作品別用語集 - 蒼海の歌姫或は千早の航海日誌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ 蒼海の歌姫或は千早の航海日誌


「あの大戦において、唯一私を心の底から怯えさせたもの、
 それはUボートの襲撃だった」
    ――― ウインストン・チャーチル「第二次大戦回顧録」

第二次大戦期のドイツ海軍で勇名を馳せた潜水艦「Uボート」をシミュレートしたゲーム
Silent Hunter 3 とのコラボレーション。製作はデーニッツP。


登場人物

U-765クルー

如月千早

  • U-765艦長(中尉)。U-765が初の艦長任務であり、それ以前の実績はなかった。
  • デーニッツとも親交のある高木社長の愛弟子と言うことで、着任当初から期待は高かった。
  • 就任後は着実に、と言うより過激に戦果を挙げ続け、評価はうなぎ登りに高まっている。
  • ダンケルク海戦での功績が認められ、騎士十字章に叙せられたが、本人はあまり勲章に拘りはない模様。
  • 有能かつ判断力に優れ、果断に作戦を遂行する実務派だが、 ブチ切れると春香と一緒に暴れまくる
  • 「はるちは」ツインアタックモードは、誰にも止められない。 ドーバーの惨劇 参照。
+ ネタバレ注意

天海春香

  • U-765先任士官・副長(少尉)
  • 「どんがらがっしゃーん」は相変わらず。緊急時には絶対転ばないのも相変わらず。
  • 士官として有能ではあるようだが、方向性が多少明後日の方向を向いている。
  • 千早に対する愛情は単なる友情を超えた領域に達しているように見受けられる。
  • 千早が仮眠中に、目標攻撃艦と遭遇したが、艦長で有る千早を起こさずに 独断で攻撃を強行 した。
    • その際の目は明らかに「閣下」モードであったことは言うまでもない。
  • とても楽しそうに次々と艦艇の土手っ腹に魚雷をぶち当てて行く様は、 狼を通り越して悪鬼 である。

萩原雪歩

  • U-765機関長(少尉)。エンジンのスペシャリスト。
  • 先任クルーから「昼間に機関室で女の幽霊が出る」と言う噂が出たが、その正体は雪歩。
  • 男性恐怖症は「以前より改善されている」らしい(千早・談)
  • 「適度に狭くて暗い」機関室は雪歩にとって安らぎの空間とのこと。穴掘るんじゃねぇぞ!?
  • さらにディーゼル・ジャンキーを発症していることが発覚。 俺の雪歩が機関室に染まって行く (涙目)
+ ネタバレ注意

菊地真

  • U-765水雷長(少尉)。早速他の水雷班員をまっこまこにしている模様。
  • 兵曹長には少年兵だと思われていた、と言うのはお約束。
  • 周囲の人間に影響されてますます逞しくなりつつある。環境が人を育てる良い見本。
+ ネタバレ注意

秋月律子

  • U-765航海長・一等航海士(少尉)。その管理能力の高さから、航続距離の伸びるVIIB型の航海長としては打って付けとされた。
  • 堅実な仕事ぶりでクルーをまとめる、いわば「どこに行っても ツッコミ役
+ ネタバレ注意

音無小鳥

  • U-765通信・水測長(上級曹長)。「小鳥イヤーは地獄耳」の異名を持つ。
  • その能力は非凡なのだが、妄想力は非凡を超えて既にドボンの領域。
  • 妄想モードに突入すると名前の表記が「ダメ無小鳥」になっていることがある。
  • 「独逸医学を敗北」させたこともある。
  • 部下のヒンリヒも諦めムードが漂っているほどである。
  • 艦内盗聴は娯楽の一つ。目下のターゲットは、はるちは。
+ ネタバレ注意

高槻やよい

  • U-765衛生兵(軍曹)
  • 「こんなかわいい軍曹見たことねえよ……」(兵曹長・談)
  • 挨拶した人間に「おれろりこんでいいや」と言わしめたU15世代最強兵器の予感。

オットー・ブライトナー

  • U-765兵曹長(上級曹長)
  • 「やんちゃな紳士の集まり」であるU-765クルーをまとめる苦労人。
  • 千早の力量については、着任時点より信頼を置いていた。

U-91クルー

三浦あずさ

  • U-91艦長(中尉)
  • 海軍学校時代、キールからハンブルクまでの練習航海でなぜか北極海に到達した伝説の人物。
  • もはやどうやって卒業したのかも謎の艦長。間違っても航海長にはさせられないはずで、出世経路は謎。

星井美希

  • U-91副長(少尉)
  • 絶好調にゆとり。例え任務中だろうとねむいものはねむいの。
  • 「おっきいのが1つに、ちっちゃいのがたくさん」←艦型識別の報告
  • そうかと思うと、ピンチの時にはしっかりするため、侮れない。もっとも、ピンチを作る要因になることもある。

双海亜美・真美

  • U-91の新クルーとして登場。階級は伍長。
  • 結果としてU-91の平均年齢をさらに引き下げることとなる。
  • 当然のことながら、航海長のストレスは引き上がることとなる。
  • 安心と実績のエージェントとかち 。最悪の状況も抜群のコンビネーションと演技力で突破を図る、常人を超えた神経の持ち主。

航海長

  • U-91の良心。
  • 伝説の方向音痴とぶっちぎりのゆとりに仕える、U-765兵曹長と別の意味の苦労人。
  • これで亜美真美も来たとなれば、もはやあずささんに癒されている場合ではない。
+ ネタバレ注意

ドイツ海軍

水瀬伊織

  • 開発局主任。魚雷の不発について突き上げを食らう日々が続いている。

イギリス海軍

黒井祟男

  • 初登場時は中佐。後にヴィクトリア十字勲章に叙せられ少将となる。
  • チャーチルの頭髪に壊滅的打撃を与えたことについては、英海軍で右に出る者はいない。

我那覇響

四条貴音

  • 二人とも黒井の直属の部下。上司のコトを少なからず疎んでいる模様。
  • ダンケルク海戦後に転属、ハンター・キラー部隊としてそれぞれの艦を持つようになった。

キーワード

テーレッテー<タグ>

  • だいたいこのタグが有る時、またはこの曲が掛かる時は、連合国にとってろくなことがない。
  • 場合によっては味方相手でもチャージされる。「タレイアの惨劇」参照。

ドーバーの惨劇

  • 英海軍・黒井中佐(当時)がBBCに出演中、U-765の艦長と副長を揃ってコケにしたところを、たまたまU-765艦長・副長に聴かれていたがために起きた。第三哨戒(第8,9話)参照。
    • ある意味でこの架空戦記の方向性を見出したトピックでもある。
  • なおこれと近い時期に「哨戒区域に目標がいない」と言う理由でリヴァプール港が鼠の艦長によって襲撃された。こちらは「リバプールの悪夢」と呼ばれる。おかげでチャーチル大噴火。

またまたチャーチル禿げる<タグ>

  • ドーバー港を直撃され、リバプール港も襲撃と散々な目に遭い続けるチャーチルの頭髪を嘆く様。
  • 暗黒王が壊れた時には別の意味で頭髪が喪われた。

薄狼<タグ>

  • 狼と綽名されるUボート乗りとして、千早に付けられた異名。
  • 読みは「ウルフ・ツルペッタン」らしい。強襲されっぞ。

ヴェーゼル☆演習☆作戦

  • おいレーダー、☆付けんなw
  • 史実でも「ヴェーゼル演習作戦」(ウェーゼルとも)であり、独海軍のノルウェー侵攻作戦のことを指す。

暗黒王が壊れた~<タグ>

  • 架空戦記とかAARでは大概ぶっ壊れてる「暗黒王」ジョージ6世が 別の意味で壊れた 記念。第15話参照。つーかいろいろひでぇw

ロリアンの痴劇<タグ>

  • 仏・ロリアンの喫茶「シャノワール」でU-765クルーが起こした騒動。第17話参照。

タレイアの惨劇<タグ>

  • スペイン・カディス港停泊中の独軍武装商船・タレイア号で起こった 顕微鏡レベルの騒乱 。第21話参照。
  • この一件で千早の昇進は見送られたが、ちーちゃんにはどうでも良いことであった。

ババア、後掃除よろ<タグ>

  • U-124よりU-91に送信された電文。第23話、および「大西洋の鼠」第19話参照。
  • 送信電文内容についてはU-124艦長の指示ではなく、通信兵(認識番号189番)の独断だった模様。
  • ババアが誰のことを指すのかは お察しください。 筆者は戦死公報を家族に受け取らせたくありません。


  • 「チャーチルますます禿げる」ではなく「またまたチャーチル禿げる」では? -- 名無しさん (2009-06-26 23:01:14)
  • ↑指摘thx。修正しますた -- 名無しさん (2009-06-26 23:13:50)
  • ババア、後掃除よろ… -- 名無しさん (2009-07-17 14:55:39)
  • ↑追加しますた -- 名無しさん (2009-07-17 22:58:55)
  • 鼠の艦長と三人トップエース(トップ・クレッチマー・プリーン)もよろ -- 名無しさん (2009-08-18 12:00:52)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。