることが多いのも涙を誘う。

エイブラム・ラムザット(cv:松本大)

戦力的評価
初期状態での戦闘能力はオリジナルキャラクターNo,1である。序盤で入隊させれば即戦力として大活躍してくれる。MPが短いので超強気になりやすいのも良。
ただし、成長率はあまり良くないので後半まで使うには愛が必要か。
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
その空気ぶりもPS時代からの伝統。
紳士的評価
ヤバイ。エイブラムヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。 エイブラムヤバイ。
まず空気。もう空気なんてもんじゃない。超空気。空気とかっても 「ラスト付近のマリナ様くらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ地味。スゲェ!なんか存在感とか無いの。トニーとかラナロウとかを超越してる。地味だし超空気。
しかもガンタンクⅡ磨いてるらしい。ヤバイよ、ガンタンクⅡだよ。
だって普通はガンタンクⅡとか乗らないじゃん。だって周り皆ドンドン強くなるのに一人だけ繭狩り出来ないとか困るじゃん。宇宙-とか困るっしょ。
難易度上昇コマンド使って、普通のときはミサイルランチャーで一撃だったのに、三倍のときはライフル4発入れなきゃダメとか泣くっしょ。
だからガンタンクは宇宙C。話のわかるヤツだ。
けどエイブラムはヤバイ。そんなの気にしない。ガンタンクⅡ磨きまくり。
最も近くから到達する存在感とか観測してもよくわかんないくらい薄い。ヤバすぎ。
空気っていたけど、もしかしたら酸素かもしんない。でも酸素って事にすると
「じゃあ、他に空気を組成してる物質って誰よ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あとガンタンクⅡは武装だけ見ると結構強い。ミサイルランチャー×4。数字で言うと1500×4。ヤバイ。微妙すぎ。使われる間もなく即解体される。怖い。
それに超局地仕様。地上Aのみ。それに超レトロ。キャタピラとか平気で出てくる。キャタピラて。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつってもエイブラムは顔が凄い。偽羅漢とか平気だし。
スパロボなんてラカンとかたかだかドーベンウルフで出てきただけで上手く扱えないから
第3軍にぶつけたり、精神使ってみたり、チート武器使ったりするのに、
Gジェネは全然平気。それどころかオリキャラで出してる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、エイブラムのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイエイブラムのキャラ付けしたエイブラム紳士とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

ブラッド(cv:中村秀利)

戦力的評価
即戦力として使えるキャラの一人。反応は10とやや頼りないが、それより下のキャラも多いことを考えれば問題ないだろう。MPの短さも魅力だ。
ただし覚醒条件に反応値が入っているため、早期覚醒を狙う人は慎重に育てていこう。
やはり立ち位置故か成長率は多少低い。使い続けるには愛が必要。
NEO、SEEDには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤、Pで復活したキャラの一人であった。
紳士的評価
「悪い三連星」の一人。通称“血”。ドク・ニードルとつるんでおり、揃ってフローレンスの舎弟というイメージが定着している。
他2人よりは多少品性を感じさせるその容姿(もっとも戦闘セリフから品性はうかがえないが)から、口が悪いツンデレというキャラが定着。
料理担当として活躍するSSも(和食担当)。

ドク・ダーム(cv:若本規夫)

戦力的評価
掴み辛いキャラである。変異Aの成長タイプが曲者。一気に能力が上がったと思ったら次は1つだけしか上がらなかったりする。
初期能力では射撃に長けているが、格闘も割とこなせる。ただし反応はカスッカスに低い。
MPと性格が相まってテンションを上げやすいので、上手く使おう。
NEO、SEEDには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤、Pで復活したキャラの一人であった。
紳士的評価
「悪い三連星」の一人。通称“毒”。ブラッド・ニードルとつるんでおり、揃ってフローレンスの舎弟というイメージが定着している。
特徴的なのはやはりその声だろう。若本氏が存分に暴れてくれたお陰でそのインパクトは非常に強烈である。
アホの子のイメージから、言葉使いが乱暴なだけで実はいい人説が浮上。
料理担当として活躍するSSも(洋食担当)。

ニードル(cv:志賀克也)

戦力的評価
初期能力値が低く成長率もそこそこ高いレベル止まりだが、
覚醒時に一気に30得たりするので思ったよりは伸びる子。魅力2が辛い。「悪い三連星」の中で一人だけMPがちょっと高い。
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
紳士的評価
通称“針”。ブラッド・ドクとつるんでおり、揃ってフローレンスの舎弟というイメージが定着している。
某SS書きの影響で「フェー!」と悲鳴を上げると思い込まれているが、実際は「ヒャー!」であったりする。
やはり悪役を作り切れないスレ住民の愛からか、割と気のいい人ポジに収まる。
料理担当として活躍するSSも(中華担当)。

ギルバート・タイラー(cv:市川治)

戦力的評価
早熟型で初期値も高く、覚醒条件もレベルに左右されないため早期覚醒も狙っていける。
ただし最終的な能力値はだいぶ低い。
紳士的評価
NEOやSEED時代は能力的にパッとしなかった上に、
仕様上加入するタイミングが遅すぎたり、加入してもなかなか出番が回ってこなかったことを考えると、
魂で評価が上がった一人と言える。

イワン・イワノフ(cv:森川智之)

戦力的評価
覚醒値は最初からやたら高いが、あとは「1」が居並ぶヒェッポコポンなオジサン。
成長率自体は高いが、変異型なのでコントロールは困難。
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
紳士的評価
戦闘中にも関わらず駄洒落を飛ばしまくる、「自称」木星帰りの男。
親類スレであるオリキャラ萌えスレでは『閣下』の愛称で親しまれているが、
住人自身が駄洒落を飛ばす(そして審議にかけられる)魂スレでの出番は少なそうだ。
ブランドと同じく、中の人の交代が惜しまれる一人。

エルンスト・イェーガー(cv:壇臣幸)

戦力的評価
シリーズ皆勤キャラの一人。
Pに出るまでは完全に戦闘向きのキャラであったが、何故かP以降は操舵が伸びるようになった。
シリーズ恒例の「初期値は抜群に高いが極端に成長率が低い」という傾向が和らいでいる。
(初期値はやや高めで成長率は普通)
紳士的評価
能力的にも特徴がなくなり空気度急上昇。

ゼノン・ティーゲル(cv:秋元羊介)

戦力的評価
シリーズ皆勤キャラの一人。
魅力14で初期能力値も成長率も高めで覚醒もする“できるオヤジ”。
艦長のイメージが強いが、MSに乗せた時のヤンチャなセリフ群も一聴の価値あり。
紳士的評価
オリキャラのおじさん成分の筆頭。
艦内ではフンドシ姿であるなど憶測が飛び交う素敵なおじ様。
バーを営んだり浴場の番頭をしたりもして多彩な能力を発揮しているようである。
声優ネタで素手でMSを倒せるとも言われたりするが、東方不敗と衝撃のアルベルトを混同しがちである。

ウッヒ・ミュラー(cv:矢部雅史)

戦力的評価
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
やや低い初期能力値もやや高い成長率もオリキャラとしては平均値。特徴がないのが特徴だッ!
紳士的評価
ほとんど唯一の使用可能な操舵キャラ。
そのため操舵士として育成する人も少なくないが、肝心の操舵値が非常に伸びにくい釣り師。
余談ながら、何気にGセンチュリーから出演していたりする。

ブランド・フリーズ(cv:藤田圭宣)

戦力的評価
NEO、SEED、Pには登場しなかったが、PS時代はシリーズ皆勤キャラの一人であった。
初期能力値は良くも悪くも並で成長率もやや高いレベル止まり。能力的には意外と普通である。
紳士的評価
イワンと同じく、中の人の交代が惜しまれる一人。
「ブランドは男ですか? 女ですか?」と書き込まれがち。
人生経験が豊富だというイメージが定着している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。