アイドル - 双海亜美/真美


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  双海 亜美・真美 (12)
    Ami & Mami Futami         C.V.:下田麻美(アイドルマスター)、名塚佳織/斎藤桃子(アイドルマスターゼノグラシア)
   身 長    149cm
   体 重    39kg
   誕生日    5月22日
   血液型    B型
   B-W-H    74-53-77
   趣 味    メール、モノマネ、ゲームボーイアドバンス


亜美真美別ページ

亜美

真美


主演

風雲!とかち城  (ノクタンP、太閤立志伝5) ※完結

真美が主役の太閤立志伝プレイ動画。
大名シャッフルで一部大名と亜美以外の配置はランダムです。


Rom@ncing iDOL  (にけP、Romancing SaGa2)

ここにはじまるは、はるかなる戦いの詩。そして代々の皇帝とその仲間達の詩。
バレンヌ帝国の皇帝レオンは統一の志を立て、日々戦いに明け暮れていた……。

+以下、ネタバレ有
2章に登場。帝国歴1251年、双海十勝皇帝の双子の娘。
250年前に南北バレンヌの統一のみならず、クジンシー討伐などの功績を残した千早帝の伝説に興味がある様子。
亜美は武器攻撃が得意だが術はからっきし、対して真美は武器攻撃はダメでも術は得意。
自分達が帝位継承者に相応しいと認めさせるため、ヒラガ11世の提案で龍の穴の格闘家を味方につけるべくアバロンを飛び出す。
亜美の「ぷよぷよ」式ゼラチナスマター撃破法で見事に龍の穴の格闘家達を味方につけてアバロンに帰還。
帝位継承候補者の座を家出騒動で奪われそうになったが、今、皇帝になりたいと叫んだ亜美に伝承法が250年ぶりに発動。
レオンと千早の志を継ぐ者として選ばれ、七英雄との戦いにその身を投じていく。
真美は帝位継承は成らなかったが、双子の亜美の相棒としての協力を誓う。
ベースキャラは亜美がシティシーフ(女)のラビット、真美は宮廷魔術師(女)のオニキス。
ルドン地方、北ロンギット地方、ステップ、サバンナを支配下に置き、千早帝時代の版図を一気に拡大。七英雄ボクオーン討伐という功績を残した。
ボクオーン討伐後はあずさに帝位を譲り、伝承法の力を借りずに実力で皇帝になる修行のため、アバロンを後に2人揃って旅に出た。


反逆の真美R2  (SevenSlotP、コードギアス)

真美主役のういぽセブン マキシマムiM@Sの外伝らしい。
ギアスR2のパロディ。
真美=ルルーシュ、亜美=ナナリー、やよい=スザク
真=カレン、春香=シンクー、千早=ヴィレッタ
雪歩=ジノ、あずさ=アーニャ
小鳥=C.C.、伊織=コーネリア


燃えよ双星  (なおりんP、信長の野望 天下創世PK)

亜美真美メインの天下創世。
1550年、飛騨国、三木家。ひょんなことから飛騨国を手に入れた亜美真美が狙うものとは!?

+以下、ネタバレ有
名字も無い子供だったが、タニシ養殖の功績で飛騨国を手に入れる。
「双海」の名字はその時、三木直頼が「日本を南北に貫き、北と南、二つの海を制する国となる」との決意を込めて命名。
以後「双海亜美」「双海真美」の名を名乗り、天下に号令…できるのだろうか?
なお、三木直頼によって当主が二人いることは伏せられている。
第九話の初陣では追っかけてきた直頼の指示で亜美が兜を被って前線指揮を担当し、真美は陣羽織を着て陣頭指揮を担当。
その後亜美は乱戦の中でなんと柴田勝家を討ち取るという大手柄を挙げた。
鎧を着た姿はかわいいと評判。
+亜美真美能力値
 ・能力 政治 49 統率 57 知略 82 教養 49
 ・官位 なし 役職 なし
 ・特技 神速 突撃壱
…ちなみにこの能力は亜美+真美+白影補正(知力+76)という設定。
登録名称は「双海亜美真美」。


アクトマスター  (井川KP、アクトレイザー)

神さま真美とエンジェル亜美のどたばた喜劇。
滅亡した人類を復活させ、魔王サタン(春香)を打倒するのが目的



出演

三国志

閣下で三国統一を目指してみる  (呂凱P、三国志ⅩPK)

三国志ⅩPKの架空戦記で、主人公は天海春香もとい閣下。
アイドルマスターのアイドル達と三国武将達の物語。

+亜美真美能力値
 ・能力 統率 31 武力 75 知力 42 政治 37 魅力 74
 ・戦術特技 奇襲
 ・計略特技 混乱
 ・称号   間諜

その後パラメータが見直され、現在の能力値は以下の通り。

 ・能力 統率 40 武力 45 知力 50 政治 1 魅力 74
 ・戦術特技 奇襲 隠密
 ・計略特技 同討 混乱 地理 石陣
 ・称号   間諜 仙人


曹操がプロデュース業を始めたようです  (孟徳P、三国志ⅧPK) ※完結

三國志ⅧPKの架空戦記で、主人公はプロデューサーこと曹操。
西暦190年…Pに連れられて、アイドル達は陳留の政庁にやってくる。

+亜美真美能力値
 ・能力 武力 23 知力 44 政治 34 魅力 94
 ・成長タイプ 魅力型
 ・内政特技 神眼
 ・計略特技 挑発 混乱 虚報
 ・特殊?  天文
 ・所持戦法 撹乱(極) 奇襲(伍) 火矢(極)
       烈火(極) 妖術(伍)


その時貧乳が動いた  (吾粲P、三国志11PK)

胸に抱くは乳か、希望か、絶望か!?
今、会稽の地で悩み多きお年頃の少女達が動き出す!
その目的とするところはただ1つ!

+以下、ネタバレ有
最年少であるためパラメータはかなり厳しいが、武力がそこそこあることと
弩兵特性がAであるため戦闘においてはなかなかの活躍を見せる。
副将として弓の得意な将が付くと驚くほどの戦果をあげる。
とはいえこの能力値では内政もろくにできないので専らお笑い要員といったところ。
しかし本人らはそのことを少しばかり気にしていたようで、
当初から面倒をみてきた呂蒙の一言をきっかけにソロでも活躍できるよう模索し始める。
1人ずつになるとパラメータは見るも無惨になってしまうが、
孫権らのアドバイスにより活躍への活路を見いだし、ついに亜美と真美ソロでの活動を始める。
動画でも呂蒙、孫権、孫尚香らとの絡みが多く、ついには孫家まるごと友好関係を築くに至った。
+亜美真美能力値
 ・能力 統率 38 武力 64 知力 17 政治 18 魅力 74
 ・特技 掎角
 ・適正 槍兵C 戟兵C 弩兵A 騎兵C 兵器C 水軍C


美妓皇帝  (ねももP、三国志11PK)

中原の地に今、アイドル旋風が吹き荒れていた!
アイドル達は3グループに分かれ、それぞれの物語が織り綴られていく。
亜美真美は伊織・千早と共に北海の地で、活動を開始する。

+亜美真美能力値
 ・能力
  亜美 統率 52 武力 83 知力 85 政治 10 魅力 74 特技 火攻
  真美 統率 68 武力 73 知力 82 政治 10 魅力 74 特技 妙計


765プロが三国時代に跳んだみたいです  (KSP、三国志ⅨPS2)

飛行機のエンジントラブルにより、765プロ一行は三国時代の文趾へ。
神様と誤解された一行は、期待に応えるべく旗揚げを決意する。

+亜美真美能力値
 ・能力 統率 76 武力 67 知力 52 政治 32
 ・兵法 奮戦 鼓舞


三国異聞・765プロ興亡史  (温州蜜柑P、三国志10PK)

突如起こった地震によって、765プロはビルごと時間の迷子になってしまう。
散り散りになった少女達は帰還の方法を探すべく、厳しい戦に飛び込んでいく。


三国アイドル列伝  (カントクP、三国志ⅨPK)

西暦280年、戦乱が続き疲弊した国々にアイドルが舞い降りる。
しかし、人々が望んだ平和はそう長く続かなかった……。

+亜美真美能力値
 (一部終了時)
  亜美
 ・能力 統率 74 武力 52 知力 38 政治 13
 ・兵法 兵法 突破 突進 突撃 混乱 鼓舞

  真美 
 ・能力 統率 74 武力 50 知力 39 政治 15
 ・兵法 突破 突進 突撃 混乱 鼓舞


戦国

閣下立志伝  (レプリカP、太閤立志伝Ⅴ<PS2>) ※完結

太閤立志伝のプレイ動画。主人公は天海春香こと閣下。
果たして閣下は天下を統一できるのでしょうか。

+亜美真美能力値
 ・能力
  亜美 統率 65 武力 65 政務 60 智謀 33 魅力 51
  真美 統率 71 武力 66 政務 61 智謀 31 魅力 56


閣下の野望・愚民PK  (デンチュウP、信長の野望 革新PK) ※完結

マシントラブルにより何処かに転送されてしまったアイドル達。
そこで皆は、ゲームの管理者を名乗るネズミ(?)と遭遇する。

+亜美真美能力値
 ・能力 統率 19 武勇 93 智略 80 政治 1
 ・適正 内政A 築城B その他D
 ・特技 鼓舞


くされ戦記  (独眼P、信長の野望 革新PK)

アイドルマスター4コマ「ぷちます!」キャラが登場する架空戦記。
あずさ・律子は迷子になったぷちどる達を探して、陸前の城下町に辿り着く。

+以下、亜美真美ネタバレ有
初出は43匹目。戦国武将の毛利元就として登場。それまで長らくOPのみの登場となっていた。
例によって2人で一枠。昔から2人がかりでも律子には敵わなかったため、律子が羽柴家に合流したことを知ってあっさりと降伏する。
本家4コマや誌上連載でもちょくちょく登場しては場をかき回したりする。


その他世界史

ドゥーチェの野望  (りっちゃんP、Hearts of Iron 2 Doomsday "Armageddon")

舞台は第一次世界大戦後。イタリア王国首相ムッソリーニ(ドゥーチェ)は
士官学校を卒業した有力者の子女を集め、アイドル少将部隊の設立に着手する。

+以下、ネタバレ有
お米の生産地を守るため、美希が設立した私設武装組織「ゴハンデスヨ」の裏工作で活躍。
真美は陸海空軍を掌握。亜美は得意のモノマネでドゥーチェの真似をし、外務大臣チアーノを騙してスペイン内戦へ介入させる。
実権のほとんど無かったドゥーチェ、遂に子供に統帥権も奪われ……グラン・サッソへの強制移住も時間の問題か。
…それなんてクーデター?


アイマス×ヘタリア×EU III (AkP、Europa Universalis III:heir to the throne)

ドイツを見返したいイタリア(ヴェネチアーノ)が、ローマじいちゃんのくれたゲーム(EU III)をプレイして歴史を変える!……つもりだったが、いきなりヴェネツィアを占領され挫折。
丸投げされた律子が、ローマ帝国再現を目指す。

亜美と真美はローマ帝国に応対するが、美希に丸投げ。その結果、置いてけぼりを食らう羽目に……。


スポーツ

あずささんが馬主になったようです  (LotusP、WinningPost6 PK)

あずささんと律っちゃんがオーナーブリーダーに挑戦。
第9話からJRAメインレースの競馬予想も行なわれている。

+以下、ネタバレ有
うまどる牧場に勤める事になった牧童。
高木社長の紹介でうまどる牧場にやってきたのだが、事前にあずささんたちに話が通っていなかったため、、
何とか牧場に置いてもらうために家出や虐待を受けたなどと大嘘をついたが、
その直後に現れた社長の言葉で嘘がばれてきついお仕置きを受ける事に・・・
その後は牧童としてやよい牧場長の下で働いているのだが、鳳と子供のケンカをしたりとやんちゃなところは相変わらず。
基本的にはオチトリオ同様のオチ担当。第26話のオチは必見。本編中の雪歩達と同じ言葉を話し、BGMも同じはずなのに、なぜか笑えてしまう。
ちなみに、この唐突な登場には第21回、亜美真美が出番がないことに不満をぶちまけたところ、
空きポストだった牧童役を与えられたという経緯が。
第21回で作者により明かされたところによると、本当は第13回で新聞記者兼美希のエージェントとして登場する予定だったが、
シリアスシーンがお笑いになってしまい、急遽降板させたとのこと。


アイマス野球道Girl's  (糸冬P、高校野球道Girl's)

女子野球部顧問兼監督を頼まれた主人公の「風呂出遊佐」が、アイドルを含む個性的な部員達と共に全国制覇を目指す。

亜美と真美は、八期生として登場。
+ネタバレ
  • 亜美は投手、真美は捕手。
  • 入部時点でのスキルは、投手系スキル2つに捕手リード等、何故か2人共全く同じ。


実況765プロ野球/激闘編 (井川はるかP、実況パワフルプロ野球15)

叔父の加藤コミッショナーに、日本野球機構へ呼ばれた高木社長は、「女子野球プロジェクト」を持ち掛けられた。
翌日の朝、社長の召集で事務所に集まったアイドル達に、野球チーム結成が告げられた。

こうして誕生した765エンジェルスは、果たして強くなれるのか?
そして、低迷する日本野球を再興できるのか……?

亜美は8番打者の遊撃手、真美に比べて、走塁が得意。真美は9番打者の二塁手、亜美に比べて、打撃が得意。
本作に於いて真美は、亜美の影武者的存在ではなく、普通に双子タレントとして活動している模様。
2人で守る二遊間(通称「とかちゾーン」)は、防御率が高い。


パワポケim@s  (パワP、パワポケシリーズ)

所属球団から戦力外通告を受けたパワが、765プロでアイドル達をプロデュースする事になった。
野球の知識と熱い情熱だけの新人Pを迎えた765プロ、果たして活躍や如何に……?

二塁手。
2人で「双海亜美」という選手として登録されており、交互に打席に立つ。
能力は全く同じだが、亜美は右打ちで真美は右打ち。
相手投手に合わせて使い分けたいが、打席数が違うと揉めそう……?


ファンタジー

アイマスクエストⅣ 閣下列伝  (ておくれP、ドラゴンクエスト4)

過去・未来・架空、いろんな世界へ行ける社長の発明品、タイム・マ☆ティン♪
アイドルたちの不思議な冒険が始まった・・・。

+以下、ネタバレ有
真美
真美+ホイミン
一章登場。今のところモンスターと融合してしまったただ一人のアイドル。
ホイミンの献身的な部分が表に出たのか、向こう見ずな真を支えるとても良い子になっている。
1章の最終決戦で命を落としたが、精霊ルビスによって救われる。
普通の人間に融合する道を示された真美は、真の助けになるため、自身を「賢者の石」の欠片に変える。
真が誤って飲み込んでしまったため、他のアイドル達やPには真美が重なって見えていた。
長らく会話すら出来ない状態にあったが、閣下の力によって肩乗りホイミスライムとして勇者一行に加わる事になる。
くっついた相手を回復させることができる能力を持っている。
…が、寝ぼけた美希に「マホトラ」を喰らったり、くしゃみをしたあずさのアホ毛に串刺しにされたりと散々。
その度に「やってはいけないこと」が「ホイミンメモ」に増えていく。

亜美
第50話で「太陽のカード」の効果としての出演に留まっていたが、7章にて満を持して登場。
天空城に住む子供の竜「ドラン」と融合している。
マスタードラゴンの死によって、その跡を継ぎ「マスタードラン」となっている。神様としてチヤホヤされていたのか、性格はそのまんま。


IM@S FANT@SY4  (HANSELP、ファイナルファンタジー4)

ミシディアでクリスタルを奪取した暗黒騎士セシル、そこに春香の意識が乗り移り…。
城に戻った春香は、美希と共にミストの谷に棲む幻獣討伐の任を与えられる。

亜美真美は双子の魔導師、パロム・ポロム役として登場。
+以下、ネタバレ有
ミシディアに流れ着いた春香に同行し、彼女が白黒融合する現場に立ち会う。
律子救出と飛空挺入手の為にバロンにも向かい、カイナッツオ(軽口)も倒したが、カイナッツオの罠にはまり、絶体絶命のピンチに。
春香達を救うべく、原作同様、自分たちに「ブレイク」を使用。自ら石化することで迫る壁を食い止める。
彼女たちの意志で石化したため、あずさの「エスナ」では元に戻らなかった。
後にミシディア長老の手で元に戻り、復活。同じく復活した伊織・真・律子達と共に、飛空挺で巨人に挑む。


iM@Saga  (ヤミーP、Romancing SaGa3) ※完結

ロマサガ3をベースにした架空戦記。ゲーム内容の改造が多いのが特徴。
1~13話まで雪歩編・美希編に分かれて進行。14話からは四魔貴族編を中心に進行する。

+以下、ネタバレ有
雪歩編・伊織編に登場。四魔貴族編では冒頭で一行を離れたため14話のみの登場。
ベースキャラは両方ロビン。グラを差し替えて双子を使い分けているとのこと。
役回りはロビンを亜美、偽ロビンを真美がそれぞれ担当する。
「んっふっふ~」の笑い声と共に「怪傑とかち」として、ドフォーレ商会の悪事を粉砕する正義の味方。
14話でアビスの手から水瀬グループを守るため、伊織に連れられて一行を離脱する。
その後、16話で伊織と共に企業買収に乗りだし、グループ企業を防衛した。


アイマス・ア・ライブ  (ストレイボウP、ライブ・ア・ライブ)

ファンへの還元企画にやってきたアイドル達と、そこで見つけた祠。
春香のどんがらがっしゃーんにより、壊れた祠から発生した孔に吸い込まれてしまう。

色んな時代に飛ばされたアイドル達の魂の行方は? そして悪神とは?

亜美真美は功夫編の仲間として登場する。
+以下、ネタバレ有
亜美がサモ・ハッカ役、真美がレイ・クウゴ役。
真美は某蜘蛛男の仮面を身に着けて、野盗としてあずさに襲いかかるが、退けられて正気を取り戻す。
亜美はユンファの街で食い逃げをしていたところをあずさに見つかる。
以後は怒太分拳に入門し、同じくあずさの元に加わった雪歩と共に3人で鍛錬に励んでいたが、
第5話であずさが街に出向いている間に義破門団の襲撃を受ける。
雪歩は亜美真美を眠らせようとしたが、逆に雪歩を眠らせて匿う。
その後、全ての想いを雪歩に託して義破門団に挑みかかり、その命を散らせた。
現在の状況は不明。


聖剣伝説アイマスオブマナ  (shanaP、聖剣伝説 Legend of Mana)

春香は不思議な夢を見る。夢の中の大樹、それが春香に呼びかける。
ファ・ディールで夢から覚めた春香は、その声に導かれるかのように「マナの木」を目指し、世界へ踏み出す。
なぜファ・ディールに呼ばれたのか?765プロの仲間達は?すべての答えを知るために。

+以下、ネタバレ有
2-2から登場。
魔法使いの双子、バド&コロナとして登場。
ドミナの町外れでカボチャを大量生産し、世界征服という身の丈に合わない野望を抱いていたが、春香に敗れる。
その後なぜか春香に弟子入りしてマイホームに居着く。
魔法学園で魔法を学んだことがあるらしい。


やよい色のトリスティア 赤貧工房奮闘記  (スツーカP、蒼い海のトリスティア)

「海の宝石」と讃えられていた海上移動都市、トリスティア。
人々と交流を深めつつ、ドラゴンの来寇により荒れた市街の復興に乗りだす。

+以下、ネタバレ有
@04で、亜美真美っぽい謎の人物が真にやよいの成果報告に来るエージェントとして登場していた。「合言葉は、TOKACHI!」らしい。
本人が登場したのは@07。強盗現場にiM@Sagaの如く颯爽と登場…できなかった。
その後、微妙な戦闘力を誇るやよい開発の強化服を半ば強奪に近い形で手に入れ、町の治安をほどほどに回復する成果を挙げたらしい…


アイマスをファンタジーRPGっぽくしてみた (百合根P、RPGツクール)

旅の途中、路銀が尽きて野宿をしていた春香は、襲われていた獣人の千早を助ける。
人探しをしているという千早……春香は彼女と一緒にその仲間を探す事にした。

亜美と真美は、港町でスリをしていた双子の姉妹として登場。
リーダースキルは不明、オリジナル技は盗賊技、使用アピールは『ポジティブ!』等。


NAMxCAP M@STER (LiarP、NAMCO x CAPCOM)

渋谷で始まり、世界中の正義と悪を巻き込み激化した森羅と逢魔の戦いは、渋谷で終わった……はずだった。
しかし再び、妖魔が跋扈、強敵が蘇って、新たな仲間を巻き込み、物語が動き出す。

逢魔の新たな目的とは……?
そして、巻き込まれた765プロの行く末は……?

亜美と真美は、平八に連れられて向かった「渋谷の交差点」で、「ゆらぎ」に巻き込まれた。


SF

POWER-iDoLLS グランドクロス作戦  (カルツォーネP、ADVANCED POWERDoLLS2) ※完結

依然として続く惑星オムニの内戦に終止符を打つべく、新たに招集された11名の乙女達。
新たなメンバーを迎えた177特務大隊「DoLLS」にジアスPLAへの反攻作戦「グランドクロス作戦」への参加が命じられた。

+以下、ネタバレ有
 12歳ということもあり、当然ことながらDoLLS隊において最年少隊員である。
 軍隊の様式にも慣れておらず、「ランド・スリップ」においてはコールサインを用いて返答しなかったため、上官であるファン・クァンメイ中佐に窘められてしまう。
 だが、実力の方は他の隊員に劣らぬものがあり、特に亜美は「ランド・スリップ」においては密集している敵にグレネードを次々と撃ち込む等大暴れ。
 結果として、ハーディ・ニューランド大佐に次いでDoLLS隊第2位の最多撃破数を記録した。

【キャンペーン終了時の戦績】
 ・亜美  PLD 15機撃破、戦車 6両撃破、装甲車 7両撃破、ヘリ 13機撃墜
 ・真美  PLD  5機撃破、戦車 3両撃破、装甲車 1両撃破、ヘリ 11機撃墜


iM@sCORE  (たかP(仮)、アーマードコア4)

アイドルが存在意義を失った世界。プロデューサーは生きる為にアイドルと共に戦場を駆ける。
+以下、ネタバレ有
GAヨーロッパで巨大兵器「ソルディオス」の操縦者として利用されそうになっていた実験台リンクス。
天才的な才能を持ち、その実力はオーメル社の『セロ』を凌ぐとも言われる。
巨大兵器の操縦はいかにリンクスといえど一人では無理があるため、AMS適性の高い双子に並行処理させることで、巨大兵器にネクスト級の能力を付加する計画だった。
しかし、健康状態の管理を担当したあずさ曰く、並行処理しているとはいってもその負荷は膨大で、子供ではそれに耐えきれず、数回試験を行っただけで良くても廃人化してしまうとのこと。
いずれは最悪の結果が待っているため、あずさの独断でアナトリアの傭兵ことプロデューサーに保護され、765プロ所属となった。

新世紀GPXアイマスフォーミュラ (片桐P、新世紀GPXサイバーフォーミュラ)

2020年大会終了後、765プロのアイドルによる、CFマシンを使用したヴァーチャルレースが企画された。
果たして、優勝の栄冠は誰の手に……。

最初は、双子である事を秘密にしている為、亜美のみが出場する予定だった。
+ネタバレ
  • 亜美はハンドル、光学迷彩で姿を隠していた真美は足回りと分担し、2人同時出場を謀る。
  • 結局、諸々チームにばれてしまうが、それらはチーム内の秘密扱いとなり、2人で出場する事になった。


TRPG・カードゲーム等

アイドルたちのジャンケン大会  (弓削P、いわゆる限定ジャンケン)

赤いヘルメットがマスコットの○○市民球場で行われることになったジャンケン大会。
目まぐるしく変わる状況、裏の裏を読み合う心理戦、そして発揮される特殊能力・・・・
亜美真美の二人は小学生であるため大会への参加資格がなく、今回は見学者となっている。


遊☆戯☆女☆王 (P名未定(やだ。P)、遊戯王GX) ※完結

海馬コーポレーションのプロモーションに採用されるアイドルを、デュエルで決める事になった。
事務所内で唯一デュエルの経験も知識もなく途方に暮れる春香に、心の内側から奇妙な声が囁きかけてきた……。

亜美と真美のアイドルランクは不明。
デュエルに於いても、アイドル活動同様、2人で1人扱い。どちらが決闘するかも、毎回じゃんけんで決めているらしい。
+ネタバレ
  • デッキコンセプトは、純正【E・HERO】。しかし、「E・HERO」関連カードが入手困難で、思う様に構築できない模様。
  • 外伝では、禁止カードを大量に投入したデッキで、素人をカモってたりする。


アイドルたちが闇のゲームをしてみた/GX (山東P、遊戯王OCG) ※完結

クライアント主催のデュエルイベントに参加する事になった765プロ。
イベントでのトーナメント戦、優勝の栄冠は誰の手に!?

双子である事は秘密ではなく、『闇ゲー』のイベントでは2人で「1人」としてのエントリー。
+デッキ
  • 『闇ゲー』では、【超時空戦闘機】と【フリントロック】を混ぜ、更に《エンド・オブ・アヌビス》を加えた【KONAMIゲー】を使用。
  • 『GX』以降は、亜美は《パワー・ツール・ドラゴン》が主軸の【ディフォーマー】を、真美は《創世神》を加えて《雷帝ザボルグ》や《超電磁稼動ボルテック・ドラゴン》を主力に据えた【電池メン】を使用。


その他

AngelCombat  (ぽてとP、エースコンバット6)

エメリア・エストバキア戦争から1年後。エメリアは再びエストバキアの攻撃に晒される。
かつてのエース、タリズマンも再び戦場の空に舞い戻るが、撃墜されて飛べない体になってしまう。
高木司令によって「765エンジェル隊」に配置転換された彼を待っていたものとは!?

+以下、ネタバレ有
第8話から登場。空軍適性検査は「A」。階級は少尉。
年少故に体力面で難はあるが実力は本物。いつも2人で一緒に行動する。
2人揃った時、何かの特殊な電波を察知することが可能な能力を持つ。
その能力はE-767の能力を上回るが、疲れていると能力発揮は不可能という弱点がある。
第11話では、囮としてウィンドホバーのF-16が真美カラーに塗り替えられた。
真美機のような暴走慣性は(設定の上では)無い。


アイマス無人島物語 (いけサラP、無人島物語)

765プロの面々が海外ロケに向かう途中、乗った飛行機が墜落。
遭難して散り散りになってしまったアイドルとプロデューサーが、無人島で全メンバーの発見と、日本への帰還を目指す物語。

亜美と真美は、機内で気絶していたところを、律子に救われた。
律子を隊長に探検隊を組織、探検ごっこに夢中である。
765プロメンバーが揃ってからも、3人で調査開発チームを組んでいる。


Im@S雀姫伝 (RAP_、麻雀)

麻雀を題材とする漫画作品からのネタが集まっているシリーズ。

亜美と真美は、第六話のメインアイドル。
『哲也-雀聖と呼ばれた男』の哲也や房州等がモチーフと思われる。
コンビ打ちならではのサマを駆使した対局が主体。他にも、ツバメ返し等の多彩なサマを使う。
世間的には、真美の存在は伏せられており、交代で「双海亜美」を演じている。
+ネタバレ
  • 積み木で遊んでいたら、近所の老人が麻雀を教えてくれたらしい。


アイドルの奇妙なスタンドバトル (タヨタヨP、ジョジョの奇妙な冒険)

ジョジョブームが到来した765プロ。
そして、ジョジョゲー『ザ・スタンドバトル』のテストプレイが、社内イベントとして催される事になった。

亜美と真美は、コンビを組んでイベントに参加。
+スタンド
  • 亜美のスタンドはビーチ・ボーイ、真美のスタンドはティナー・サックス。


The Quiz m@ster (ATP&ピウP、クイズ) ※完結

サンフラワー女子高に赴任した新任教師Pは、雪歩にクイズ研究会の顧問になってほしいと頼まれた。
そこは、部室も早押し機もない、雪歩、千早、美希の素人トリオのみの部だった。

亜美と真美は、小学6年生の双子の姉妹。
+能力・所属等
  • ちびっ子クイズ王コンビで、勝負の駆け引きが上手い。
  • 2人で得意分野を分けており、亜美は文系、真美は理系の問題を担当。
  • 漆原高校付属小学校所属。夢子の抜擢により、漆原チームとして『ザ・クイズ』に出場。
  • 後に、2人揃ってサンフラワー女子中等部に入学、美希がいるクイ研に入部した。


チヒャーロック・ホームズ (シェリングフォードP、シャーロック・ホームズ)

765プロの面々が、出演する「推理物パロディー」のノベマスが、何故か舞台劇になっていた……。
公演前日、雪歩が舞台裏に掘った穴に入ったアイドル達が、当日になっても戻ってこない。
取り敢えず、千早と春香だけで舞台に立たなければならなくなった……。

亜美と真美は、面白がって雪歩と真の後を追い、穴に入った。
+ネタバレ
  • 亜美は、雪歩が掘った穴で脱出を図るが、舞台の上に出てしまった。
  • 真美は、「何者か」との話し声を聞いたPに発見され、脱出。
  • 春香のアドリブで割り当てられた役を、美希の脚本で演じる事になった。

亜美と真美が演じる事になったのは、『恐怖の谷』に登場するジョン・マックマードが元ネタのジョン・アッミマーミ。
最近、アズサーティの組織に入った人物。
+ネタバレ
  • サン・ペドロの虎やバーディ・エドワーズ等、色々な人物の設定が混じっている。


偶像少女探偵団 (むじなP、御神楽少女探偵団)

大正時代、三浦あずさという女探偵が世間に名を馳せていた。
本作は、三浦あずさとその3人の助手が、難事件に挑む物語である。

亜美と真美は、あずさの友達で、原作に於ける猫の十兵衛ポジション。
道に迷いやすいあずさを、目的地に送り届けたりする……が、一緒に迷う事も……。


フル・バースト・トリガー (ボン太くんP)

何者かから脅迫を受けているという765プロ。
高木社長の依頼で、アイドルを護衛する為にプロデューサーとして765プロに潜入する事になったP。
765プロを狙うのは、一体何者なのか?目的は?……そして、Pはアイドル達を護り通せるのか?

本作では、真美の方がアイドル候補生として765プロに所属している。
+ネタバレ
  • 765プロも、亜美の存在を知らない。
  • Pを誘き出して襲撃しようとした事を知られ、真に襲い掛かるが、Pによって阻止。
  • 襲撃に失敗し、表向きは「体調不良で自宅療養中」という事になっている。
  • 千早とPを襲撃するが、銃を拾った千早に気圧されて、撤退。


雪歩にウルトラクイズやらせてみた (ULTRAP、アメリカ横断ウルトラクイズ) ※完結

PS2版『アメリカ横断ウルトラクイズ』のプレーヤーに選出された雪歩。
果たして、765プロの仲間達と協力し、クイズ王になれるのか!?

亜美と真美は、雪歩の応援メンバーとして、序章から登場。使用キャラの編集を担当した。
ボケ、ツッコミ、モノマネ、何でもこなす。……「賑やかし」とも言う。
真美は「芸能人の身内の顔出し素人」的存在。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル