武将別解説 - 戦国編3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



あ行つづき

上杉景勝(うえすぎ かげかつ)

出演作品:閣下の野望、アイマス立志伝
  • 作品名:閣下の野望
    • 上杉家家臣。上杉謙信の養子。二代目軍神。
    • 某最強コックにレンタルされたり、愛度流に捕縛されるなど今一扱いは良くない。
    • 上杉家が謎の壊滅を遂げた後、養父からの言いつけ通り三人の娘(?)と共に愛度流を頼る。
    • 武田勝頼の後を継いで第三軍団長に就任。
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 第十九話のあらすじにP.N.「上杉景勝」として手紙を送る。どう見ても本人です。
    • その手紙の内容から察するに、重度の釘宮病患者の模様。謙信の苦労が偲ばれる。
    • 本多忠勝曰く「あいつ、こんなキャラだっけ?」。

上杉景虎(うえすぎ かげとら)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 北条氏康の息子。上杉謙信の養子。武田信玄の養子でもあったという説もあり、一人で関東三国を描写できる人物。
    • 作者的な扱いは「景勝に負けた方」。
    • 余談だが、某長編801大河小説において主人公を務めている。副主人公の直江信綱との関係は、当時のジュブナイル小説界に様々な影響を与えた(コバルト文庫初の伏字処理がされた、まったく関係ないジャンルの小説のあとがきで引用された、いわゆる「聖地巡礼」のはしりが行われ、酒類など対象年齢が高めのタイアップ商品が、アニメ化もされていない時期なのに販売された、等)。

上杉謙信(長尾景虎)(うえすぎ けんしん(ながお かげとら))

出演作品:閣下の野望、くされ戦記、アイマス立志伝、戦国アイドルマスター、伊織幻戦記、オプ長の野望、閣下の統一日記、千早創世録、ういぽセブン マキシマムiM@S、天下創世合戦エディタで模擬戦をやってみる
  • 作品名:閣下の野望
    • 序盤は愛度流と小競り合いを繰り返したが、中盤は対武田包囲網を契機に愛度流と同盟関係に。
    • 同盟切れ寸前、犬甘久知に岐阜城、安土城と相次いで横取りされ、怒り心頭で怒鳴り込んできたが、犬甘が朝倉宗滴を討ち取った者だと知ると後日の対決を(犬甘の意志を無視して)約して去っていった。
    • フットワークが軽い。奇襲を得意とし小谷城の戦いでは単身千早の軍に突撃し伊織を攫っていった。
    • 謎の黒い男により上杉家を壊滅させられるが、信長・信玄とは異なり当人は無事逃げ仰せ、織田家、次に肝付家に属して愛度流との戦いを続行する。真性のバトルマニア。
  • 作品名:くされ戦記
    • 最初のアイドル武将。伊達家に敗れて降伏、仕官して伊達家の愉快な仲間入り。
    • 2番目に登場したアイドル武将・武田信玄とは幾度となく戦ったが、直接の面識はなくその正体も知らない。
    • 26匹目で「上杉謙信」の名前を捨てて、元のアイドルとして生きる決意を固める。
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 第十一話・十八話・二十話に登場。グラフィックは戦国ランス。
    • あずさの名前は知らない。態度が尊大で伊織にはウケが悪い。
    • 部下は釘宮病患者ばかりな上、不用意な一言でやよいに説教を喰らうなど、苦労しているのかもしれない。
  • 作品名:戦国アイドルマスター
    • 第22回で長尾景虎として初登場。上杉謙信女性説を採用しており、戦場では影武者「虎影」をたてる。
    • 京都にいる伊織と面識がある。伊織を猫可愛がりしては気持ち悪がられている。伊織曰く「変態レズ女」。
    • 病弱で先も長くないため、伊織に上杉家を任せたいと思っている様子である。
  • 作品名:伊織幻戦記
    • 加賀の国の手取川において、織田浅井連合軍と合戦を行い、噴進弾1500発の斉射を受け死亡。
  • 作品名:オプ長の野望
    • 脳筋アイランド・上杉家首領。脳筋ばかりの部下に日々頭を痛めている。
    • なぜかスカウター持ち。真の知力が5であると見抜き、ラディッツのような台詞を発した。
    • なぜか第8話のOPでは戦国ランスのグラフィックになっていた。
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 亜美を保護していた。双子の取り合いこそ川中島の真実であり、雪歩などからは完全に紳士扱いされている。
    • 天海家包囲網の中核のひとつ。天海軍に大敗し、取り乱して亜美を問い詰めたり、こちらから侵攻したにも関わらず虐殺だと憤るなど、やや大人気ない場面が見られる。
  • 作品名:千早創世録
    • 不確定名:「謎の男」として登場。
    • 関東出兵前、夢のお告げに従って直江津の港に向かい、上陸した千早と出会う。兵士たちに、千早を摩利支天と紹介し、大いに士気を上げた。
    • 後に長尾景虎で登場。武田に城を追われた長野業正を保護する。
    • 武田と心置きなく戦うため、領地が接した安東とは、足元を見られる同盟ではなく、戦う機会がある包囲網を選んだ。
    • 毘沙門軍団のボス。闘争が好きなバトルマニア。
  • 作品名:ういぽセブン マキシマムiM@S
    • 顔グラは戦国ランス。そして中央競馬所属の騎手。
    • 競馬学校時代の合宿は樹海に置き去りにされたらしい。
  • 作品名:天下創世合戦エディタで模擬戦をやってみる
    • ニコニコ歴史戦略ゲーサイドで参加。当初は「長尾景虎」で登場予定だったが、実際には謙信名義で登場。
    • やよいを捕らえ、軍神の意地を見せる。

上田朝直(うえだ ともなお)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望、千早創世録
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 後北条家家臣。他国衆としては異例なことに独自の領国経営を許されていた人物。
    • 須田長義が発見。能力は低めだが、特技「抜擢」を期待されて春香に登用される。しかし、そもそも人材を発見できない、見つけても特技が発動しない、発動してもろくな武将を連れてこない、と恐ろしいほど使えず、流石の春香も精神崩壊一歩手前まで追いやられた。
    • ニートのような物言いをする駄目親父。顔芸の部類。息子憲定に紳士教育をしている。
    • 梶原景宗と低次元殺法コンビを結成している。
  • 作品名:千早創世録
    • 古河公方家臣。物見からもたらされた武田の戦力と陣立ての報告をする。篭城を提案するが真の戦力分析により断念。

上田憲定(うえだ のりさだ)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 上田朝直の息子。よりにもよってその朝直自身が特技「抜擢」で連れてきた。
    • 駄目息子。仕事と遊びの区別が付いていない。流石に不採用に。
    • 後になんと新発田長敦の探索にもホイホイ引っかかり、二度目の門前払い。偽名まで使う年の入れ様。

植田光次(うえだ みつつぐ)

出演作品:iM@S天下統一絵巻
  • 作品名:iM@S天下統一絵巻
    • 伊賀国人衆。伊賀十二人衆の代表者。織田信長、信雄に対抗したが敗れる。忍者として扱われることも。
    • 足利家家臣扱い。筒井家の信貴山城攻めに、高木順一郎率いる幕府方援軍として参加。

宇喜多直家(うきた なおいえ)

出演作品:美希の天下創世、アイマス立志伝、iM@S天下統一絵巻
  • 作品名:美希の天下創世
    • 浦上家家臣。浦上家の中でも重要な地位につく重臣。
    • 赤松家への度重なる侵攻戦の末、姫路城を落城させ赤松氏を滅亡させている。しかしその直後星井家による姫路城奪還戦において敗走。西播磨を手放すこととなった。
    • 松永久秀、斉藤道三と並び評されるほどの稀代の謀将であり、その知略で星井家を苦しめ続けている。
    • ゲーム中でもその設定は生かされている(義理3)。腹の中は真っ黒なのさ、くくっ。
      • 能力:政治83 統率69 知略88 教養63 義理3
      • 特技:槍衾壱 混乱
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 第十四話のあらすじに登場。遅刻した宇喜多秀家の代役らしい。
    • 豪姫(息子の嫁)とアマミゾンについての談義を繰り広げる。基本はツッコミ担当。あらすじの長さにツッコミを入れた。
    • 褌一丁で八丈島から泳いできた息子、宇喜多秀家を「変態」「知らん」の言葉で切り捨てる。
    • 哀れ秀家は名前を「変態紳士」に変えられた挙げ句、亀甲縛りで牢獄入りさせられる…。
    • 同作でも暗殺は好みらしい。リミテッドブレイドワークス(永禄の変)について「あまり綺麗なやり方ではない」と評した。
    • さしもの直家でもやよいには敵わない。広告に対するツッコミは直家でも出来ない様子。
  • 作品名:iM@S天下統一絵巻
    • まさかの赤松家家臣。三好の救援要請に、従属している別所家から兵を出させるよう箴言。
    • 赤松家が石山御坊、別所家が天神山城を押さえる躍進の陰には、間違いなくこの男の存在がある。

宇喜多秀家(うきた ひでいえ)

出演作品:アイマス立志伝、采配のゆきほ
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 大名としての最後の宇喜多家当主。豊臣五大老の一人。秀吉の養子となったため豊臣秀家と名乗ることも。
    • 父親に似ず、苦労知らずながら穏やかで誠実な人柄だったとされる。
    • 同作品名物のあらすじに遅刻。流罪となった八丈島から必死に泳いできたが、父親の直家と妻の豪姫に見捨てられ、「濡れたふんどし男」→「宇喜多秀家」→「宇喜多秀家?」→「変態紳士」へと名前が変遷したあげく亀甲縛りで牢獄送りに。
    • 泳ぐことは好きらしい。
  • 作品名:采配のゆきほ
    • 備前五十七万石の大大名。浅井長政が天下統一を果たしたため、浅井家の養子になっている。
    • 西軍に所属。鉄砲隊を指揮する。自信過剰でナルシスト。
    • 石田三成を愚鈍とこき下ろす。家名の格に拘り、三成の命令を聞かない。

宇佐美定満(うさみ さだみつ)

出演作品:アイマス立志伝、くされ戦記、オプ長の野望、閣下の統一日記、三國夢想、千早創世録
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 第十一話に登場。あずさに二度挑み、二度とも退けられる。あずさにはおじいさん扱いされていた。
  • 作品名:くされ戦記
    • 上杉謙信が政宗傘下に入ったことで一同に加わる。
    • 保護者のような立場で謙信らを見守るが、時には小十郎と息の合ったくされ戦記らしいコンビネーションを見せる。
    • 主の幸せのためなら、何であろうと戦う気概を持った忠臣。たとえそれが、調理道具の買出しであろうとも。
  • 作品名:オプ長の野望
    • いつの間にか北条家に捕まっていた。口調がギャル語風で色々と駄目さが漂う。
    • 半年間返還の使者が来ることもなく、忘れられかける。早雲とじじいコンビとして馴染んでいたが、マコプーナが返還要請に来たことで帰っていった。
    • が、なぜかまた北条家に戻ることに。
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 謙信の懐刀。包囲網時、謙信と部隊が別れていたことが、防衛側の光秀と小鳥に幸いした。
  • 作品名:三國夢想
    • 呂玲綺とあずさの偵察行中、草原を跳ねていた。……うさ、ぎ……?
  • 作品名:千早創世録
    • 長尾景虎の参謀。景虎、長野業正と語らい、武田と雌雄を決するために邪魔な、勇躍著しい安東を押さえ込むため、古河公方、蘆名、佐竹、葛西を巻き込んだ包囲網を進言、実行に移した。
    • 千早や萩原衆による諜略を見抜いていた。

氏家定直(うじいえ さだなお)

出演作品:閣下の野望、千早創世録
  • 作品名:閣下の野望
    • 最上家家臣。最上家代々の忠臣。
    • 上杉軍によって酒田港に追い詰められた主君・最上義守に降伏を進言したが受け入れられなかった。
    • 主君を諌めた春香に怒って見せたが、最終的には感謝しつつ息子・氏家守棟と共に愛度流に降る。
  • 作品名:千早創世録
    • 安東家に諜略戦を仕掛けていたが、雪歩と萩原忍軍により不調に終わる。
    • 山形城攻防戦で最上義守の篭城策を支持したが、南部晴政の騎馬隊により壊滅、捕縛。
    • 後に葛西に仕官したらしい。

氏家直元(うじいえ なおもと)

出演作品:閣下の統一日記、千早創世録
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 旧斎藤家家臣。美濃三人衆の一人。
    • 出家後の「卜全(ぼくぜん)」の方が有名な人。ちなみに某漫画家は「ト全(とぜん)」なので間違えないこと。
    • 紙芝居には登場していないが、春香の上洛には良通ら他の三人衆と共に従軍した。
  • 作品名:千早創世録
    • 斎藤道三に仕える重臣。表面上は至って真面目な武家だが…。
    • 熱狂的な春香派。愚民衆奥義「人間クッション」も使える、美濃愚民三人衆の一人。

氏家守棟(うじいえ もりむね)

出演作品:閣下の野望、千早創世録
  • 作品名:閣下の野望
    • 最上家家臣。氏家定直の子。外交や諜略、朝廷工作に長けていた。
    • 定直と共に愛度流に降る。何故か石川城攻めにノリノリな父を悪いものでも食べたかと心配した。
  • 作品名:千早創世録
    • 最上家家臣。美希とは家族ぐるみの付き合いで「もりむー」と呼ばれる。
    • 伊達家に人質として赴く美希を心配するが、その決心を知り彼女のために最上家を守ることを決意する。
    • 山形城の戦いでは総大将として千早達を迎え撃つが、衆寡敵せず千早との激突後に捕らえられる。
    • その後山形で美希の家族の世話をしていた。
    • 伊達滅亡後も美希と共に星井家を保護していたが、俸禄もなく、歳若い美希と他家の人間である守棟に所領の統制が取れるはずもなく、貧困に苦しんでいた。
    • 南部晴政に自分の日記(恐らくは、美希への想いを綴ったもの)を公開すると脅され、美希と共に安東に仕官することに。

臼杵鑑速(うすき あきはや)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 大友家家臣。越中守。大友三老の一人。
    • 隈本城戦にて大友軍の参謀を務めるも敗北。秋月家に臣従せず、斬首された。

内ヶ島氏理(うちがしま うじさと)

出演作品:アイドル群雄録
  • 作品名:アイドル群雄録
    • 「いい笑顔」姉小路頼綱の家臣。兵庫頭。
    • 史実では、天正大地震によって帰雲山が山崩れを起こし、それに居城帰雲城が巻き込まれて一族滅亡という悲惨な最期を遂げている。
      • 能力:政治 56 戦闘 47 采配 52 智謀 46
      • 技能:商業
      • 適正:足軽 D 騎馬 C 鉄砲 E 水軍 E

宇都宮興綱(うつのみや おきつな)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • KOEIゲームで宇都宮家当主になることが多い宇都宮広綱の祖父に当たる人物。
    • 岩付城に誕生した天海家の初期配置武将三名のうちの一人。老齢。
    • 内政官としては及第点の活躍だったが、特に目立つこともなく酒井敏房と入れ替えで解雇。

宇都宮広綱(うつのみや ひろつな)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 宇都宮家当主。父の尚綱が戦死したため若くして家督を相続した。しかし結城晴朝の侵攻を受け、姉に嘆かれながらこの世を去ったようだ。

梅津政景(うめづ まさかげ)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 佐竹家家臣。秋田藩の内政に従事した人物で、地元史にはその業績が記されている。
    • 岩付城に誕生した天海家の初期配置武将三名のうちの一人。やはり政治が得意。
    • 政務が終わり、軍務に力を入れるため、里見一門と入れ替わりで解雇。

上井覚兼(うわい かくけん)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 島津家家臣。島津貴久より後事を託され、律子に対し複雑な思いを抱きつつも秋月家に降った。




名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。