作品別用語集 - 采配のゆきほ



■采配のゆきほ


解説

ちゃっP作、DSゲーム「采配のゆくえ」を用いた架空戦記。
1話はほとんど元ゲーム踏襲であったが、2話からはオリジナル展開になるらしい。

また、糸冬Pの伊織立志伝・伊織幻戦記と世界観を共有しており、
関ヶ原を舞台としながら実際の史実とは異なる話になるらしい。

登場人物

女性(アイドルなど)

萩原雪歩(はぎわら・ゆきほ)

この物語のヒロイン。
765プロ所属のやや気弱なアイドル。でも、やるときはやる。

なぜか石田三成と肉体を共用して同化することになる。
三成と雪歩の関係は伊織幻戦記を参照。

わた伊織ちゃん

この物語の解説役だが、二話から本編にも登場する予定らしい。
雪歩とは仕事仲間らしいが、その正体は謎である。

西軍武将

石田三成(いしだ・みつなり)

雪歩と体を同化することになる、物語のもう一人の主役。
関ヶ原の西軍の大将で、曲者ぞろいの武将相手に難しいかじ取りを迫られることになる。

部下の左近いわく「正真正銘のバカだが頭がいい」らしい。

島左近(しま・さこん)

三成の部下。
豪快な性格で口は悪いが軍師としては他の武将も一目おくほど有能。

宇喜多秀家(うきた・ひでいえ)

西軍の武将。幼名・八郎
元々は秀吉の養子であったが、ある事件の秀吉の死後、浅井家に引き取られたらしい。
ブライドが高く、独善的な性格。

明石全登(あかし・たけのり)

宇喜多家臣。

大谷吉継(おおたに・よしつぐ)

2話登場予定。
伊織幻戦記では三成の親友だった。

浅井長政(あさい・ながまさ)

故人。
史実では豊臣秀吉が成し遂げた天下統一を、この世界では彼が達成したらしい。
伊織立志伝・伊織幻戦記では伊織の協力を得て史実をひっくり返す大活躍を見せるが、
伊織が現代に帰還後の彼の功績、および死因は今のところ不明。

東軍武将

徳川家康(とくがわ・いえやす)

関ヶ原では三成に対し反浅井軍である東軍の大将。
伊織幻戦記のラストでは、決死の覚悟である事件への関わりを
匂わせる描写があったが・・・・?

井伊直政(いい・なおまさ)

東軍である徳川家の忠臣。
徳川を正義と確信し、何よりも正義を第一理念において行動する、
特撮ヒーローの主人公のような熱い性格。

福島正則(ふくしま・まさのり)

元々は三成と同じ浅井家の家臣だったが、現在は東軍に所属。
猪突猛進の性格。三成とは何やら因縁があるらしいが・・・

可児才蔵(かに・さいぞう)

福島家臣。

用語集

音量注意

UPされた当初は音量Maxで録音されていたらしく、音が割れたり耳を傷めるもの多数。
P名候補に「爆音P」がつくほどである。
ちなみに1話(3)以降からは改善されている。

逆○裁判

この作品と言うかゲームにおける、ある意味NGワード。
それぐらいシステムがそのゲームに酷似している。

ただ、ネット上の噂では「逆転裁○判」を作った○プコンが、このゲームのコ○エーの
ゲームである○双シリーズを過去にリスペクトしたという経緯があり、
その仕返しにわざと似せたという説もある。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。