作品別用語集 - アイマス野球道Girl's Page 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■アイマス野球道Girl's 765プロ学園野球部所属アイドル



  • 入部状況は以下の通り。
一年目 一期生 あずさ(遊)
二年目 二期生
三年目 三期生 律子(二)
四年目 四期生 真(投)
雪歩(捕)
貴音(一)
五年目 五期生 春香(三)
千早(中/一)
響(投)
六年目 六期生 伊織(投)
美希(右)
七年目 七期生 やよい(左)
八年目 八期生 亜美(投/捕)
真美(捕/投)
愛(汎用)
  • 試合を観戦したり、ニュースを担当する事がある。
  • 入学前や引退後、他校の同名の選手として試合に参加する事もある。
  • 顔グラは捏造グラに差し替え(在学中のあずさは例外)。結構手間が掛かる作業らしい。
  • アイドルの場合、本人に意思とは無関係に、入部手続きが済んでいる事が多い。部の伝統らしい。
  • 入部時点で人気がFランクなのはゲームの仕様なので、文句は言わない様にっ!!
  • 星座と血液型は、五年目までは原作とは違っているので注意。六年目時点で在籍している者に関しては、それ以降は原作準拠に変更。
  • 身長とスリーサイズは、一部の例外を除き、六年目から『アイマス2』仕様になった。
  • 各選手の個人成績は、年度切り替わり時期と引退時に於ける選手データ及び、十年目(4)までの試合結果から算出。
    • 尚、七年目(10)の対巻石女子戦と七年目(27)の対田蒲女子戦は、各々七年目(11)と八年目(1)での再試合の結果を採用しているので注意。

一期生

三浦 あずさ

遊撃手 右投右打
愛称 あずささん、キャプテン 魚A
応援歌 9:02pm/三浦あずさ<MASTER ARTIST 07> 二年目(7)~
+ 個人成績
  • 「全国大会に出場できれば運命の人に見つけてもらえるかも」と沖に誘われて入部。
  • 初練習の際、スポ根的に只野と盛り上がっていたが、そのノリを河西と中藤に馬鹿にされた。
  • 遊撃手として、1試合を除いた全ての試合に出場。
  • 選手としては失策が多く、1年目に於いては打撃も良くなかった。
  • 尚、胸が大きくなった事が原因の肩こりが悩みで、カナヅチらしい。最初の頃は、そういった事や恋愛相談等、何かと監督に相談する事が多かった。
  • 胸のせいか、レギュラー陣の中では一番の鈍足で、盗塁スキルを活かしきれていない。コンピューター任せだと、スタメン落ちする事もある。
  • アホな競技の多い体育祭を、「お祭りだから」と割り切っている。
  • 流石のカリスマSで、最初からキャプテンだったらしいが、本人はその事を全く知らなかった。
    • その事が明らかになったのは、一年目(4)。それまでは、視聴者も含め、竜胆がキャプテンだと思っていた模様。
    • 最初はキャプテンらしさは皆無だったが、その胆力や将器を竜胆が高く評価。
    • 因みに、本来のゲームでは、一年目の夏の大会終了後にキャプテンを決めるらしい。
    • キャプテンに選ばれた理由は、竜胆によれば「最年長だから」(そんな筈はないんだが……)。
    • 引退後も、一期生メンバーからは「キャプテン」と呼ばれている。
  • 魚座だが、誕生日は7月。
  • 教頭にサッカー部へ誘われた際、真剣に迷っていた。
+ ネタバレ

三期生

秋月 律子

二塁手 右投右打
愛称 りっちゃん、猪秋月、765プロ学園のしっかり八兵衛 射手O
応援歌 いっぱいいっぱい/秋月律子<MASTER ARTIST 10> 三年目(3)~
Colorful Days<MASTER SPECIAL 765> 四年目(16)~
livE/秋月律子<MASTER SPECIAL 02> 四年目(19)~
東京は夜の七時/秋月律子<MASTER ARTIST 10>【カヴァー元:PIZZICATO FIVE】 四年目(22)~
+ 個人成績
  • 入学前に、他校の選手として登場した事があるらしい。卒業後も同様。
  • あずさとは入学前からの顔見知りで、入学直後に早速挨拶。
  • 体力と根性が重視されるスポーツ界で、自分の知力がどこまで通用するかを確かめる為に入部。
  • 入部時で二塁守備力は既にBランクで、更には外野もこなせる。
  • 入部直後から内野の司令塔としての能力を見せ、個々の能力に頼っていたチームに新たな力を吹き込んだ。
  • 他の能力もバランス良く整っており、夏の大会では一年で唯一のメンバー入り。守備の連携について監督と話をしていたら、ベンチ入りさせてもらえたらしい。
  • 更には地区予選では、三回戦まで不調の中山に代わってスタメン出場も果たし、あずさと二遊間を組んだ。
  • 一年時から全国大会でもその守備能力を発揮し、中山の控えとして活躍。
  • チームのツッコミ役。特に、色々と暴走する中森に「分け目チョップ」をお見舞いするのが恒例。野球で鍛えられたからか、ツッコミの破壊力も強化されたらしい。
+ ネタバレ

四期生

  • ここから学年が、公式の学年基準となった。
  • 入部直後、2年後の女子野球部を見据える貴音が、真と雪歩に声を掛け、3人で「桃園の誓い」ならぬ「百合園の誓い」を交わす。
  • 入学直後の夏の大会で、3人共控え選手として大抜擢。

菊地 真

投手 右投右打・オーバースロー
愛称 まこちん、まこまこりん、まこ王子 山羊AB→乙女O
応援歌 迷走Mind/菊地真<MASTER ARTIST 04> 四年目(4)~
男の勲章/嶋大輔 四年目(29)
自転車/菊地真<MASTER SPECIAL 05> 五年目(5)~
+ 個人成績
  • 一年目小学生の頃、『アイマス野球道ニュース』で解説をしたいと、やよいに頼んだ事がある。
    • 出番が先になる事も然る事ながら、他の架空戦記での出演交渉の際、武力査定が低かったのがその理由。
    • 後に、「本多忠勝と一騎打ちで負けない事」が条件で合格を貰い、『逆撃 戦乱アイドル』へ出演決定。
    • 入学前に他校の選手として登場した事があり、応援歌『迷走Mind』は、三年目(5)で初使用。
  • 最初から野球部に入る事は決めていたらしく、雪歩には捕手として自分の球を受けてほしいと持ちかけた。尤も、本人も知らぬ内に入部手続きは済んでいたが。
  • 1年生時からCランクのフォークを持つ。
  • 入部直後、フォークを実戦化したい監督の考えにより、控え投手に。その夏の大会では、三期生投手陣を差し置きベンチ入り。
  • 当初はクローザーとして活躍。上級生引退後は、真のエースとして大黒柱の活躍を見せた。
  • 最初の頃は、三振を狙って四者凡退になる事が多い。三振を狙うのは、不安の裏返し。球質が軽いのか、当てられると長打になる傾向がある。ロングリリーフも苦手だった。
  • 試合中、冗談でチームメイトに求婚する事も多い。
  • 入部したばかりの朱竹を「技術泥棒」呼ばわり。
  • 四年目(29)の練習試合で、17奪三振無四死球完封試合を達成。
+ ネタバレ

萩原 雪歩

捕手 右投右打
愛称 ゆきぽ、ゆきぽっぽ 双子A→山羊A
応援歌 Kosmos, Cosmos/萩原雪歩<MASTER ARTIST 09> 四年目(5)~
ALRIGHT*/萩原雪歩<MASTER SPECIAL 04> 四年目(16)~
inferno/萩原雪歩&如月千早<MASTER LIVE 04> 四年目(22)~
+ 個人成績
  • 入学直後、真から野球部に一緒に入ろうと誘われたが、もし入るならマネージャー希望だった。
  • 知らぬ内に入部届を出されていた事を知り、不安を覚えつつも野球部へ……。
  • 入部当初から、捕手リードを持ち守備B、その他も十分にチート。
  • 入部してすぐ、捕手リードを実戦化したい監督が、控え選手として抜擢。
  • 真の女房役として、三振に拘る真を心配。真の役に立とうと、牛島の配球をメモ。
  • 下級生時は牛島に肩力が及ばず正捕手の座を譲っていたが、上級生引退後は不動の正捕手&スラッガーとしてチームの柱に。
  • 満塁時の打席が多く、得点圏打率が高い。また、左投手にも強い。何故か、やたらと死球に被弾する。
  • ベースランニングが多かったのか、春の選抜前には走力Aに。守備範囲が広がり、地蔵な投手に代わってピッチャーゴロを処理する事もある。
  • 因みに、彼女の元になった選手は、体重約70kg……。
  • 芝草からは配球に熱さが足りないと評され、牛島からはリードが真に対して甘すぎるのではないかと指摘された。
+ ネタバレ

四条 貴音

一塁手 右投左打
愛称 お姫ちん 射手A→水瓶B
応援歌 DESTINY/MY LITTLE LOVER 四年目(3)~
オーバーマスター/Project Fairy<MASTER SPECIAL 961> 四年目(5)~
KisS/Project Fairy<MASTER SPECIAL 961> 四年目(16)
フラワーガール/四条貴音<MASTER SPECIAL 04> 四年目(17)~
inferno/萩原雪歩&如月千早<MASTER LIVE 04> 五年目(35)
+ 個人成績
  • 誰も予想しなかった四期生の新メンバー。村中が知らない内に、入部届けが出ていた。
  • B91も然る事ながら、一塁手としての腕も確か。密かに(?)勉学S。
  • 志が高く、その意気込みを買われ、入部してすぐ控え選手として試合に抜擢。
  • 最初はなかなか芽が出ず、四期生アイドルでは一人取り残された形に。
  • 竜胆の「謎の特訓」で打撃センスが上がったのを機に、アベレージヒッターとしての素質を開花。また、本人も知らぬうちに、竜胆が走塁スキルを付加。
  • 同期生達に、「お嬢様キャラ」の無茶振りをされ……暫くの間、語尾だけは頑張った。
+ ネタバレ

五期生

  • 春香が、千早と響を道連れ(?)に、野球部へ……入部届けを出そうとしたら、例の如く入部届けが既に受理されていた。
  • 入学してすぐ練習試合で起用されたが、その夏の大会では選手層が厚くベンチ入りを果たせず。

我那覇 響

投手 右投右打・オーバースロー
愛称 射手B→天秤A
応援歌 Next Life/我那覇響<MASTER SPECIAL 03> 五年目(27)~
KisS/Project Fairy<MASTER SPECIAL 961> 六年目(4)~
オーバーマスター/Project Fairy<MASTER SPECIAL 961> 六年目(17)~
TRIAL DANCE/我那覇響<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 02> 七年目(11)~
+ 個人成績
  • 入学直後、演武を見て空手部に興味を持つが、貴音に喝を入れようと野球部へ……。
  • 球速も然る事ながら、スライダーとフォークを投げる。
  • スキル枠も4つ有り、将来性は抜群。
  • 首里手唐手の心得がある。嘉手納という人物に教わったらしい。
  • 入部早々、島宗家の2人と武闘談義。
  • 只野が投球センス覚醒を告げた途端、全治2週間の怪我。
  • 朱竹の経験不足もあって、五年目秋季地方大会でベンチ入り。その後調子を崩し、地区大会ではベンチから外された。その後の練習試合での失敗の影響で、春の全国大会メンバーからも外れた。
  • 沖縄の実家が、修学旅行のコースに……何故!?
  • 新庄の「鳴き声」の意味を、かなりの精度で理解可能。
+ ネタバレ

天海 春香

三塁手 右投右打
愛称 はるるん、どんがら娘 蟹A→牡羊O
応援歌 太陽のジェラシー/天海春香<MASTERPIECE 01> 五年目(4)~
I Want/天海春香<MASTER ARTIST 01> 五年目(27)~
乙女よ大志を抱け!!/天海春香<MASTER SPECIAL 01> 六年目(4)~
relations/天海春香<MASTER LIVE 01 REM@STER-A> 六年目(18)
The world is all one!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER 2> 七年目(5)~
START!!/天海春香<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 01> 七年目(9)~
+ 個人成績
  • 本シリーズの主役(笑)。
  • 一年目から、やよいと組んで『アイマス野球道ニュース』のコーナーを担当(当時11歳)。
  • 入学前に、他校の同名の選手として試合に参加した事が数回。卒業後も同様。四年目(22)での応援歌は『団結』。
  • 入学した時点で、野球部を希望していたらしい。
  • 「××(相手校等)ですよ、××」の他、「春香さんは~」や「そんなことできるんですか!」という台詞が多い。
  • センスはないものの、バント以外はオールCという中々の初期能力と、貫禄のカリスマSでデビュー。人気・根性・精神力もSに成長。
  • 初の練習試合で、2打席2安打を記録。
  • 先輩からヘッスラーズ入りを薦められたらしい。
+ ネタバレ

如月 千早

中堅手/一塁手 右投右打
愛称 ちひゃー 射手O→魚A
応援歌 蒼い鳥/如月千早<MASTERPIECE 02> 五年目(4)~
目が逢う瞬間/如月千早<MASTER ARTIST 05> 五年目(29)~
arcadia/如月千早<MASTER SPECIAL 03> 五年目(41)~
inferno/萩原雪歩&如月千早<MASTER LIVE 04> 六年目(17)~
眠り姫/如月千早<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 05> 七年目(9)~
+ 個人成績
  • 仕事以外で事務所のメンバー全員が集まっていると、不安。曰く「雷か何かで別の時代に飛ばされそうで……」。
  • 入学直後、合唱部を見学しようとしていたが、吹奏楽部に引き抜かれそうと聞いたのと、春香に熱心に勧められた事で野球部に。入部した時点で、命は既に捨てる覚悟だった。
  • 台詞に「~けど」と付く事が多い。
  • ミートが初期でB、他の能力もC以上。おまけにスキルが最初からアベレージヒッター、左投手+1、外野守備+1の3つが開いている。
    • しかしセンターには不動の御巫三女がいる為、出場機会は秋以降に……。
  • 時々、ライトも守る。
  • 三期生引退後、能力を高く評価され、ベンチ入りを果たす。
  • 五年目(29)まで打率10割をキープ。その記録が潰えた後も、得点圏打率が高い。
  • B72は最早お約束。それを下回る者も少なくないのに、何故彼女ばかりが……くっ。
  • 五年目(31)の文化祭では、クラスの出し物である『ロミオとジュリエット』のロミオの代役が好評で、ファンに追われる羽目に。
+ ネタバレ

六期生

  • 伊織は、自分の努力を容易く超えてしまう美希の才能を高く評価し、悔しさより「美希が本気を出したらどこまでいけるのか」を見届けたいと思っている……が、美希本人は知る由もない。

水瀬 伊織

投手 右投右打・アンダースロー
愛称 いおりん、デコちゃん 射手B
応援歌 Here we go!!/水瀬伊織<MASTERPIECE 03> 七年目(2)~
DIAMOND/水瀬伊織<MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 01> 七年目(22)~
SMOKY THRILL/竜宮小町<THE IDOLM@STER 2> 八年目(14)~
+ 個人成績
  • 入学した時点で、野球部に入る事は決めていた。
  • アンダーの技巧派で、シンカーとスローカーブが武器。雪歩は、その投球フォームを綺麗だと高く評価。
    • 未開スキルも多く、「いおりんのスローカーブマジ最高!」となる日に期待。
  • 美希を連れて、876プロ学園の試合を観戦に行く事が多い。
  • 選手層が厚くなった為、四期生と一緒に試合に出られない事を残念がっていた……が、四期生引退後初の練習試合でのベンチ入りで、途端にうろたえてたりする。
  • 五期生投手陣3人中2人の出来がいまいちなので、リリーフに出る事が多い。六年目(23)で初失点。
  • 新年を迎え、消える魔球スキルを修得。
  • 新庄の「鳴き声」の意味を、ある程度理解可能。
+ ネタバレ

星井 美希

右翼手 右投右打→両打
愛称 ミーミー、mktn、ミキミキ 射手B
応援歌 relations/星井美希<MASTERWORK 02> 六年目(15)~
ふるふるフューチャー☆/星井美希<MASTER ARTIST 03> 六年目(17)~
Day of the future/星井美希<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 03> 七年目(14)~
READY!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER(アニメ)> 七年目(21)~
CHANGE!!!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER(アニメ)> 八年目(6)~
+ 個人成績
  • 初登場時は金髪ロングだったが、『アイマス野球道ニュース』では茶髪ショートで司会を務めた事がある。
  • 入学時点で、勉学はA。「覚醒」はしていないが、入試で首席。曰く「マークシートって偉大だよねー」。
  • 野球部への入部には消極的だったが、「守備の機会が少ない」と聞き、外野を選択。
  • カリスマS、走力と肩力がBで、他も軒並みC。将来有望な逸材で、真曰く「真面目に練習さえすれば無敵」。
  • 伊織に連れられて、876プロ学園の試合を観戦に行く事が多い。
  • 同期の明智とは逆に、変化球と速球が好き。曰く「深く考えてないだけ」。
  • 対戦相手に同情する事が多い。
  • 雪歩以上のペースで死球の被害に遭っており、四期生引退後のある練習試合で、死球を3回も被弾。それ以降も度々被弾しており、六年目(24)では野球を辞めると言い出す。
  • 打撃面で思う様に活躍できず、1年の頃の目標は、「伊織に文句を言われない事」。
  • 貴音からのアドバイスは「入れ込みすぎると打てなくなる」。
  • 守備力やミートが上限になったのを口実に練習をサボろうとして、阻止された。
+ ネタバレ

七期生

高槻 やよい

左翼手・中堅手 右投右打
愛称 やよやよ、うっうー、うっうー2、やよいっち、やよいさん 牡羊O
応援歌 キラメキラリ/高槻やよい<MASTER ARTIST 02、千葉ロッテマリーンズ応援歌> 七年目(15)~
おはよう!!朝ご飯/高槻やよい<MASTERWORK 01> 七年目(16)~
スマイル体操/高槻やよい<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09> 七年目(20)~
自分REST@RT/高槻やよい他<ANIM@TION MASTER 05> 八年目(26)~
+ 個人成績
  • 一年目、春香と組んで『アイマス野球道ニュース』のコーナーを担当(当時8歳)。
    • 本作が始まったばかりの頃は野球について良く知らなかったが、ニュースを担当する事で野球好きになった。
  • 七期生唯一のアイドルとして765プロ学園に入学。中学の時の友達とは離れ離れになったらしい。
  • 伊織によれば、勉学は限りなくDに近いCで、受験は相当頑張った模様。
  • 例によって、否応なく野球部への入部手続きが済んでいる。因みに、彼女の入部届けは響が出した。
  • パワーBな上にパワーヒッター持ちな「まっちょちょん」。
  • バッターとしての方向性を模索した結果……流し打ちスキル持ちだが、割とプルヒッターに。
  • 長打か三振のどちらかになる傾向がある。また、暴走が原因の走塁ミスも時々。
  • 七年目秋の地方予選では、控えとしてベンチ入りし、地区大会ではレギュラーに昇格。
  • 七年目(23)、あずさが見つけた強肩スキルで、最後の枠が埋まった。
  • 七年目(24)、増設された枠に、天吏から明鏡止水を伝授された。
+ ネタバレ

八期生

  • 七年目からは、亜美(時々真美)と愛が『アイマス野球道ニュース』のコーナーを担当。
  • 六期生引退後の練習試合では、揃って成績が振るわなかったが、秋の地区予選では1勝すれば全国に行けるからとベンチ入り。
  • 八年目の文化祭は、部の店で、3人揃ってハンバーガーを食べている。
  • 亜美と真美は、練習メニューを交換しようと計画。
  • 八年目(16)からの、亜美と真美との次回予告は、非常にカオス。
+ ネタバレ

双海 亜美

投手・捕手 右投右打・オーバースロー
愛称 亜美ンゴ 双子B
応援歌 スタ→トスタ→/双海亜美・真美<MASTER ARTIST 06> 八年目(18)
ポジティブ!/双海亜美・真美<MASTER ARTIST 06> 八年目(24)~
エージェント夜を往く/双海亜美・真美<MASTERPIECE 04>
YOU往MY進!/双海亜美<MASTER ARTIST 2 -SECOND SEASON- 02> 九年目(15)~
CHANGE!!!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER(アニメ)> 九年目(17)
Colorful Days/765PRO ALLSTARS<MASTER SPECIAL 765>
relations/星井美希<MASTERWORK 02> 九年目(14)
The world is all one!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER 2> 九年目(20)
ビジョナリー/高槻やよい・双海真美・我那覇響・水瀬伊織・双海亜美<シャイニーフェスタ ファンキーノート> 十年目(4)
私たちはずっと…でしょう?/765PRO ALLSTARS<ANIM@TION MASTER 07>
+ 個人成績
  • 『アイマス野球道ニュース』は、真美と2人でコーナーを乗っ取ったり、失敗した千早と伊織の代役として出演させられたり……。
  • 2回程、相手投手として登板。因みに、応援歌は『スタ→トスタ→』。
  • 八期生アイドルとして765プロ学園に入学し、メタ担当となる。先輩風を吹かそうとするやよいを、「甘い」と断じた。
  • 入部時点で、シュートとフォークとスライダーを修得済み。スキル枠は、6つの内4つが埋まっている。消える魔球があるものの、投手なのに捕手リード持ち。
  • 「日比野派」らしい。氷室の事は、何を考えているか分らないので苦手らしい。氷室の悪口を言いすぎて、逆に日比野を怒らせた。その他、固定イベントでの出番が、真美より多い。
  • 八年目(18)に、先発で初登板。制球難故、結果は推して知るべし。
  • 八年目(24)で真美と交互に登板。散々な結果に、髪留めを『2』仕様に変更して決意表明するが、ノリはあまり変わらず。
  • 八年目(25)、渡とのバッテリーで、ようやくマトモな投球内容。春の全国では、ベンチ入りを果たせず。
+ ネタバレ

双海 真美

捕手・投手 右投右打
愛称 真美ンゴ 双子B
応援歌 スタ→トスタ→/双海亜美・真美<MASTER ARTIST 06> 八年目(18)~
エージェント夜を往く/双海亜美・真美<MASTERPIECE 04> 八年目(24)~
ジェミー/双海真美<MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08> 九年目(16)~
READY!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER(アニメ)> 九年目(17)
The world is all one!!/765PRO ALLSTARS<THE IDOLM@STER 2>
+ 個人成績
  • 『アイマス野球道ニュース』は、亜美と2人でコーナーを乗っ取ったり、失敗した千早と伊織の代役として出演させられたり……。
  • 八期生アイドルとして765プロ学園に入学し、メタ担当となる。先輩風を吹かすやよいに、本作の本質を「ボケとメタ」だと断言。
  • 固定イベントに於ける出番が、亜美より少ない。
  • 入部時点で、パラメーターはCばかり。スキル枠は、6つの内4つが埋まっている。捕手リードがあるものの、捕手なのに消える魔球とマウンド度胸スキルがある……っつーか、開花済みスキル4つ共、亜美と全く同じなんだが?
  • 投手としてのパラメーターは非公開だが、球種は亜美と同じくシュート、フォーク、スライダーの3種が確認されている。
  • 六期生引退後のPC査定では、亜美を差し置いて、八期生で唯一ベンチ入りを果たす(飽くまでPC査定だが)。
  • 八年目(18)に、中継ぎで初登板。制球難故、結果は亜美と大して変わらず。
  • 八年目(24)で亜美と交互に登板。散々な結果に、髪型を『2』仕様に変更して決意表明するが、ノリはあまり変わらず。
  • 八年目(25)、渡とのバッテリーで、ようやくマトモな投球内容。春の全国では、ベンチ入りを果たせず。
+ ネタバレ

日高 愛

三塁手 他 右投右打
愛称 愛ぽん、愛ぴょん 蟹O
応援歌 HELLO!!/日高愛、水谷絵理、秋月涼<DREAM SYMPHONY 00> 八年目(18)~
はなまる/日高愛<DREAM SYMPHONY 03> 八年目(24)
ハッピース/日高愛、水谷絵理、秋月涼<DREAM SYMPHONY 00> 九年目(15)~
ALIVE/日高愛<DREAM SYMPHONY 03> 九年目(16)~
+ 個人成績
  • 765プロ学園女子野球部入部までについては、その他の登場人物にて解説。
  • 876プロ学園野球部所属だったが、涼達の引退を機に、八年目(17)、補強選手として765プロ学園女子野球部に……やはり、亜美によって手続きは済んでいる。
  • 男子に混じって野球部の練習に参加していた為、補強選手として入部した時点で、三塁と外野を中心に割とどこでも守れるユーティリティプレーヤーだが、投手と捕手は亜美と真美から禁止されている。アッパースイングで悪球打ちな、パワーヒッター。
  • 八年目(18)、新入りでありながら、他の八期生を押しのけてスタメン入り。
  • 八期生の大声枠で、伝令には不向き。台詞がフキダシをはみ出す事も多い。
  • 名前が同じ安田の活躍が、嬉しい。
  • 八年目(24)での初本塁打等の活躍により、春の全国では八期生唯一のベンチ入り。
  • 八年目(27)、試合前に高津の目に留まり、必要パワーが13になった人間ころしを託され、安打を量産。
  • 八年目(28)、試合前に夢子を「……げる」等、人間ころしの副作用で闇に飲まれかけた。
+ ネタバレ

  • 愛称を書き加えてみました。動画中の公式設定以外に※でよく呼ばれる愛称も加えました。 -- 名無しさん (2008-09-22 09:08:08)
  • 3年生投手の成績を表組みにしました。成績は順次この形式にしていこうと思います。 -- 名無しさん (2008-09-24 14:42:18)
  • 校長はマイナスイベントを発生させるものの、教頭と違って野球部を敵視していないが…… -- 名無しさん (2008-11-20 03:36:06)
  • 遅くなりましたが1期生全員の形式を表組みにしました。投手にはWHIPの計算結果も加えてあります。 -- 名無しさん (2008-12-19 14:19:12)
  • 鉢上のサボリ属性は、三咲出現時、つまり二年目で全国出場をしていない場合は発動しないんじゃなかったでしたっけ。だからネタバレ扱いにすることもないかと -- 名無しさん (2008-12-20 00:08:55)
  • BHT追加 -- 黒字 (2009-01-13 21:26:27)
  • まとめてコピーすると原因不明に真っ白になる…大量の途中保存履歴ごめんなさい -- 名無しさん (2010-01-17 11:18:37)
  • だる子の編集途中で止まってしまいました…何故? -- 名無しさん (2010-01-17 11:41:03)
  • 「WHIP = (被安打 + 与四球)/投球回数」だと聞いたんだが、与四球の代わりに与四死球が入ってる……? -- 山城 (2011-01-20 00:29:40)
  • 容量が限界なので四期生以降を掲載するために3ページ目を作成しました -- 名無しさん (2011-03-09 16:23:39)
  • 申し訳ありませんが、全国大会の成績は、容量の関係で削除させていただきました。 -- 山城 (2012-02-04 19:48:34)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。