アイドル - 三浦あずさ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  三浦 あずさ (20)
    Azusa Miura             C.V.:たかはし智秋
   身 長    168cm
   体 重    48kg
   誕生日    7月19日
   血液型    O型
   B-W-H    91-59-86
   趣 味    犬の散歩




主演

あずささんが馬主になったようです  (LotusP、WinningPost6 PK)

あずささんと律っちゃんがオーナーブリーダーに挑戦。
第9話からJRAメインレースの競馬予想も行なわれている。

+以下、ネタバレ有
新興牧場「うまどる牧場」のオーナー。
ややロマンチストな傾向があるものの、
初年度から現役トップクラスのウマドルファーストを所有するなど確かな相馬眼を持つ。
彼女曰く走る馬は独特のオーラを持っているとか。
また新米騎手の嵐三太夫にチャンスを与えるなど目先のことにとらわれない柔軟性も持っている。
当初は競馬に関して知識があまりなく特に目標を持っていなかったが、
いろんなホースマンと関わるうちに大きな志を抱くようになる。
なお、普段は穏やかな性格だがライバル馬主の鳳雅輝の挑発に切れたことがあり、
その際は鳳を泣かせ、引き篭もりに追いやった。


美妓皇帝  (ねももP、三国志11PK)

中原の地に今、アイドル旋風が吹き荒れていた!
アイドル達は3グループに分かれ、それぞれの物語が織り綴られていく。
あずさは春香・雪歩・美希と共に江夏の地で、活動を開始する。

+あずさ能力値
 ・能力 統率 71 武力 75 知力 43 政治 77 魅力 91 特技 心攻


あずさのぶらり三国一人旅  (温州蜜柑P、三国志10)

三国志10でプレイ動画中心の架空戦記。
……194年、三浦あずさ19歳。何故か三国で迷子になる。


三浦あずさ、婿を探す  (関暗黒P、三国志11)

ちょっと困っていたあずさは、関興君に相談に乗ってもらうことに。
「私の運命の人はどこかしら~?」


北方IM@S伝  (無罪P、三国志)

三国志の世界に北方謙三テイストを盛り込んだ架空戦記。熱く激しい乱世を
駆け抜けた男達が、特に熱くも激しくも無い乱世をゆるゆるとアイドル達と共に生きる。

建寧の君主、三浦あずさの下に異様な気配を持つ男がやってきた。


あずさの天下創世  (宗滴P、信長の野望 天下創世PK)

幼くして両親を目の前で殺されたあずさ。彼女を救ったのは越前朝倉氏繁栄の祖、朝倉宗滴だった。
+以下、ネタバレ有
朝倉宗滴の養女となり「朝倉あずさ」と名乗るようになる。
拾われて二年でようやく新しい家族を受け入れ笑顔を見せるようになったが、殺された両親に関する朝倉家重臣達の立ち話を耳にしてしまう・・・。

アイマス・ア・ライブ  (ストレイボウP、ライブ・ア・ライブ)

ファンへの還元企画にやってきたアイドル達と、そこで見つけた祠。
春香のどんがらがっしゃーんにより、壊れた祠から発生した孔に吸い込まれてしまう。

色んな時代に飛ばされたアイドル達の魂の行方は? そして悪神とは?

あずさは功夫編の主役として登場。
+以下、ネタバレ有
怒太分拳師範。心山拳老師役。
その身は既に病魔に蝕まれており、継承者を探すため山を下りる…が、迷子になるため降りられなかったらしい。
亜美・真美・雪歩の3人を弟子として抱えることとなり、3人に拳法を仕込んだが、不在中の義破門団の襲撃で亜美真美を喪う。
最後の一人になった雪歩に対し、究極奥義「旋牙連山拳」を仕込んだ後、義破門団に後を追ってきた雪歩と共に乗り込む。
雪歩がオディワン・リーを究極奥義「旋牙連山拳」で撃破する姿を見届けた後、自らも息を引き取った。
幕末編で世界に関する情報の一端が明らかになったが、功夫編で死亡したあずさを含む3人の現状は不明。


偶像の咆哮~ウォーシップM@STER~  (宇垣P、鋼鉄の咆哮) ※完結

時空間を捻じ曲げる超兵器を有する「帝国」により征服された暗黒世界に飛ばされた765プロの面々。
あずさと美希は「帝国」と戦う「第零遊撃部隊」に助けられ、仲間を探しながら超兵器と戦う。

+以下、ネタバレ有
主人公にして戦艦「ナムコ」艦長代理。
戦闘に関しては素人だが、『皆と元の世界に帰る』という目的のために諦めないその姿はアイドル・将兵問わず慕うものは数知れず。
操艦技能は壊滅的で取り舵と面舵を間違えるのは当たり前。

偶像少女探偵団 (むじなP、御神楽少女探偵団)

大正時代、三浦あずさという女探偵が世間に名を馳せていた。
本作は、三浦あずさとその3人の助手が、難事件に挑む物語である。

あずさは、原作に於ける御神楽時人ポジション。
三浦探偵事務所の所長で、人呼んで「帝都一の名探偵」。
四条ビルの二階に事務所が、三階に自宅がある。
助手達が集めた情報を基に、颯爽と現れて真相を明らかにするのが推理スタイル。
学習院高等科の卒業生で、実篤や志賀の後輩。
普段は、認知症を疑われてしまう程酷い天然ボケで、極度の方向音痴。
金銭感覚に疎く、温泉宿での散財で、事務所を度々財政難に陥れる。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。