※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WM6化

(Bootloaderで焼く場合)
PCのタスクマネージャーを起動し、プロセスタブにて
"Wcesscomm.exe"を終了
hx4700をブートローダモード(連絡先(左上)とiTask(右下)を押しながらリセット)で起動してUSBに繋いでおく。
zip等で固められたROMによっては、解凍するとBootloaderフォルダが出来るものがある。
(CEOS_WM6.1_R5_kozhura_Edition_.rarで確認)
これをCドライブ直下にコピーして、中のBootLoader.exeを起動するとROMの指定画面になるので指定してやると、後は自動的に焼いてくれる。
焼き終わったら、クリーンリセット(「連絡先(左上)」と「メール(右上)」を押しながらリセット)する。
メモリーを消去していいか聞いてくるので、「予定表(左下)」を押す。
「cleaning data」と出て何も起きないが、数分まってリセット。
多分立ち上がらないので、立ち上がるまで何回もリセットする。

(mttyで焼く場合)
ROMを入手。解凍すると色んなファイルと共に「ROM名.nb0」(ROM名は様々)や
mtty11a.exeというファイルがあることを確認(ROMしかない場合もある)。

PCのタスクマネージャーを起動し、プロセスタブにて
"Wcesscomm.exe"を終了

hx4700をブートローダモード(連絡先(左上)とiTask(右下)を押しながらリセット)で起動する。
USBに接続後、PC側でmtty11a.exeを起動。
mtty11a.exeが起動したら最初の画面の"Port"のところで
「.WCEUSBSH001」を選択し、Enterを押すと
「USB>>」と出るため、「lnb ROM名.nb0」と入力
Enterで焼きが始まる。

-* -* -* -* -* -* -* -* -* -* ・・・・と表示されていくので
ひたすら待つ。

「>>USB」
が出たら焼きは完了。
クリーンリセット(「連絡先(左上)」と「メール(右上)」を押しながらリセット)する。
メモリーを消去していいか聞いてくるので、「予定表(左下)」を押す。
「cleaning data」と出て何も起きないが、数分まってリセット。
多分立ち上がらないので、立ち上がるまで何回もリセットする。