武将別解説 - 世界史編6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




フィンランド

カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム

登場作品:春閣下で世界征服、小鳥さんの瑞西国防記
  • フィンランド陸軍元帥・フィンランド軍最高司令官・大統領。
  • 史実ではフィンランドの独立を守りぬいた救国の英雄。
  • 作品名:春閣下で世界征服
    • フィンランドがチェコスロヴァキアの攻撃を受けた時は、何故か本土ではなくオーランド諸島に配属されていた。
    • 結局彼の活躍の場の無いまま、哀れフィンランドはわずか1ヶ月でチェコに併合された。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • 冬戦争で対ソ戦の指揮を執り、観戦武官の美希の鋭さに感心する。



フランス

アルベール・サロー

登場作品:千早の第三帝国興亡記
  • 対独強硬派であるフランスの政治家で、ドイツの周辺国家の併合や軍備増強に反発してドイツとの早期戦争を望むがルブランに受け入れられなかった。
  • モズリーと接触し、彼の持ちかけた取引を受け入れて開戦に持ち込む。
  • しかし千早が開戦の条件であった領土要求を撤回していた為、表向きは「一政治家の独断」としてイギリスから支援を受けることができなかった。
  • フランス敗戦時に開戦の責任を取って自決。

アルベール・ルブラン

登場作品:春閣下で世界征服
  • フランス大統領にしてマジノ線隊マジノンジャー、メス・レッド。
  • ノリがとてつもなく軽いボケ担当。

アルフォンス・ジュアン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 第1機甲師団副師団長、准将。
  • 兵器生産枠を決定する軍事委員会の陸軍代表に真が選ばれた事を伝える。

アルフォンス・ジョルジュ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 北東方面軍司令官、大将。

アンドレ・ジャピー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 冒険家。
  • パリ~東京懸賞飛行に出場する前日にエリゼ宮で来賓の一人として雪歩と会う。
  • パリ~東京懸賞飛行では美希と同じコースを飛び、途中のチェックポイントで寝てしまう彼女を宿舎まで運んだりして彼女を気遣った。
  • 日本まで到達するも霧の為に脊振山(佐賀県)に墜落してしまうが、麓の脊振村民の迅速な救助と九州帝国大学病院(福岡県)の手厚い看護を受けることができたおかげで大事には至らなかった(当時の日本の新聞にも事故の事が書かれている)。
  • 退院後は自分を助けた村人の元を訪問したり、飛行機でヨーロッパを目指す飯沼や塚越にアドバイスを行ったりしている。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 作家で飛行家。愛称はサンテックス。著書『星の王子さま』が有名。
  • 飛行家としては美希の師匠。
  • スペイン内戦勃発後スペインに潜入するが、命からがら美希と共に帰国した。
  • 伯爵夫人頼りの生活らしく、美希のシムーンの代金が政府持ちじゃないことに参る。
  • 美希の誕生祝いとして、彼がフェミナ賞を受賞した時に友人のゲラン(調香師)が作った「Vol de Nuit(夜間飛行)」という名前の香水を贈る。

アンリ・ギヨメ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 冒険家、郵便飛行士。
  • メルモーズと共に美希のパリ東京懸賞飛行の為の機体を用意した。
  • ジャビー機と同じく、コードロン社のシムーンを長距離飛行用に改造。

アンリ・ジロー

登場作品:小鳥さんの瑞西国防記
  • フランス陸軍将官。
  • ダラディエの対独宥和政策に批判的。
  • ブランシャールにスイス防衛を命じ、英米が来るまではドイツに攻め込まないように釘を刺すが、ダラディエから攻勢の命令を受けてドイツに攻め込む。
  • ドイツ軍よりオカマのドゴールが怖い。
  • 美希からは「次郎さん」と呼ばれる。
  • 真に、ドゴールが襲ってきたら遠慮なく鳩尾にブローを叩き込む事を許可する。

アンリ・フィリップ・ペタン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記、千早の第三帝国興亡記、小鳥さんの瑞西国防記
  • フランス陸軍元帥。決して千早のことでは(ry
  • 彼の防御戦略提案で、マジノ線が建造された。
  • ナチスによりヴィシー政権の元首に据えられた人物。傀儡政権とも言われるが、彼が降伏しなければフランス全土が廃墟になっていたともいわれ、結果的にフランスを滅亡から救ったことは間違いない。
  • 作品名:雪歩の仏蘭西救国記
    • 雪歩がまともに会話できる男性の一人。ド・ゴールから話を聞いて、わざわざ様子を見にやってきた。
    • 765党のメンバーからしてみればいいお爺ちゃん。
    • 第2話にて駐スペイン大使を拝命。
  • 登場作品:千早の第三帝国興亡記
    • 敗戦に伴い、コンピエーニュの森で千早と休戦協定を締結する。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • スイス軍の捕虜になるが、絡んできたスイス兵の腕を折って収容所を移されたり、ド・ゴールの性癖をおちょくったりと全く自重しない老人。
    • フランス降伏後は春香に脅迫されてスイス軍に加わる。

イレーヌ・ジョリオ・キュリー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 科学相、原子物理学者で、キュリー夫人の娘でもある。
  • 亜美から「新型爆弾」を作るように言われるが、放射線は軽々しく扱えるものではなく、今のフランスに必要とは思えないと答える。

エドアール・ダラディエ

登場作品:春閣下で世界征服、雪歩の仏蘭西救国記、小鳥さんの瑞西国防記
  • 作品名:春閣下で世界征服
    • マジノ線隊マジノンジャー、ストラス・ブルー。
    • ツッコミ担当。メス・レッドことルブランに冷静勝つ辛辣なツッコミを浴びせる。
  • 作品名:雪歩の仏蘭西救国記
    • 急進社会党党首で副首相・国防省を務める。
    • 律子と共にマジノ線要塞延長に関して統合作戦本部で纏めた3つの案を解説する。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • フランス首相。
    • 対独宥和政策を取るが英米に疑問を抱き、ポーランドを制圧したドイツ軍をマジノ線だけで防げるか悩んでいたところに訪れたあずさの説得を受けて、攻勢に出る事を決意する。

エドゥアルト・ロスチャイルド

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • フランス銀行総裁。

エミール・モーリス・エルメス

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • デザイナー、エルメス3代目社長。
  • 真は以前、彼の店で乗馬靴を購入したらしい。
  • 真は去年発表したばかりの女性向けの鞄「サック・ア・クロア」を雪歩にプレゼントした。

ガストン・ルイ・ヴィトン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • デザイナー、ルイ・ヴィトン3代目社長。
  • 真と雪歩にキーポルと巾着(ノエ)を勧める。

ギイ・ロスチャイルド

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • パリ・ロスチャイルド家長男。

ココ・シャネル

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • デザイナー、シャネル社長。
  • 雪歩の誕生日プレゼントを探す真にLBD(リトル・ブラック・ドレス)を勧める。

ジャック・マシュ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 第1機甲師団参謀、中尉。

シャルル・ドゥレストラン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 陸軍少将、第2機甲師団長、憲兵総監代理。
  • 退役間近であったが、ムーランやド・ゴールに頼まれて憲兵総監を引き受ける。

シャルル・ド・ゴール

登場作品:春閣下で世界征服、雪歩の仏蘭西救国記、小鳥さんの瑞西国防記
  • 史実では後にフランス第五共和制の大統領にもなった偉人。
  • 作品名:春閣下で世界征服
    • ミュルーズに立てこもり、補給を断たれる中籠城戦をするが、2日で敗北した。
    • マジノ線隊マジノンジャー、ミュルーズ・イエロー。捕まりそうになったところで煙に包まれ、消えていた。どこに行ったのかは謎。
  • 作品名:雪歩の仏蘭西救国記
    • フランス陸軍大佐。第4機甲師団師団長。グデーリアン発案の電撃作戦に大敗を喫する。
    • 戦車の集中運用を訴える姿勢に関しては、機動戦術のエキスパートであるグデーリアンも一目置く人物。
    • 会議の内容で落ち込んでいるであろう雪歩に対しての気配りを忘れない、なかなかできた人物。
    • 真に誕生日プレゼントとして、クラウゼヴィッツやジョミニが著した軍事理論の書を送る。受け取り拒否されたが、律子に貰われていった。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • 真性のオカマで、ジローに「作者はドゴール派に消されるな」と思わせる。
      • 顔がオカマっぽいのでそういう設定にしたらしい。
      • オカマではあるが、ホモではなくバイセクシャル。
    • 真を男の子と思ってセクハラをしたところ女の子だと知るが、「お嫁に行けない」と泣く真を見てキュンとし、「誘っているのね」と更に襲い掛かったところで、ジローのリバーブローを受けてノックアウト。
    • フランス降伏後は春香に過去の行為で脅迫されてスイス軍に加わる。

シャルル・モーラス

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 王党派の一人。社長とも面識がある様子。
  • 反共和主義・反ユダヤ主義の極右団体・アクシオン・フランセーズの中心人物。ミッテランは既にこの組織とは関係ない。
  • 左派の強いフランス内では嫌われ者だが、アイドル達には期待している様子である。

ジャン・マリー・アブリアル

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 大西洋艦隊司令官、少将。
  • 軍需相の伊織が苦手(如月嬢が軍需相なら喜んで出席しますが・・・)。

ジャン・ムーラン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 内務省次官。
  • ピエール・コットがいる社会党に入ろうか迷ったが、やよいの誘いを受けて765党に入る。
  • やよいや雪歩の先生役でもある。
  • 真達の活動の手助けとして、ハイドリヒ達をパリ万博に招く。

ジャン・メルモーズ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 冒険家、郵便飛行士。
  • ギヨメと共に美希のパリ東京懸賞飛行の為の機体を用意した。
  • 費用は後で765党に請求するらしい。

ジャン・モネ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • フランスの実業家。史実通りに国際連盟の事務次長も務めた。
  • 伊織の下僕扱いされている。

ジョルジュ・ポンピドゥー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • リセ・アンリ4世校で文学教師、ロートシルト(ロスチャイルド)家で家庭教師を務めていたが、高木社長の紹介で内閣官房長官に就任する。
  • 第二次大戦後ド・ゴール大統領の下で首相を務めた後、フランス第五共和制の大統領を務める。彼が計画を発案した総合文化施設が「ポンピドゥー・センター」と名付けられた。

ダスティエ・ド・ラ・ヴィジュリー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 空軍准将、第1航空師団参謀。
  • コードロン社から請求された、美希のシムーンの請求書を小鳥に渡す。
  • 兵器生産枠を決定する軍事委員会では堅実な案を出して伊織に褒められるが、「美希に任せたら迎撃機10個師団(航空経済)とか言い出しそうだから日本滞在中で良かった」と思う。

ティエリ・ダルジャンルー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 地中海艦隊参謀、大尉。
  • あずさの副官を務めるが、方向音痴な彼女の為に色々苦労している。

パブロ・ピカソ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 芸術家。
  • パリ万博において「ゲルニカ」を作成する。

ピエール・クロステルマン

登場作品:千早の第三帝国興亡記
  • フランス空軍パイロット。
  • 近くまで攻めてきたドイツ軍と戦おうとするが、整備班長の説得を受けてMB.152でイギリスに脱出。

ピエール・コット

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • フランス航空大臣。
  • マジノ線の延長問題に関しては、空軍の増強を考えればA案(要塞LV5程度の薄い要塞線を建設)を支持したかったがブルム党首の意見を尊重してB案を支持した。
  • 雪歩と共に神風号を迎えるが、人が一杯でなかなか近づけなかった。

フィリップ・オートクロク

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 第1機甲師団参謀、大尉。

フィリップ・ルクレール

登場作品:千早の第三帝国興亡記
  • フランス陸軍士官。
  • シャンゼリゼ通りで、パリに入場したドイツ軍の行進を泣きながら見守る市民(スンスンおじさん)に「泣かないでください」と声を掛ける。

フランソワ・ダルラン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記、小鳥さんの瑞西国防記
  • フランス海軍総司令官、大将。
  • 作品名:雪歩の仏蘭西救国記
    • 兵器生産枠を決定する軍事委員会にあずさを自分の代理として出席させる。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • ダラディエの対独宥和政策に批判的。

フランソワ・ミッテラン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 雪歩の補佐をする秘書官として登場。社長のスカウトで765党入りした。
  • フランス王党派で、かつては極右活動家だった。アイドル達に迷惑をかけないため、その事実を隠してジャック・モーランの偽名を名乗っている。しかし、高木社長には素性がばれていた。
  • ド・ゴールと並び称される、フランス第五共和制の大統領を務めた偉人。戦後の大統領では、ド・ゴールに次ぐ評価をフランス国民から受けている。

フレデリック・ジョリオ・キュリー

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 科学省次官、原子物理学者で、イレーヌ・ジョリオ・キュリーの夫。
  • 「新型爆弾」を作ってと駄々をこねる亜美に、放射能を伴う研究が危険なことを説明する為にキュリー夫人が白血病で命を落としたことを話す。イレーヌは困惑したが、亜美を止める事ができた。

マキシム・ウェイガン

登場作品:小鳥さんの瑞西国防記
  • フランス陸軍大将。
  • フランス降伏後は春香に過去の行為で脅迫されてスイス軍に加わる。

マルク・シャガール

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 芸術家。
  • ピカソのゲルニカを「グロテスクな落書き」と評する。
  • 毒舌家であるがピカソの友人でもある。

マルセル・ジャンスール

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 英仏海峡艦隊司令官、少将。
  • 軍需相の伊織が苦手(あの声で怒鳴られたら入院確実だからね)。

マルセル・ブロック

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 航空技術者、マルセル・ブロック社社長。
  • 「ジェット機が欲しい」と言う伊織に「10年後くらいなら考えても良いですよ」と答える。
  • 伊織にあやかってマルセル・ダッソー(凸撃)に改名していた。
  • 新型機ミラージュ(幻影)のプロトタイプをやよいに進呈し、伊織にはラファール(凸風)を設計しようと持ちかける。

モーリス・ガムラン

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記、小鳥さんの瑞西国防記
  • 陸軍総司令官、大将。
  • 作品名:雪歩の仏蘭西救国記
    • 頭痛が酷い為(恐らく梅毒によるもの)、兵器生産枠を決定する軍事委員会に代理を立ててもらうよう律子達に頼む。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • 梅毒が進んでいるらしく、フランス陸軍は他に人材がいないのかと思わせるほど、色々と手遅れ。

モーリス・ブランシャール

登場作品:小鳥さんの瑞西国防記
  • フランス陸軍将官。
  • スイス防衛軍司令官としてスイスに向かうが、ジローから「英米が来るまではドイツに攻め込むな」と釘を刺される。
  • やる気が無いらしく陸軍の春香への挨拶を部下に任せるが、たまたまぶつかった美希に基地の食堂で昼飯を奢らされる。
  • 軍の食堂に不似合いな、今の日本円で2000~15000円のメニューを大量に頼まれ食堂の皿洗いをさせられるが、楽しくなってしまったようだ。
  • 結局、命令を無視して美希と真を助ける為にドイツに攻め込んだ。
  • その後スイスとの戦いに敗れ春香からスイス軍に誘われ、他の将軍と違って過去の汚点は無かったが、スイスで作った借金の為にスイス軍に加わることになった。

ラトル・ド・タシニ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 統合参謀総長副官、陸軍准将。
  • 兵器生産枠を決定する軍事委員会の陸軍代表に真を推薦する。

ルイ・カルティエ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • デザイナー、カルティエ3代目社長。
  • 雪歩は彼の店のハートのネックレスを気に入る。

ルイ・ド・ブロイ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 物理学者、ポアンカレ研究助教授。
  • 「新型爆弾」を作ってと駄々をこねる亜美に、莫大な資金と時間を要し成功する保証も無いことを説明する。

レオン・ブルム

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • 労働相、社会党党首。
  • マジノ線の延長問題に関してはB案(国境線をLV10の要塞で囲む)を「ドイツに侵攻を躊躇させ、人的資源の抑制や公共事業の促進を図れる」ことから支持する。


ブルガリア

ボリス3世

登場作品:春閣下で世界征服、小鳥さんの瑞西国防記
  • ブルガリア国王。その見事な頭がHOI2ではネタにされる。
  • 作品名:春閣下で世界征服
    • 大ブルガリアの神秘と脅威を体現する国王。
    • 必殺技「ボリスフラッシュ」を持つ。うおっまぶしっ!
    • しかし、閣下の送り込んだエージェント亜美真美のとっておきの工作「ヘルメットに接着剤」でボリスフラッシュは封じられる。
    • ボリスフラッシュの不発により、哀れブルガリアはわずか5日でチェコに併合された。
  • 作品名:小鳥さんの瑞西国防記
    • その光り輝く頭は太陽拳を遥かに上回る発光量を誇る。
    • 敗戦間近のドイツと同盟を結んだ一人。
    • ブルガリア首都ソフィアで開かれたバルカン諸国君主の会議に参加するが、「よく効く発毛剤」が貰えるものだと勘違い。
    • 戦後、伊織目当てで765プロの戦勝記念ライブに行くが、妨害工作で停電状態のライブ会場をヒトラーに頼まれてその頭で照らした。



ベルギー

レオポルド3世

登場作品:千早の第三帝国興亡記
  • ベルギー国王。
  • ドイツに降伏後はオランダ政府の協力下で旧ベルギーの内政を委任される。
  • 大のドイツ嫌いであったが、ヴィルヘルミナ女王から「城塞の闇~エバン・エマールの夜中劇~」を送られて協力する気になったらしい。



ポルトガル

ルイス・デ・アルメイダ

登場作品:戦国アイドルマスター
  • 初登場はゆとりバテレン星井美希編。ポルトガル出身。
  • 豊後で美希を発見、保護する。現在はキリスト教布教のため諸国を行脚しており、次の目的地は武蔵。
  • 史実では日本にはじめて西洋医学を導入し、病院という施設を作った人物。大分市にあるアルメイダ病院の名前は、彼に因んでいる。



満州国

川島芳子(かわしま よしこ)

登場作品:千早の第三帝国興亡記
  • 満州国安国軍総司令官。陸軍大将。
  • 満州で活躍する「男装の麗人」。顔は真と瓜二つ。
  • ウィルヘルミナ女王が書いた「爽やかな純愛ノベル」にも登場する。
  • 石原莞爾と辻政信の依頼を受けてシベリア鉄道でドイツに向かった。



モナコ

レーニエ・グリマルティ

登場作品:雪歩の仏蘭西救国記
  • モナコ公子。彼の前では亜美も頬を赤らめる。
  • イギリスに留学中であったが、カジノの件でお願いがあると雪歩に呼ばれる。
  • 亜美とやよいに真が行きそうな店(エルメス)を教える。前に相談されたことがあって薦めたとのこと。



ユーゴスラビア

パヴレ・カラジョルジェヴィチ

登場作品:小鳥さんの瑞西国防記
  • ユーゴスラビア王子。
  • 宰相として幼い君主を支えるが、他のバルカン諸国君主に比べて地味なのが悩み。
  • 敗戦間近のドイツと同盟を結んだ一人。
  • ブルガリア首都ソフィアで開かれたバルカン諸国君主の会議に参加するが、ゲオルギオス2世、ボリス3世、カロル2世が全く話にならない事に激怒。
  • しかしその後、ゲオルギオス2世の毒牙にかかってしまった。「ンアッー!」



ルーマニア

カロル2世

登場作品:小鳥さんの瑞西国防記
  • ルーマニア国王。
  • 個性的な帽子に定評がある人。
  • 敗戦間近のドイツと同盟を結んだ一人。
  • ブルガリア首都ソフィアで開かれたバルカン諸国君主の会議に参加するが、自分の帽子を超える作品を展示した世界帽子展覧会と勘違い。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。