戦闘教義 > 上陸戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上陸戦


定義

 海上から敵の支配下にある陸地へ海などの水域を越えて侵攻を試みる作戦の敢行に伴って発生した戦闘。

概要

 基本的に上陸戦は、野戦のように偶発的な遭遇により発生することがある戦闘形式とは違い、交戦者のいずれかの陣営が意図的に実行しない限り、発生しない。

 発生の経緯は、敵の支配下にある海洋、河川などの水域に囲まれた島、大陸などの陸地へ何らかの理由により侵攻する必要が生じて、海岸線、川岸などの支配権を奪取することを目的に、味方の陸上戦力を上陸させることから始まる。

 その規模や方法は目的に応じて様々であるが、主に次のようなものが挙げられる。

敵前強行上陸

 海岸を守備する敵の正面に味方の陸上部隊を送り込み、敵の沿岸防衛網を殲滅して強引に自軍の支配下に納め、その地における支配権を確立しようとするもの。

 通常は、大規模な陸上戦力を投入し、支配下においた海岸を足がかりにしてさらに内陸へ攻め込む計画や、小さな島であればその島の奪取、及びそれに引き続く次の侵攻計画が準備されている場合がほとんどであり、戦争の行方を左右するような大規模なものが実行されることもある。

 よって、次の計画に向けて迅速に橋頭堡などの兵站機能を持つ拠点の確保が必要となることから、敵が強力な防御網を敷いていることがわかっていても、危険な上陸地点を決定しなければならない場合がある。
 そしてその性格上、攻める側は敵の支配下へ最も不利な条件で乗り込む形になり、さらに守備側が、上陸可能な地域に強固な戦闘陣地を築城している場合は、上陸の時点において激烈な戦闘が発生し、多数の死傷者が生じることが明らかであるため、十分な数の地上部隊が確保され、十分な支援(艦砲射撃、爆撃等)が行える体制でない場合は、沿岸の拠点の確保はおろか、海に追い落とされる可能性すら出てくる。

 著名な上陸戦のほとんどはこの敵前強行上陸であり、特に戦史に残るような上陸地点における激烈な戦闘が発生するのは、これに対して守備側が一歩も引かない防御を行った場合である。

隠密上陸

 これは、事前の調査によって敵がいないと判明した場所に、陸上部隊を送り込むものである。
 偵察や破壊活動などを目的として、小規模な特殊部隊によって遂行されるコマンド作戦など、少数の兵士が闇夜にまぎれて海岸線まで小さなゴムボートで進入を試みる場合などで採用されることが多い。
 この場合は、特に艦砲射撃などの支援が行われることはなく、上陸地点付近まで潜水艦など隠密性の高い艦船で輸送され、目的を果たした後は速やかに引き上げてしまうのが常である。
 しかし、敵の巧妙な兵力の隠蔽により敵の守備戦力を見誤ったり、調査後に敵の兵力が作戦予定地点に移動して来たりなどの理由により、強力な敵の抵抗に遭遇してしまうこともある。作戦決行直前まで、敵の配置に関する情報を正確に収集する必要がある。