戦闘教義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘教義

そもそも戦闘教義(バトル・ドクトリン)とはなにか

戦闘教義とは、軍団がどのように編制され、どのように作戦・戦闘を遂行するべきなのか(運用思想)をまとめた具体的な思想である。

戦闘教義を定めることの意義

戦闘教義とは「得意技」である。これを定めることで取るべき戦術が見えてくる。

世界別


特殊状況


主な歴史上の戦闘教義

  • ファランクス(マケドニア)
  • レギオン(ローマ)
  • カタフラクト(ビザンチン帝国)
  • テルシオ(スペイン)
  • 三兵戦術(スウェーデン)
  • 電撃戦(ドイツ)
  • アクティブ・ディフェンス(アメリカ)
  • エア・ランド・バトル(アメリカ)