作品別用語集 - Rom@ncing iDOL


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「Rom@ncing iDOL」の2ページ目はこちら
  用語地方名・地名タグその他

■ Rom@ncing iDOL - 『ロマンシング サ・ガ2』


 SFC「ロマンシング サ・ガ2」をベースにした架空戦記。
 ドットキャラの書き換えと紙芝居ドラマによるオリジナルストーリーを展開すると同時に、やり込み系攻略情報の解説も兼ねている。
 にけPがサイコロで無作為に選んだアイドル達が織りなす、複数章仕立ての物語。

序章

 帝国歴1000年。すべての始まり。
 モンスターにより世界の平安はとうの昔に破られ、人間の世も麻のごとく乱れていた。
 そんな中、小国に成り下がっていたバレンヌ帝国の皇帝レオンは、世界を平和な世に統一する志を立てる。
 伝承法により彼から意外な人物へ帝位が継承され、長き物語の幕が開ける。

第一章

 帝国歴1000年~1001年。バレンヌ帝国再興期。
 戦災孤児から王宮メイド、そして伝承法で皇位を継いだ最初の人物となった、軽装歩兵の属性を持つ如月千早。
 カンバーランドからの留学生で、風属性のバレンヌ宮廷魔術師となった秋月律子、小さな弟たちを養いつつアバロンの街角で暮らす、帝国猟兵の高槻やよい達と共に、レオンの夢を実現する第一歩を踏み出す。
 在位期間は一年ながらも、帝国領を旧全盛期(南北バレンヌ地方)以上に拡大し、カンバーランド平定などで功績を残した。

第二章

 帝国歴1251年~1252年。バレンヌ帝国発展期。
 千早の時代から平和な250年の時が過ぎた頃、アバロンにレオン、千早の魂を継ぐ者が現れた。
 その名は、千早に憧れ彼女のような皇帝になりたいと願っていた、時の皇帝の娘でシティシーフ適正を持つ双海亜美。
 サイコロの運命に導かれこの異世界でも双子の姉として登場した、火属性の宮廷魔術師である双海真美と、カンバーランドから招かれた、かなりマイペースな家庭教師兼ホーリーオーダーの三浦あずさ達が織りなす、ツッコミ役急募な物語。
 ルドン地方、北ロンギット地方、ステップ、サバンナを支配下に置き、千早帝時代の版図を一気に拡大した。

■人物

序章の登場人物

  • 最終皇帝
      ロマサガ2でゲーム開始時に名前を決定する人物で、物語の全ての決着をつける人物。
      序章の時点では正体不明。バーのカウンターで最終皇帝がいるはずの場所は、バンダイナムコゲームスのロゴで隠されている。
  • 吟遊詩人
      ロマンシングサガ2の物語を語る語り部。
      ジェラールをはっきり「ニート」と言いきる辺り、かなりの毒舌なのかも。
  • レオン
      帝国歴1000年当時のバレンヌ帝国皇帝。
      内政軍事両面に優れた皇帝で、何よりも乱世を治めようとする高い志を持っている人物。
      とは言え、普段は女好きで軽いところが目立ち、それでいてリオーネの尻に敷かれている。
      自分の命を掛けて「ソウルスティール」の見切りを会得し、伝承法で千早へと継承し息を引き取った。
  • リオーネ
      レオン帝の皇妃。原作では名前どころか存在すらなかったオリジナルキャラ。グラフィックは没皇帝(女)。正式名決定前は、視聴者からオカーンと呼ばれていた。
      気丈な性格でしっかり者。身寄りのない千早を実の娘のように大事にしており、千早も義母として慕っている…千早の無い胸を茶化す軽いところもあるが。
      千早帝の退位後は、アバロンで千早と共に静かに暮らしたという。
  • ジェラール
      バレンヌ帝国第二皇子。
      原作では、大人しい性格だったものの、伝承法で帝位継承した後に立派な皇帝として成長していく人物だったが、本作では、パジャマで出歩くニートのダメ人間でありながら腹の中は真っ黒な人物に改変され、アイドル登場で一番割を食ったキャラ。
      クジンシーと共謀してレオンとヴィクトールを謀殺し帝位簒奪を企てたが露見し、反逆者として逮捕される。クジンシー討伐後に、千早の裁きで国外追放刑に処されるが…
  • ヴィクトール
      バレンヌ帝国第一皇子。ジェラールの兄。純情な性格の武人。得意技は「流し斬り」。
      ゆくゆくは千早を妃に…と思っていたが、襲撃してきたクジンシーのソウルスティールの前に散る。
      ベースキャラクター特性のため、千早は本来彼の得意技を閃くことはできないが、思い出効果でクジンシーに対し発動させた。
  • ピヨイーブ
      レオンに伝承法を伝授した謎の魔術師。
      かなり長命な種族の一員のようで、レオン、千早時代以降にも、たびたびアバロンの地に現れる。
      妄想癖を持っているなど、異次元でのとある事務員にそっくりである。
  • ベア、ジェイムズ、テレーズ
      レオンに仕えるバレンヌ帝国精鋭。
      メイドから皇帝になった千早を認めることが出来ず、主従を拒否する。ジェラール同様、アイドルの登場で割を食った不幸な人達。
      中でもベアはパリイを覚えなかったため、視聴者に要らない子呼ばわりされたり切断面の見本にされたりと散々である。

第一章の登場人物

  • ジョン
      律子と共に千早のパーティーに加わった帝国軽装歩兵(男)、というか犬。
      底抜けに軽い性格の脳筋キャラで、意見を言っても大抵スルーされるのがお約束。別名、ロマンシングバカ。
      しかし実力は本物で、インペリアルクロスの前衛を任されたり、数々の剣技を閃いたりと、戦闘の面での貢献は非常に大きい人物。
      千早帝退位後の律子と、良い関係になれた…のかは不明。
  • へクター
      千早隊の一員のフリーファイター(男)。
      ゴブリン襲撃時には、原作と違って千早に対してお手並み拝見といった態度を取る。
      寡黙なシブい性格かと思いきや、酔っ払ったやよいに「モヒカン」呼ばわりされてしまってからはすっかりパーティーの空気に馴染んでしまった模様。毎度やよいに酒を飲ませ、酔っぱらわせる。
      カンバーランド遠征前にアンドロマケーと婚約、帰還後に結婚した…が、おそらく尻に敷かれていることだろう。
  • アンドロマケー
      千早側近のフリーファイター(女)。
      千早からの信頼も高く、傭兵でありながらアバロンの留守を任されるほど。
      実はヘクターと婚約していたのだが、明らかに死亡フラグなので、番外編で初めて明かされた。が、結婚前なのに既に鬼嫁。七英雄よりある意味手強い。
  • キャット
      アバロンのシティシーフ(女)。
      泥棒事件で千早に追われる身となるが、モンスターに襲撃されているところを助けられる。
      恩義を感じた彼女は、運河要塞への単独潜入という危険な任務を引き受け、運河要塞陥落に大いに貢献した。
  • ハロルド
      カンバーランド国王。
      病気で余命も短く、後継者の相談のため、千早帝をカンバーランドに呼び寄せた。
      しかし、その矢先に急死。末子のトーマに王位を譲るとの遺言が、サイフリートによって発表されるが…
  • ゲオルグ、ソフィア
      カンバーランド第一王子、第一王女。ゲオルグの方が年長。
      ゲオルグはネラック城の防備を担う武闘派、ソフィアはフォーファーの統治を任された知性派である。
      トーマに王位を継承させることで一致し、サイフリート討伐後はホーリーオーダー(聖騎士団)を設立し千早の配下に加わった。
  • トーマ
      カンバーランド王国第二王子。三兄弟の末弟。
      子供ながら聡明で、国民の人気も高い。王位の継承に興味はなかったが、サイフリートの陰謀で王位につけられる。
      サイフリート討伐後にカンバーランド王国の統治権と領土を千早帝に献上し、千早帝からカンバーランド太守に任じられる。
  • サイフリート
      カンバーランド王国宰相。
      ハロルドを謀殺しトーマを傀儡として王位に就け、自らは七英雄に取り入り永遠の命を得ようと企てたが、千早達によって討たれ死亡した。
  • アメジスト
      千早の側近の宮廷魔術師(女)。
      アンドロマケーと共に留守を任される。律子が即位した後も皇帝補佐を続けており、術法研究所の建設に関わる。

第二章の登場人物

  • レグルス、ローズ
      帝国歴1251年当時のフリーメイジ。亜美と真美の守役。
      普段はもの静かな老人であり、亜美真美もレグ爺、ローズ婆と慕っている。
      一方で、十勝が年少だった頃の家庭教師だったこともあり、彼を術で焼いて諫めたり引きずり出して仕事をさせる過激なところがある。
  • 双海十勝
      帝国歴1251年当時の皇帝。亜美真美の父親。グラは没皇帝(男)。
      有能な皇帝だが晩婚だったためか親バカで、亜美真美の姿が少しでも見えなくなると誘拐や家出だのと妄想しては、ローズに焼かれるのがお約束。
      亜美へ譲位してからは、チェスでも打ちながら悠々自適の生活を送ろうと考えていたが、留守の間に内政を押しつけられるハメになっている。
  • ウルバン
      カンバーランドから教育係として招かれたホーリーオーダー(男)。亜美隊の一員。ゲオルグの子孫。
      貴重なツッコミ担当。当初は方向音痴のあずさやフリーダムな亜美真美に振り回されるものの、秘書かつ保護者のポジションを確立し、亜美真美を大学へ強制連行するスパルタ教師振りを遺憾なく発揮した。
      武器マニアでもあり、刀の美しさを語らせると止まらない。一方で女心を掴むのは苦手…かも。
  • ヒラガ11世
      ソーモンの自称天才発明家。
      十勝や亜美をパトロンとして、人力ヘリコプターを発明したり、橋の建設を提案・実施した。
      格闘家の協力を取り付けることを提案したりと、内政面での貢献も大きい人物。橋の名前を勝手に決め、亜美と大人げなく争っていたりもするが。
  • ダイナマイト
      格闘家。龍の穴の長。亜美隊の一員。LP28を誇る、生物の中では最もタフな男。
      体術の効かない無機質系モンスター達に苦戦していたところを亜美真美に助けられ、帝国への助力を約束する。
      脳筋っぽく見えるが、意外にも情報収集や作戦の提案立案でも活躍する。ウルバンとは小僧脳筋と罵り合う仲だが、最後はいい兄貴分だったところを視聴者に見せつける。
      常時仮面を付けているが、不思議と誰もネタにしない。また、あずさの酒癖を体験した唯一の人物。
  • 見張り
      武装商船団の会合に人が入らないよう見張っていた男。ロリコン。
      亜美の「いいことしよっか?」の誘いに乗せられ、後ろからイキナリ♪粛清された。
  • エンリケ
      武装商船団の団長。
      やってる事は海賊同然なのだが、海賊と呼ばれると怒る。一度は帝国と交渉決裂するが、ハリア半島から攻め込まれるという予想外の事態を受けてあっさり降伏する。
  • アトスズ、ベリル
      ティファールでつつましく武器屋を営む兄妹。アトスズが兄、ベリルが妹。
      帝国から追放された流刑犯の祖先を持つ。ベリルは男性陣の頭からハートが出るほど可愛い。しかし、亜美の放つ皇帝オーラが認識できず、あずさが皇帝だと誤認してしまう…
      ちなみに彼らは、グラのベースがジェラールと宮廷魔術師(女)である本作オリジナルキャラだが、名前由来は原作法則(皇子はホラズム朝、宮廷魔術師(女)は宝石)が踏襲されている。
  • ジャンヌ
      アマゾネスの村のリーダー。
      モンスターに包囲されていたところを亜美達に助けられ、その礼に協力を申し出る。
      亜美が皇帝だと言われてあっさりと信じた珍しい人。
  • ハムバ
      サバンナのハンター。
      周囲のモンスターなど恐れない弓の達人。しかし、最近は、地下から突然出現するタームに手を焼いている。
      初登場は吹き出し内での回想というちょっと可哀想な人。
  • シエロ
      手先が器用な地底人モール族の長。
      モール族は地底で静かに暮らしていたが、タームに乗っ取られ絶滅直前まで追い詰められてしまう。
      亜美達によって救われた事に恩義を感じ、種族が増えてから帝国に協力することを約束する。
  • アルタン
      草原で生活を営むノーマッドの長。
      弓と斧の使い手。ボクオーンに生活の糧である薬草を荒らされ、亜美達と地上戦艦に乗り込もうとしたが、突然動き出した戦艦にびびって真っ先に逃げ出したヘタレ。シゲンの策では先行偵察を行って面目を施すが。
  • 海の主
      ワイリンガ湖にいる巨大なモンスター。
      姿はイッカクのような感じ。七英雄のスービエにも対抗できるほどの力を持つ。
      しかし、娘はまだ力不足で、融合目的のスービエに狙われている。そのため、娘を救おうと急いだ際に橋を壊してしまった。
  • シゲン
      帝国大学の空き教室で「七英雄が全て倒された時に本気出す」と言っていた軍師。名前の元ネタはフェニックスことホウ統士元。落鳳破は出してはいけない。
      元ネタ通りの知謀を発揮し、地上戦艦攻略の策を亜美達に提案する。なお、高くつくと言っているが実際は帝国の予算は減らない。
  • マチルダ
      亜美の時代にフォーファーを治めているホーリーオーダー(女)。あずさの同期。
      ある部分があずさ同様に大きいとか。りっちゃんもそうだったが、カンバーランドは育ちやすい土地柄らしい…くっ。

皇帝パーティメンバー一覧

+ ネタバレ注意

■七英雄

 遥か古代、モンスターの脅威に晒された古代人を守るべく、命を賭して立ち向かった七人の英雄のこと。
 帝国歴1000年の時代においては「世が乱れた時再び彼らは世界を救う為に帰還する」という伝説のみが残っていたが・・・。
 たとえ倒されても、どこかにある本体が倒れない限り、永い眠りの後に復活する。
  • クジンシー
      名前の元ネタは新宿駅。嫌われ者のクジンシー。主に悪魔系モンスターと融合している。
      必殺技は「ソウルスティール」。ロマサガ2のOPデモでソーモンの町を占領し、その後アバロンを襲撃してヴィクトールを死亡させる。
      さらに、レオンも亡き者としたが、彼によってソウルスティールの見切りが編み出され、伝承法で見切りを受け継いだ千早達に討たれ、敗北。
      嫌われ者のはずなのに、本動画ではさる事情で大人気だった。裏で帝位簒奪を狙うジェラールと共謀していた。
  • ボクオーン
      名前の元ネタは(新)大久保駅。卑怯者のボクオーン。主に植物系モンスターと融合している。
      千早の時代では、運河要塞を運河に築いて往来を阻んでいた。亜美の時代には、ステップの薬草を麻薬に悪用する悪事を働いていた。
      ステップを爆走する彼の地上戦艦に対し有効な対策が取れない亜美達を悩ませていたが、軍師シゲンの策で突入を許してしまい、あっけなく敗れ去る。
  • ダンターグ
      名前の元ネタは五反田駅。暴れ者のダンターグ。主に獣系モンスターと融合している。
  • スービエ
      名前の由来は恵比寿駅。ワグナスの従兄弟。主に水棲系モンスターと融合している。
      海中に潜み、嵐を操る能力を持つ。「海の主」の娘との融合を企んでいる…というが、やってることは単なるロリコンのストーカーに聞こえる不思議。
  • ノエル
      名前の元ネタは上野駅。ワグナスの友人で七英雄の副将格。見かけはそう見えないが主に竜系モンスターと融合しており、ゲーム上でも竜属性を持っている。
      他の七英雄と異なり、話しの通じる相手であり、場合によっては戦闘にならない。
  • ロックブーケ
      名前の元ネタは池袋駅。ノエルの妹。主に死霊系モンスターと融合している。ゲーム上では、当然女性属性持ちだが死霊属性は持っていない。
      七英雄の紅一点。
  • ワグナス
      名前の由来は品川駅。七英雄の首領格。主に鳥/妖精系モンスターと融合している。但しゲーム上の属性は悪魔と浮遊。
      時期によっては女性の顔、身体にしか見えない姿をしているが、セフィラスのような女性妖精系モンスターと融合したためであり、中身はれっきとした男性である。

■モンスター

  • ウォッチマン
      ウオッチマンの巣に巣くっているモンスター。
      決して某筋肉男に登場する超人ではない。キン消し?何のことやら…
  • ディープワン
      アバロンの下水道に巣食う水棲族モンスター。通称、ディープワン先生。
      初期に出てくるモンスターのなかでは非常にレベルの高いモンスターである為、中盤までの主力技の殆どを閃くことができる。
  • パイロレクス
      運河要塞のボス、ヴァイカーに率いられる炎のトカゲ。2章にも登場する。
      通常攻撃でも即死級の攻撃力、さらに強力な全体攻撃である「火炎」や「熱風」まで使いこなし、格の違う強さを見せ付ける。油断した亜美はどっかで聞いた断末魔と共にダウンしてしまう。
      素早さが低い事と、状態異常が効く事が救い。
  • ゼラチナスマター
      ニーベル近郊のモンスターの巣に巣食うブヨブヨの無機質系モンスター。
      英語で書けばGelatinous Matter(ゼラチン状物質)だが、カタカナだと素股としか読めない。
      通常の体術ではまったく効き目が無いため、龍の穴に協力を申し出た皇帝と戦う事になる・・・はずだったのだが同じ色を4つくっつけられて消えてしまった。まぁ、亜美がやったのならちかたない。
  • タームソルジャー
      サバンナの集落に発生する白蟻型モンスター「ターム」の一種。「アリだー!」の「アリ」は、タームのことを指している。
      閃きレベルがディープワン以上に高く、有用な技をかなり閃くことができるほか、希にレアな武器である「重水の槍」を落とす。
  • タームのクィーン
      タームの親玉。いわゆる女王蟻。
      古代において七英雄でさえ恐れさせたという。地下でタームが発生していた元凶であり、突入してきた亜美達に一蹴される。
      しかし、亜美の今後を心配するコメントが見受けられるが…?


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。