武将別解説 - 三国編11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



は行

裴元紹(ハイゲンショウ)

出演作品:iM@S演義、iM@S演義 ゆきぽ伝、おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:iM@S演義、iM@S演義 ゆきぽ伝
    • 真担当Pの一人(もう一人は周倉)。周倉率いる黄巾残党の一派で、脳筋ハゲ軍団の一人。後に劉協と出会い、官軍に加わった。
    • 脳筋ではあるが性格はまとも。物わかりも良い頼れる漢…というよりハゲ。
    • ゆきぽ伝十二回、朝廷の使者として伊織と共に登場。視聴者からは一様に「お前かよ」とツッコミを入れられた。
    • iM@S演義・照明担当「黄巾野郎ハゲチーム」の一人(最終話のスタッフロールより)。
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 黄巾党の同志。ハゲ。あずさ達が来ても、張闓たちのようにハッスルせず比較的冷静で、地味ながら将として活躍中。

馬休(バキュウ)

出演作品:閣下で三国統一、三國夢想、中華無双iM@S
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 父・馬騰と共に天海軍に参加。量産型言うな。馬鉄からの呼び名は「休兄」。
    • 馬家の亜美真美ポジション。馬雲騄と真の胸の大きさを比較して真を怒らせ、逃げ出す。
  • 作品名:三國夢想
    • 真の弟。本来は馬休が次男、馬鉄が三男だが、ここでは双子設定。また妹の馬雲騄も二人の姉となっている。
    • 本作のマスコットキャラクター。○んと君やゆっくりになったことも。語尾が「よっ」「だよ」とかわいい。
    • 馬鉄との間にカテゴリーFじみた共感能力を有する。
    • 長安から洛陽への遷都の際、精力的に働いたため新しい力が宿り、社長の助けもあって、他者の考えを確実に察して効果的な支援ができる洞察力を身につけた。

馬謖(字:幼常)(バショク/ヨウジョウ)

出演作品:閣下で三国統一、美妓皇帝、中華争奪戦、後漢流離譚、三國夢想、春望之歌
俗称:登山家
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 劉備軍。梓潼で張飛の参軍だったが、残念ながら定石と机上の空論の理屈倒れの馬謖の方だった。逆に張飛の予測の方が全部的中することに。
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい軍に合流。ナルシストで馴れ馴れしく一言も二言も余計な発言をする、かなりのウザキャラ。おまえは山に登ってろ!
    • やよいとの初対面時のかくれんぼでは「白眉」の偽名を名乗っていた。これはもともと馬良の別名。どう見ても名前負けです。本当に(ry
    • 一応馬謖の名誉のために補足しておくと、誰かの補佐や、より有能な人間が手綱を握っていられる状況では、馬謖はかなり有能な部類に入る。孔明の活用法が間違っていたという説もあり。なお、三國志11においては、レア特技「百出」所持というだけで十二分に一軍を任せられる強さであり、その特技はさっそく漢中の貂蝉軍に向けて火を噴くことになる。
  • 作品名:中華争奪戦
    • 小早川ちぬと雪歩の隊に配属されてきた、まともな馬謖。
    • 荷物持ち(大量のお茶)をさせられた上、ちぬのお茶で中毒に。
    • 孫呉攻略ではカバッハーン=ザ=ライトニングを隊の中核に据えた、攻城殲滅輸送部隊『ライトニング』を率いて活躍する。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 真たちが入っている露天風呂を覗こうとしてとんでもない目に遭う。ちなみに雪歩派。
  • 作品名:三國夢想
    • 雪歩に「謖兄さま」と呼ばれている。
    • 中華中の山を登り続けている男であり、屋外炊飯のプロ。長く山に登っていないと禁断症状が出る。
  • 作品名:春望之歌
    • 諸葛亮の弟子だが師匠共々盛大にぶっ壊れている。美少女はおしっこしない派。

馬岱(バタイ)

出演作品:閣下で三国統一、iM@S演義、中華無双iM@S、美妓皇帝、中華争奪戦、三國夢想
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 馬騰らと天海軍に参加。馬超についで扱いされている。馬超の呼び方は「若」。名言も言う。
  • 作品名:iM@S演義
    • 第八十五回、漢中防衛に回ったばかちょー仮面こと馬超と戦う。そのときの名乗りはやはり「ここにいるぞ!」。馬超に「またお前か!」と突っ込まれた。
    • ばかちょー仮面の正体をあっさり見抜いた。
    • その後は官軍入りした様子。
  • 作品名:中華無双iM@S
    • 顔グラ、台詞共に小さい。
    • 常に「ここにいるぞ!」と存在を主張するが、いつも欠席者扱いされている。
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい編に登場。馬雲騄軍の中核スタッフ。奔放な雲騄に手を焼かされている。
    • 小鳥と馬超がお似合いとの雲騄の発言には首肯しかねた。
  • 作品名:中華争奪戦
    • 五斗米道軍に吸収されている。ランスの副官的立場で苦労している。
  • 作品名:三國夢想
    • 台詞が顔文字と「ここにいるぞ!」で成り立つ不思議ちゃんキャラ。
    • 何を話しているか、馬家(真含む)は全員わかる。アイドルでは美希、あずさが解読でき、春香だけがわからない。
    • 第15夜で社長に師事し那武弧山にて修行を行い、明鏡止水の境地に達した。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 馬家の苦労人。本来より能力が低いため活躍の場はやや少ないが「ぐだぐだで見てられない」馬超と千早のために、しばしば気を遣う役を担う。

馬忠(バチュウ)

出演作品:美妓皇帝
  • 作品名:美妓皇帝
    • あずさ軍のスタッフ。どんな時も万全に応えられるエージェント。新曲のセレクトと武将の捕獲に特に定評がある。
    • 有能だが、何故か胡散臭く「ふふふ・・・」と笑う。スーパーロボット大戦OGに登場する「イングラム=プリスケン」が似た台詞を使うため、彼を連想する視聴者も多かった。

馬忠(字:徳信)(バチュウ/トクシン)

出演作品:閣下で三国統一
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 劉備軍から天海軍へ加入した将。劉備軍が曹操に滅ぼされた後、他の将兵やあずさとともに、呂布と趙雲に保護されつつなんとか江州にたどり着いて天海軍に保護された。その際脚に傷を負い、あずさに肩を貸されている。
    • 性的な意味において、視聴者と思考がシンクロすることが多々あり、【ソウルブラザー馬忠】の称号を冠されている。
    • 傅僉か張嶷に突っ込みを入れられるのが常だが、張嶷が春香に告白されそうになった際は、逆にツッコミを入れている。

馬鉄(バテツ)

出演作品:閣下で三国統一、三國夢想
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 父・馬騰と共に天海軍に参加。量産型言うな。
    • 馬家の亜美真美ポジション。馬雲騄と真の胸の大きさを比較して真を怒らせ、逃げ出す。
  • 作品名:三國夢想
    • 真の弟。本来は馬休が次男、馬鉄が三男だが、ここでは双子設定。また妹の馬雲騄も二人の姉となっている。
    • 本作のマスコットキャラクター。○んと君やゆっくりになったことも。語尾が「よっ」「だよ」とかわいい。
    • 馬休との間にカテゴリーFじみた共感能力を有する。
    • 長安から洛陽への遷都の際、精力的に働いたため新しい力が宿り、社長の助けもあって、他者の考えを確実に察して効果的な支援ができる洞察力を身につけた。

馬超(字:孟起)(バチョウ/モウキ)

出演作品:閣下で三国統一、曹操P業、アイドルマスター律子伝、美妓皇帝、765プロ三国時代、iM@S演義、中華無双iM@S、真三国志、後漢流離譚、中華争奪戦、三國夢想、中学生太守はじめました、iM@s白馬将軍
俗称:ヴァモーキ、馬鹿超、ティン
  • 作品名:閣下で三国統一
    • さまざまな脳筋迷言を連発する、愛すべき馬鹿(別名:馬鹿超、超馬鹿)。口癖は「む」。サトラレ。
    • 馬鹿ではあるが、かなりの人気(?)を誇る武将の一人。天海六春将の一人で、春香から紅玉を与えられている。
  • 作品名:曹操P業
    • 董卓軍にいたが、篭城という愚策を犯す董卓に箴言しても、省みられることが無かった。
    • 長らく曹操軍からの登用を拒否していたが、やよいの泣き落としにより折れることに。アイドルに興味は無い。
    • やよいを苦手としていたが、父・馬騰に恋かもと指摘され、本当にやよいに恋したのかと思い悩むことに。
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい編に登場。武威のアイドル・馬雲騄の兄。
    • 小鳥をアイドルとしてスカウトしてきたが、その小鳥に求婚され付きまとわれて逃げ惑っている。
  • 作品名:765プロ三国時代
    • 無銭飲食が原因で高木社長一派に加わる。ファイナルタイガニックスペシャルの命名者。
    • 愛馬は「滅汰墓離津苦(メタボリック)号」。やっぱり大食らい。
  • 作品名:iM@S演義
    • 律子担当P。このポジションは律子伝の影響らしい。律子にベタ惚れ。馬カップル。
    • 第八十五回では美希がどこからか持ってきた「目出しの穴付きアイマスク」を装着、「ばかちょー仮面」として父の率いる涼州連合軍を向こうに、大太刀回りを見せた。
    • 普段は脳筋だが、戦いの際はとても頼りになる言動を見せる。
    • 良くも悪くも「快男児」、その一直線さ故か、馬カップルを冷やかす※は多々あれど、批判する※は稀少である。孫策曰く「清々しい馬鹿」。
    • 百八回では孫策こと「怪傑さくっと」と一騎討ちをする、珍妙な光景が繰り広げられた。名勝負なのに笑えてしまうのが恐ろしい。
    • 律子との別れは、さながら織姫と彦星伝説のような爽やかな別れになる。その格好良さは、まさに錦馬超。
    • 馬鹿じゃないよ、馬超だよ!
  • 作品名:後漢流離譚
    • 千早を可愛がる馬鹿キャラ揃いの一族の中で、唯一ストイックで冷たい雰囲気を持つ。一匹狼っぷりから「ツン馬超」との評価も。
    • 北方風味で「かっこいい馬超」「馬鹿じゃない馬超」とのコメントがつけられる。
    • ややネガティブで不安定な千早を家族として支える。戦闘においては「呂布の再来」(曹操)と呼ばれ、曹操軍本隊と猛将達を次々に蹴散らす。
    • 三倍の兵数で包囲しようが、猛将四人と一騎打ちしようが、たった一人で大軍に挑もうが、力押しでは結局曹操軍に屈しなかった。
  • 作品名:中華争奪戦
    • 劉備軍にいないため、大耳戦隊ゴコレンジャーの欠員扱い。なお趙雲によれば、ゴコブラックらしい(戦隊モノでブラック、というか所謂「黒騎士モード」の戦士は、追加メンバーだったり半ライバルだったりするパターンがあるからだと思われる)。
    • 第11話でまさかの合流。何故か最初からブラックの名乗りを知っており、史実では一度もあったことの無いゴコグリーンこと関羽とも打ち解けあった。
    • 必殺技名はJOJOの黒っぽい名前のスタンド全般。しかし亜美真美の必殺技のほうがかっこよかったらしい。
    • いつの間にか小早川ちぬに惚れていた。可憐で愛らしいかららしい。
  • 作品名:三國夢想
    • 夢の中の真の兄であり、もう一人の主人公。
    • ご多分に漏れず馬鹿キャラだが、一族のことにはマジメで妹である真を可愛がっている。
    • 父である馬騰が病を得た後は馬家の当主となった。また大将軍にも就任している(通称、大馬鹿将軍)。
    • 戦場での判断は賈詡を唸らせるものがあるが、平時の城内では風呂上りに全裸で徘徊するなど相変わらずの馬鹿っぷりを見せている。
    • 後に騎神から覇王へとランクアップ。でも毒のあるイナゴを喰ったりと本質は変わらない。
  • 作品名:中学生太守はじめました
    • 星井軍に奪われた天水のことを父に詰め寄るなど、登場時はなかなか格好よかったが、先の事と聞いて連想するのが「明日のおかず」というところで馬脚を現す。
    • 馬騰に「黙って見ていろ」と言われたら本当に黙って見ていた挙句、いつの間にか行方不明になっていた。
    • あずさのことをうっかりおばちゃんと呼んでしまったため、ボコボコにされトラウマを負う。一応星井軍には仕官。
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 董卓軍に吸収されていた。董卓が、軍師律子の相談を受けないまま晋陽を攻めさせたが敗北。
    • そのままあっさりと公孫瓚軍に降ってしまった。公孫越の配下に入る。公孫瓚から見た印象は、派手な奴。

馬騰(字:寿成)(バトウ/ジュセイ)

出演作品:閣下で三国統一、曹操P業、中華無双iM@S、三國夢想、中学生太守はじめました
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 董卓に滅ぼされ、一族で流浪していた。天海軍のすぐ側まで来ていたのに、馬超が戦に惚けていたため忘れ去られていた。
    • 一族郎党を引き連れて天海軍に参加。馬超を馬鹿息子認定する。
    • 後に西涼方面の司令官として、かつての故郷を奪還することができた。董卓に降っていた龐徳も取り戻している。
  • 作品名:曹操P業
    • 董卓軍に吸収されていた。戦場で真の性別を間違えたため一騎討ちで敗れる。
    • その後は熱狂的な真ファンとなり、曹操への拝謁もライブが終わらないと行かない(もっとも曹操自身がそれを認めているのだが)、真と並んで戦えば西涼騎兵は無敵になると言い放つなど自重しなくなった。
    • 息子の馬超に、好きなアイドルの一人もいないようでは一人前ではないと諭した。なお、やよいに馬超をけしかけたのもこの男。
  • 作品名:三國夢想
    • 夢の中での真の養父。戦場跡に一人残されていた真を引き取り、大切に育てた。かなり過保護。
    • 義兄弟ながら敵となった韓遂と戦うために軍を進めたが、その過程で偶発的に董卓と戦うことになり、献帝を奉戴して漢室を安んじるための戦いに身を投じることになる。
    • 韓遂との間には一言では言い表せない複雑なものがあったのだが、戦後また義兄弟に戻った。流石兄弟のようなやり取りをする。馬騰が兄者。
    • かなりの熱血漢。また大酒呑みで塩辛い物が好きなため、それが原因で高血圧で倒れることになった。
    • 家督を馬超に譲り、韓遂、司馬懿らと武威で静養していたが、馬超から洛陽遷都の責任者に任命され、徐々に復帰。
    • 蜀軍侵攻により長安防衛の指揮官となる。単独で河北戦線を抜け出してきた美希を、頭ごなしには叱らず言い聞かせるなど、やはり良い父親。
  • 作品名:中学生太守はじめました
    • 最初から馬超のことをバカ息子呼ばわり。何やら策があったようだが、馬雲騄が懸念したとおり「蛙の親も蛙」であっさりと滅亡。
    • 真の性別に最初から気づいていた。「あんなかわいい子が男の子のはずがない」らしい。
    • 敗戦後さっさと星井軍に降り、韓遂を呆れさせた。

馬良(字:季常)(バリョウ/キジョウ)

出演作品:閣下で三国統一、三國夢想
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 劉備軍の文官。劉備軍が曹操に滅ぼされた後、他の将兵やあずさとともに、呂布と趙雲に保護されつつなんとか江州にたどり着いて天海軍に保護された。
    • 関羽から天海軍なら信頼できると聞かされており、その縁から仕官することになる。
  • 作品名:三國夢想
    • 劉備軍の文官。雪歩の義兄にあたる。
    • 穏やかな人物だが雪歩のことになると人が変わり、雪歩が敗戦で蜀に捕らえられた際は鬼気迫る勢いで成都に押しかけた。
    • また、雪歩がはじめて家に来た時の話はとても長くなるらしい。

樊氏(ハンシ)

出演作品:美妓皇帝
  • 作品名:美妓皇帝
    • あずさ編に登場。桂陽のアイドル。夫の死により一時引退していたが復帰した。悪徳プロモーターの区星に食い物にされている。
    • 孫堅には、少数の熱心なファンはいるが、アイドルとしては旬を過ぎていると称された。
    • それでもなおアイドル活動にしがみついていたのは、どうしても未練が捨てきれないある理由があったのだが……。
    • あずさ軍に敗れ、引退する。引退公演はとても美しいものだったらしい。この一件は、美希を少しだけ成長させた。

潘璋(字:文珪)(ハンショウ/ブンケイ)

出演作品:iM@s白馬将軍
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 曹操軍の武官。城陽では董昭の策に従い、公孫瓚軍を山中に引きつけて戦ったが、袁紹の突撃に蹴散らされる。
    • 戦後、亜美真美のムフフな登用により公孫瓚軍に降る。

樊稠(ハンチョウ)

出演作品:閣下で三国統一
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 董卓軍、天水太守。馬雲騄に敗れ、馬家一門の強さに驚愕する。馬鹿一門ではない。
    • 戦後、華雄とともに天海軍に降る。ベテランらしく宴席では華雄と静かに語らっており、天海軍の強さは若い才能の多さだと語っている。

潘鳳(ハンポウ)

出演作品:iM@s白馬将軍
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 韓馥の武官だったが袁紹に吸収されていた。南皮攻め直前のやよいの工作により公孫瓚軍に寝返る。

費禕(字:文偉)(ヒイ/ブンイ)

出演作品:美妓皇帝、三國夢想
  • 作品名:美妓皇帝
    • あずさ軍のスタッフ。優れた技術と事務処理能力を持ち、各地を旅してその技術で人々を助けていた。
    • 孫魯班攻略のための衝車開発に携わっていたが、雪歩のお茶の違いを感じ取ったことで縁ができる。
    • 今までは臣下に請うても誰にも仕えなかったが、雪歩の気弱さをなおす目的で加入する。
    • ……が、すっかり過保護な父親のような存在になってしまった。雪歩がいないと気落ちする。またはヒィと鳴く。
  • 作品名:三國夢想
    • ふらりと上庸城に現れ、馬家の宛城攻略後に仕官。
    • スーパー文官ぶりを遺憾なく発揮し、馬超を書類攻めにした。
    • また酒豪でもあり、馬超と朝っぱらから呑み、夜になっても賈詡を捕まえて呑みまくっていた。
    • 馬超に会いに来た伊織を一目で気に入り、是非馬家に迎えてくれと真に頼み込んだ。

卑衍(ヒエン)

出演作品:おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 袁紹軍に仕官した武官だが、仕官早々とある理由で荒れている伊織に稽古で打ちのめされる。

糜氏(ビシ)

出演作品:美妓皇帝、iM@S演義、後漢流離譚
  • 作品名:美妓皇帝
    • 伊織編に登場。下邳のアイドルで伊織軍の最初の競争相手。豪商の娘ながら気取らない人物。
    • 落城後は伊織軍に移籍してアイドル活動を続ける。伊織軍のおかあさん的存在であり、傍若無人に振舞う伊織を優しく嗜める。
  • 作品名:iM@S演義
    • 関羽に同行し関所破り騒動に巻き込まれ、南蛮亭一行に絡まれる。
    • 総支配人によってあずさ共々人質にされてしまうが…。
  • 作品名:後漢流離譚
  • 長坂の戦いで負傷。趙雲に阿斗を託して井戸に身を投じる。

糜竺(字:子仲)(ビジク/シチュウ)

出演作品:美妓皇帝
  • 作品名:美妓皇帝
    • 伊織編に登場。下邳の豪商で糜氏の兄。敗戦後伊織軍に編入される。
    • 楼船と木獣の量産に私財を搾り取られ、一族郎党が路頭に迷うと呉質に泣きついた。

武安国(ブアンコク)

出演作品:曹操P業、半目倭人伝、iM@S演義、iM@s白馬将軍
  • 作品名:曹操P業
    • 春香を挑発し一騎打ちを挑み、閣下を覚醒させた張本人。敗北を喫した後は、「閣下ハトテモ素晴ラシイ方デス」と忠誠を誓っている。
  • 作品名:半目倭人伝
    • 「がー」としかしゃべれない。ルックスも相まって、まさに野人。
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 曹操配下の武官。山中なら身動きができないだろうと踏んで待ち構えていたが、やよいの突撃で大打撃をうけ、公孫瓚に撃退される。
    • 続く下邳では本陣前で待機中の所を袁紹に襲われ、待っているようでは勝利などおぼつかないと断じられてしまう。

傅嬰(フエイ)

出演作品:iM@s白馬将軍
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • なぜか曹操軍にいた。建業の戦いの後、やよいゾーン(Ver.リルラ リルハ)により公孫瓚軍に仕官。

傅僉(フセン)

出演作品:閣下で三国統一、後漢流離譚
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 劉備軍の将。馬忠と仲がいい。あずさに「~くん」づけで呼ばれるのは恥ずかしいらしい。
    • 劉備軍が曹操に滅ぼされた後、他の将兵やあずさとともに、呂布と趙雲に保護されつつなんとか江州にたどり着いて天海軍に保護された。真に肩を貸されている。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 初登場時はまだ九歳。周りの二世武将たちがそこはかとなく駄目人間な中で、聡明で素直な良い子。
    • 母の蘭花を長坂で亡くしているためか、母性本能豊富な美希を慕う。武芸のセンスは父以上。鉄扇使い。

傅士仁(字:君義)(フシジン/クンギ)

出演作品:おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 滕胤が登用して第二回南皮攻略戦から黄巾党入りしている。
    • あずさ派。南皮のライブで「あずさ殿ー、某にござるー、結婚(ry」をやらかしている。

傅彤(フトウ)

出演作品:後漢流離譚
  • 作品名:後漢流離譚
    • 通称「ふーちゃん」。劉備からアイドルのぷろでゅーさー(護衛役兼監視役)に指名される。美希を指導することが多いが、某終身名誉ハニーとは関係ない。
    • 名将ではないが忠烈無比の男。ちなみに息子の傅僉は「ふーくん」。
    • 赤壁の戦いでは、武力で大きく上を行く孫礼を一騎打ちで撃破。武力差が一騎打ちの結果に直結するⅨにおいて、金星と言える勝利を挙げる。劉備軍の官位では趙雲に次ぐ。
    • 劉備に厚い信頼を寄せられているが、アイドルだけでなく若手の将や二世武将グループも世話するなど苦労が絶えない。

文鴦(ブンオウ)

出演作品:美妓皇帝、三國夢想
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい編に登場。まだ年端もいかない子供。一人称はボク。
    • 貂蝉軍に所属し安定を守っていたが、敗戦後動きが格別だったということで、馬雲騄の元に連れてこられる。
    • アイドル騒ぎに興味はなかったが、父とはぐれており名を上げて父親に見つけてもらうために戦っていた。
    • その一本気な気質と家族思いを気に入った雲騄によりスタッフの一員に登用された。性格上、同じ年頃でも佐野美心とは反りが合わない。
    • 雲騄のことはお姉さんと呼んでいる。
  • 作品名:三國夢想
    • 司馬懿軍叩き上げの武将。熱血漢。真や春香よりも年下らしい(マイリストによると14・5歳とのこと)。
    • 真と、そして馬超との一騎討ちに破れ、武将としての道を迷う。
    • 司馬懿軍崩壊後は郭嘉に見出されて公孫瓚軍へ。女(律子)が軍事に携わっているのが気に入らないと断ったが、郭嘉に諭され律子の配下となる。
    • 律子のことは律ねーちゃんと呼んでいるようだ。

文欽(字:仲若)(ブンキン/チュウジャク)

出演作品:おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 高唐港付近で迷子になっていたあずさを桓範とともに発見し、送り届けるついでに黄巾党に仕官。
    • 愛想がない。人との付き合いが下手なのは史実通り。キョンを一騎討ちで倒し重症を負わせたため、ハルヒに恨まれている。
    • 諸葛誕と因縁があるらしく、日下部みさおの制止を無視し肉薄するが、本多忠勝に一蹴された。

文醜(ブンシュウ)

出演作品:曹操P業、iM@S演義、美妓皇帝、iM@s白馬将軍、おれ達、黄巾賊!、中華争奪戦、三國夢想
俗称:ブサメン
  • 作品名:iM@S演義
    • 百一回、春香(英布憑依)に退けられた顔良の「容易ならざる相手」との言葉を聞き、春香に挑みかかる。
    • 途中で英布の能力補正が切れながらも善戦した春香をギリギリのところで倒したが、救援に来た公孫越と徐庶に退けられる。
  • 作品名:美妓皇帝
    • 伊織編に登場。陳宮が発見したが、伊織が「身の丈八尺(266cm)、八十三斤(41.5~49.5kg)の兎の塑像を振り回し、額からの熱線で街を焼き払う」という噂を信じ、これを倒すため蔡琰軍へ参加する。
    • 合戦において伊織を捕らえるが、伊織を「いおりん」という名の影武者だと勘違いして解放する。
    • その後何故か公孫度軍におり、どさくさまぎれで捕らわれる。郭嘉に騙されて伊織軍入り。
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 南皮戦でやよいの隊に大打撃を負わされ、戦後やよいゾーンにより公孫瓚軍に降る。「戦働きにしか能が無い」が口癖な無骨だが素朴な武者。
    • 台詞を噛んだ千早に萌えを感じたり、許攸に挑発されたやよいをなだめたり、伊織を褒めて調子に乗らせたりとアイドルとの絡みが比較的多い。関羽や張飛らを差し置いて公孫瓚軍のスタメンになっているのは、仕官年数の差か。
    • これまでも基本的に千早ファンだったが、張遼が千早の「ふにゃ~」を熱く語った際に同調。同士となる。千早の生ふにゃ~を見て張遼と共に鼻血を流した。
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 袁紹軍の将軍。娘に猪々子がおり、顔良、文醜、斗詩、猪々子で『袁紹の二枚看板親子』と呼ばれている。
    • 南皮に飛ばされた伊織を拾い、袁紹軍での居場所を確保させるため武官としての教育を施した。粗野だが心根の優しいお父さん。
    • 南皮落城後、娘と共に捕らえられていた。あずさの説得と、伊織や斗詩とともにいる猪々子の笑顔によって黄巾党に参加することにした。
  • 作品名:中華争奪戦
    • 曹操軍に吸収されている。天水の城の守備隊だったが、亜美の攻城兵器であっさり陥落する。
  • 作品名:三國夢想
    • 伊織に文醜とセットで「顔醜」と呼ばれている。ボディビルダーで常に半裸。超兄貴のサムソンの方。
    • 貧乳派。真が胸囲が少ないと聞き一目見るため攻撃をしかけたが、残念ながら対面は叶わなかった。
    • 最終決戦時は伊織と袁紹を逃がすため、顔良と二人がかりで真に挑んだが退けられる。袁紹の助命を受け、馬家入りしている。

文聘(字:仲業)(ブンペイ/チュウギョウ)

出演作品:閣下で三国統一、美妓皇帝
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 律子と並ぶ劉表第一の忠臣だが、蔡瑁にはそれを疎ましく思われていた。
    • 天海軍との戦いで、張遼にまさかの瞬殺負けを喫する。
  • 作品名:美妓皇帝
    • あずさ編に登場。黄月英軍のスタッフで、月英の会見要請を江夏に携えてきた。道すがら、雪歩に月英の人となりを説明する。

卞喜(ベンキ)

出演作品:おれ達、黄巾賊!
俗称:便器
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 黄巾党の同志。生真面目で丁寧口調。程遠志が酔い潰れると、彼か管亥が引き取りにいく。酒は弱い。
    • 程遠志とともにあずさを発見し保護した。あずさを見て可憐だと恋をし、弩兵の訓練に精を出すようになった。
    • 戦場での活躍は少ないが、張角の第二秘書的な役割を務めることが多い。

方悦(ホウエツ)

出演作品:おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • ティアナの勧誘により黄巾党に仕官。南皮攻めの際、彼が一騎討ちで呂翔を殺したことが呂曠暴走の引き金になっている。
    • その後も戦闘シーンで顔を見ない回はないほど活躍していたが、紙芝居の出番は遅く第22話官渡ルートまで待たなくてはならなかった。
    • 突出した曹操を狙撃、これを庇った曹昴を戦死させている。曹昴は敵将を恨むなと言い遺しているが、後に曹操に手向けとして狙撃し返された。
    • 自信過剰で自らを名将と称する。また、自分の逞しい肉体に自信があるようだ。

龐会(ホウカイ)

出演作品:三國夢想
  • 作品名:三國夢想
    • 龐徳の息子で馬家の将。まっこまこにされており、真と長期間会えないと真様分が不足して元気がなくなる。
    • 投石部隊を担当。胡奮・馬鈞らとともに「攻城野郎Aチーム」を結成しており、ガンナー役を務めている。
    • 回想では、一年前の真の誕生日の時点で、既に重度の真ファンであった。

逢紀(字:元図)(ホウキ/ゲント)

出演作品:iM@s白馬将軍、おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:iM@s白馬将軍
    • 袁紹の文官。韓馥を騙して鄴を奪い取る案は彼も思いついていたが、一足早く田豊が進言したため恨んでいた。
    • 亜美真美におちょくられている、典型的な小物。ぎゃふんと言わせてやる→ぎゃふん、はお約束。
    • 袁紹軍滅亡後に曹操軍へ。下邳で真美と再会、捕らわれる。亜美に靴に画鋲を入れると脅され、公孫瓚軍に降った。
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 袁紹の文官。田豊と仲が悪いが、意外にも田豊を認めており理想論の田豊に対して正論をぶつける。
    • 戦後、黄巾党に降っている。幽州を制圧した異界人の軍攻めを考えたが、許攸に反対されている。
    • 元袁紹軍幕僚団のまとめ役的ポジションで、要所要所で活躍している。天和ファン。
    • 北海の海戦では孫礼に、投降者には数え役萬☆姉妹with765プロの特別ライブチケット及び限定グッズを提供すると喧伝させるなど、いい感じで壊れている。

法正(字:孝直)(ホウセイ/コウチョク)

出演作品:閣下で三国統一、その時貧乳が動いた、美妓皇帝、iM@S演義、765プロ三国時代、真三国志、ポケモン春香ブラック、中華争奪戦、後漢流離譚、三國夢想
俗称:腹黒軍師、インテリヤクザ
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 色々と真っ黒な性格。口も悪いが「根はそんなに悪くない」(張松談)との事。
    • 畏怖をこめて視聴者から「ヤクザ」「インテリ893」「驚きの黒さ」と称される。美希にはM字ハゲ呼ばわりされたことも。
    • 春香とはとても馬が合うらしく、その智謀から信頼も厚い。諸葛亮加入後も正軍師の座は譲らなかった。
    • 天海六春将の一人。春香から論語を与えられている。
    • 姜維の師匠格でもあり、何かと彼をしごいて(しばいて?)いる。
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい軍のスタッフ。やっぱり真っ黒。平素でも含んだ物言いをするが、アイドルのライブ(戦闘)が始まると全く自重しなくなり、魏延に「どこの悪人だよ!」「こいつこえーよ」と言わしめている。
    • かと思えば、無謀にも夏侯淵に一騎討ちを挑んだり(当然、あっさりと跳ね返されている。法正曰く「俺は仕込み担当なんだよ!」)、魏延にやよいを「我が愛しの姫」呼ばわりさせようとしたりするなど。自重しなさすぎにも程があります。
  • 作品名:iM@S演義
    • 陽平関から救援を求めてきた律子の説得で、救援部隊として来訪。
    • 義理堅く、きれいな法正と呼ばれるほど。
  • 作品名:ポケモン春香ブラック
    • なぜか人物紹介のおまけパートで唐突に登場。
    • ペンネーム「グーグル先生」として、小説版ポケモンが2巻までしかない事実を公表。
    • その後、オハイオ州のGoogleデータセンターから、オーキドPにこれでもかと現実を突きつける。
  • 作品名:中華争奪戦
    • 曹操軍に属していたが、これは劉備たちがなかなか助けに来なかったため。
    • 今更のように関羽たちに撃破されて救出?された。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 通称腹黒。復讐帳を九十九冊もつけている筋金入りの黒さ。
    • 南蛮の反乱を契機に、劉備軍を入蜀させようと計画する。
  • 作品名:三國夢想
    • 蜀の将。張松、孟達と計って蜀軍を対馬家、漢中侵攻の機運へと傾けた。
    • 千早を総大将として立てたのも策の一環であり、利用し尽くそうと考えている。
    • 完全に真っ黒なダーティキャラ。当初は千早の名声と歌すらも、戦の道具としてしか見ていなかった。

龐統(字:士元)(ホウトウ/シゲン)

出演作品:閣下で三国統一、曹操P業、美妓皇帝、iM@S演義、後漢流離譚
俗称:鳳雛先生、フェニックス
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 劉備軍の二枚看板軍師。江州の戦いでの関羽の参軍。姜維が相手と知り苦戦を覚悟する。
    • 姜維に集中しすぎたせいで、美希の伏兵に気付かず挟撃を受けるというドラマチックな敗れ方をした。
  • 作品名:曹操P業
    • 「流れ矢が頭に刺さってから冴えるようになった」という設定で、顔グラも矢が刺さった状態になっている。
    • 言動がいちいち聖闘士○矢チック。ついたあだ名が「フェニックス」。
  • 作品名:美妓皇帝
    • やよい軍へ加入する。軽い口調で皮肉も言うが、その発言はすべて的を射ているスーパー軍師ぶりはここでも健在。
    • やよいと初対面時に彼女を観察すべくかくれんぼを持ちかけた。その時は「単福」の偽名を名乗っていた。これはもともと徐庶の別名。
  • 作品名:iM@S演義
    • 八十二回、当陽の県令として登場。黄忠の紹介でやってきた伊織がその元を訪れる。
    • 初登場時の態度は孔明に負けず劣らずひどいもので、昼間から飲んだくれていた。
    • しかし、伊織が訪れる数日前に、やよい達もまた彼の元を訪れていた。伊織と共に後を追って同行する。
    • 「崖に巣を張る鳥が一斉に飛び立った」ことから屋敷の方で何かが起きたことを一瞬にして察し、伏兵を的確に伏せてやよい達のピンチを救う活躍を見せたスーパー軍師。
    • 畑仕事ばかりして仕官しない孔明に突っ込むが、飲んだくれて仕事をろくにしないことを孔明に突っ込まれる。それは言わない約束らしい。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 県令騒ぎの後、張飛と真の推挙で劉備軍の軍師として迎えられる。真たちに兵法教室を開いている。
    • 現代への帰還には歴史改変を避ける必要があるため、その最期を知る真は苦悩する。

龐徳(字:令明)(ホウトク/レイメイ)

出演作品:閣下で三国統一、三國夢想、中学生太守はじめました
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 董卓に滅ぼされた武威で、太守の牛輔に従っていた。戦後、馬騰から勧誘を受け、天海軍に降る。
  • 作品名:三國夢想
    • 某ハートマン軍曹ばりの鬼軍人。馬家二代に仕える先任下士官。真の師匠でもある。
    • 「馬軍の総大将は騎兵を率いるべし」という信条の持ち主で、騎兵の扱いが下手な春香にも強引に騎兵を貸し与えた。
    • 真に慕われているが、いつの間にか熱狂的なあずさファンになっており真を嫉妬させる。
  • 作品名:中学生太守はじめました
    • 韓遂に続いて真の性別を間違える。夏侯淵を馬鹿にしたため怒った真に一騎討ちを挑まれるが、これを退けた。
    • 一騎討ち中に真が女であると気づき、ボクっ娘が好きであることが判明した。駄目だこの馬騰軍。

鮑隆(ホウリュウ)

出演作品:閣下で三国統一、美妓皇帝、後漢流離譚、三国動乱
俗称:あわびたかし
  • 作品名:閣下で三国統一
    • 趙範軍の警備担当。趙範とは長い付き合いだが、臆病な趙範には呆れ気味。真面目な方。
  • 作品名:美妓皇帝
    • あずさ編に登場。孫尚香軍のスタッフ。あずさの「心攻」により尚香ファンが流れていってしまうのを見て戦慄する。
  • 作品名:後漢流離譚
    • 桂陽の将として登場。真の将器に惹かれ、叛乱騒ぎの最中に帰順。後に真の副将となる。
  • 作品名:三国動乱
    • 趙範軍では軍を統率している。兵数が少ない中、逆転を賭けて春香の義妹になった美希を捕縛する計画を立てるなど真っ当で真面目なため、視聴者からかっこ良く見えるとの声も上がった。
    • だが、陳応を討ち取った美希に連続して打ち敗られた。

木鹿大王(ボウロクダイオウ)

出演作品:中華争奪戦、おれ達、黄巾賊!
  • 作品名:中華争奪戦
    • 孟獲軍の将だが、毛利一家が加わってからすっかりガラが悪くなり、どこぞのヤンキー漫画のような喋り方をする。
  • 作品名:おれ達、黄巾賊!
    • 春閣下軍。春閣下よりマナの手ほどきを受け、緑のウィザードとして覚醒。春閣下の一番弟子となる。
    • 配下は獣やワーム、獣人軍団。構成は緑赤ステロイド。主なスペルは《踏み荒らし/Overrun(ODY)》。
    • 呂曠の怨念の籠る死体から、《怨恨/Rancor(ULG)》を精製したため、今後は緑ストンピィに転向する可能性がある。



  • 半目の武安国はボキャブラ豊富だぞ!>が? が! がー! -- 名無しさん (2008-06-29 12:04:50)

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。