作品別用語集 - iM@S vs 日本プロ野球


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■パワプロ iM@S vs 日本プロ野球シリーズ - 『実況パワフルプロ野球15』

配信者は井川はるかP。

企画内容

現時点で、「THE iDOLM@STER」vs「日本プロ野球機構」という構図。
「日本プロ野球」側における選手起用法や、状況判断など、よりリアルな再現?を
目指している。
対して「THE iDOLM@STER」側は、応援チャントに各選手の「持ち歌」を使用したり、
試合中に選手同士が「音声」にて声をかけあう場面を設け、団結力を演出している。
(ときどきコントのようなやりとりがある)

ナムコエンジェルス

765プロのアイドル+PSPソフト「THE iDOLM@STER SP」から登場の961プロの
アイドル+事務員(苦笑)が活躍するチーム。
1/12に配信された「星野JAPAN vs アイドルマスター」がデビュー戦。

以下に掲載するのはスターティングメンバー。背番号はポジション番号。
二遊間に双海姉妹(息のあったプレーを意識?)や、運動神経抜群の真がセンター、
中の人が力持ちなやよいがライトと、キャラの適材をリアルに野球に当てはめ作成している。
1、2番で出塁し、クリーンナップの長打で返すというオーソドックスな打撃陣。
打順 守備 投/打 登録名 打率 本塁打 背番号 備考
1 (中) 右/左 菊地真 .382 13 8 イチローを意識?打撃陣で一番期待ができるバッター。岩鬼。
2 (左) 右/右 萩原雪歩 .329 2 7 右方向へのバッティングが得意。左殺し。
3 (一) 右/右 三浦あずさ .319 46 3 ナムコエンジェルス最強のパワーヒッター。dtpn打法。
4 (三) 右/右 天海春香 .299 55 5 広角に強い打球が打てる四番。三振、凡退かホームランという極端な活躍。
5 (捕) 右/左 秋月律子 .327 27 2 ナムコエンジェルスの頭脳。真の次くらいに打撃貢献度が高い。
6 (DH) 右/左 音無小鳥 .273 31 0 バントもするチームプレーヤー。口癖「おまえの技は見切った」
7 (二) 右/右 双海真美 .302 16 4 打撃で地味にいい仕事をする。守備の貢献度は高い。
8 (右) 右/右 高槻やよい .267 25 9 強振多様の傾向で左投手が得意。うっう~と鳴くよ!
9 (遊) 右/左 双海亜美 .310 7 6 バントや、広い範囲の守備網で貢献。とかちつくちて。

打撃陣は765プロのアイドル+事務員に対し、投手陣は765プロと961プロのアイドルで構成されている。
全てのアイドルにオリジナル変化球(または、オリジナルストレート)があり、総じてエグいものになっている。
登録名 背番号 利き腕 防御率 球速 球種
如月千早 1 1.16 151km/h カーブ、スライダー、アオイトリ
水瀬伊織 18 1.74 143km/h スライダー、シュート、チェンジアップ、フタリノキオク
星井美希 10 1.65 154km/h スライダー、シュート、ミッシングムーン
四条貴音 19 1.88 142km/h スライダー、シュート、チェンジアップ、ワンダリングスター
我那覇響 11 1.17 161km/h スライダー、シュート、フォーク
覚醒美希 10 1.75 156km/h カーブ、スライダー、relations
※各オリジナル変化球については後述の「オリジナル変化球」でまとめ。

オリジナル変化球

ナムコエンジェルスの投手陣に付与されているチートまがいのエグい変化球。
それぞれキャラの性格にあった変化球に、持ち歌もしくは出演作品名が名づけられている。

如月千早:「アオイトリ」
シンカー系の変化球。シンカーという変化球自体がアンダースロー向きなせいか、
まるでツバメが低空飛行するような美しい放物線を描く。
特に左打者にはホームベースから外側に逃げていくため、捕らえるのは困難。

水瀬伊織:「フタリノキオク」
カーブ系の変化球。落差の大きいタテに割れるカーブ。
アイマスのどの野球作品をみても、伊織は変態カーブを使う宿命にある。
フタエノキワミにも見える。アーッ!!

星井美希:「ミッシングムーン」
パームの変化球。最大まで変化量があるのか、極端に山なりのボールになっている。
コンセプトは「人生を舐めきったボール」とのことで、これに討ち取られる打者は不憫。

我那覇響:「パーフェクトサン」
オリジナルストレート。ノビ5?時速161km/hが計測されている。
それ以上速度が出るかは不明。
ちなみに、現在の日本プロ野球機構で記録されている日本最速記録は162km/hで、
2008年に読売ジャイアンツのクルーン投手が記録している。

四条貴音:「ワンダリングスター」
カーブ系の変化球。「流星」の名に恥じない、左打者の内角高めから外角低めへ
対角線に曲がり落ちるボール。
高めのストライクゾーンから低めのボールゾーンへ逃げていくため、ゴロを打たせる
目的が垣間見える。

覚醒美希:「relations」
フォーク系の変化球。ミッシングムーンと違い、一見ストレートと見間違えるほど
速く落下するボール。落ち幅は非常に少なく、ストレートがおじぎするような感覚。


応援歌

sm4056839で公開されている、パワプロ用応援歌を使用しているとのこと。
響、貴音以外を除く、全てのアイドル+事務員にはMAからの曲がわりあてられている。

対戦チーム:星野JAPAN

2008年8月に開催された北京オリンピックに出場した、星野仙一監督率いるチーム。
「実況パワフルプロ野球15」で既存登録選手のダルビッシュ有や、青木宣親などの
スター選手で構成されている。
しかし配信者の井川はるかPの手によって、理解に苦しむ代打策や、継投策をするように
CPUリアクションを調整されている模様。

試合は全四試合。
岩瀬や川上を酷使する采配や、好投している涌井の打順で問答無用で代打を送るなど、
その理不尽さは北京で戦った選手達に同情を禁じえない。

対戦チーム:侍JAPAN(2009WBC日本代表)

2009年3月に開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場した、
野球日本代表チーム。
前回の星野JAPANとは違い、イチロー、松坂などのメジャーリーグ勢も加入。
国内タイトルホルダー選手に関しては再度選手能力に調整がされている模様。

試合は全二試合で、全て東京ドームで開催。
そのためか、非常にホームランが多い。

また、今回からOPとEDに紙芝居パートが追加している。

http://www.nicovideo.jp/watch/nm6506623


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。