アイドル - 如月千早 - 出演その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  如月 千早 (15)
    Chihaya Kisaragi           C.V.:今井麻美
   身 長    162cm
   体 重    41kg
   誕生日    2月25日
   血液型    A型
   B-W-H    72-55-78
   趣 味    音楽鑑賞(クラシック)




出演

SF

地球防衛はじめました  (トーマP、THE地球防衛軍2)

アイドルを夢見る一人の少女が門を叩いた先、そこは地球防衛軍だった。
「アイドルは地球を救う」そう信じる少女がまた一人、戦場へ赴く。

+以下、ネタバレ有
ペイルウィング兼オペレート(小鳥不在時)。
演習では真と共にトップの成績だったらしい。
雷撃系の武器を主に使用するが、初陣ではプラスマ・グレネードAの不安定さに振り回され、一時撤退を余儀なくされる羽目に…
その後第4話では、オペレートを行っていた律子が真の代わりに出撃することになったため、律子と真美のオペレートを引き受ける。


Idol m@ster The Hybrid Front  (ポールP、The Hybrid Front)

経済と軍事力の低下した各国が大企業に庇護を求めていく時代。
肥大化した企業と戦争により荒れた地球、荒廃した人々を支えたのはアイドルであった。

千早はサイモン・クウ役として登場。


Schwarzschild im@s  (エグザスP、Schwarzschild W2)

トップアイドルとして夢を追う春香。コロニーの指導者かつ国家連合の総帥の春香。
自分自身が居るべき場所に居るという確信すら持てないまま、戦争という現実が立ち塞がる。

+以下、ネタバレ有
NTU総帥である天海春香の補佐官。春香が『記憶喪失』であることを知っている数少ない部下の一人。正確な年齢は不明だが、台詞から、成人(20歳以上)であると思われる。
春香の、アイドルとしての記憶を『夢』である、と断言すると共に、国家元首としての春香を厳しくもしっかりと補佐する。
辛辣かつストイック。


POWER-iDoLLS グランドクロス作戦  (カルツォーネP、ADVANCED POWERDoLLS2) ※完結

依然として続く惑星オムニの内戦に終止符を打つべく、新たに招集された11名の乙女達。
新たなメンバーを迎えた177特務大隊「DoLLS」にジアスPLAへの反攻作戦「グランドクロス作戦」への参加が命じられた。

+以下、ネタバレ有
作者曰く「寡黙なスナイパー役」として設定されたとおり、彼女のPLDはPLD用のスナイパーライフルを常に装備している。
 任務に対して生真面目すぎる面があり、初陣である「ランド・スリップ」の開始前には美希から『スナイパーおじさん(ゴルゴ13)みたいな顔になっちゃうよ』と茶化されている。
 この作品でも抜群の歌唱力を持っており、「ランチ・ボックス」後に鎮魂歌として「蒼い鳥」を歌い、持ち前の歌唱力を披露している。
 なお、中の人の影響からか、酒が入ると性格が豹変するのはお約束。

【キャンペーン終了時の戦績】
PLD 撃破無し、戦車 6両撃破、装甲車 9両撃破、ヘリ 9機撃墜


アイマス×Gジェネ魂  (ニムバスP、SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ)

ジオン軍に従軍する事になったサイド3のアイドル達が地球に降下。
765プロの一年戦争の幕が開く。

+以下、ネタバレ有
搭乗機体はザクⅡJ(1話)、グフカスタム(2話、10・11話)、ブルーディスティニー2号機(12~13話、14話OP、18~19話、21~22話)、リック・ドム(17話)、ゲルググJ(25話、27~30話)。
春香とのコンビプレイ、美希、あずさとのジェットストリームアタックは凶悪。
11話で機体を失い、オデッサの森で彷徨っていたところで連邦軍パイロットのイワン・イワノフと笑撃的な出会いをする。
投降したイワンの案内で連邦軍基地に潜入。ブルーディスティニー2号機を奪取した。
近くにいたイワンに反応したEXAMが暴走しかけたが、なんとか制御した。
宇宙に脱出した後はイワンの監視役になることになり、ショックのあまり白目をむいて失神した。
ニキのBD3との戦いの中でマリオンと心を通わせることができたものの、BD2を大破させてしまう。
以後は春香の使っていたゲルググJを青くリペイントしたものに乗り換え、ア・バオア・クー決戦まで戦い抜いたが、
停戦発効直後にPが凶弾に倒れたことで連邦との徹底抗戦へと態度を一変させた春香の方針を「私闘」であると断じ、美希と共に失踪する。


iM@sCORE  (たかP(仮)、アーマードコア4)

アイドルが存在意義を失った世界。プロデューサーは生きる為にアイドルと共に戦場を駆ける。
+以下、ネタバレ有
アナトリアの零細プロダクション「765プロ」所属のアイドル兼オペレータ。
AMS適性の皆無なPを外部からアシストするのが主任務だが、Pよりも高いAMS適性があるらしく、6話において一度だけ戦場に立ったことがある。
物語が進みアイドルとしての人気が上がるにつれ、「アナトリアの歌姫」として世界に名を馳せていく。


新世紀GPXアイマスフォーミュラ (片桐P、新世紀GPXサイバーフォーミュラ)

2020年大会終了後、765プロのアイドルによる、CFマシンを使用したヴァーチャルレースが企画された。
果たして、優勝の栄冠は誰の手に……。

千早は、歌に惹かれた今日子の強い要望で、アオイZIPフォーミュラに配属。
エクスペリオンZ/A-10を授かるが、Round.9で投入されたマシンは……。


TRANSFORMERS THE iDOLM@STER (Pセプター、トランスフォーマー)

プロデューサーが事故で亡くなり、その責任を感じて自分を責め、スランプ真っ只中の美希。
そんなある日、海に「光の柱」が現れ、美希は浜辺で「謎の流星」に胸を貫かれて死んだ……はずだった。
しかし、無傷で目覚めた美希の胸には、傷の代わりに謎の痣が……。

千早は、玄田Pの死後開催されたIUで、春香に大敗した。
本作に於ける彼女の所属事務所は不明。
本編ではまだ出番がない。


機動警察アイドレイバー (山川出版P&てつろ~P、機動警察パトレイバー) ※単発

パトロールレイバー中隊の好感度向上を目的とする計画「アイドレイバープロジェクト」に参加する事になった春香と千早。
果たして、彼女達の活躍や如何に……。

千早は、ENGAGEメンバー。
アイドレイバープロジェクトで選ばれた、イングラム三号機の指揮担当。プロジェクトへの参加には、あまり乗り気ではない。
秋葉原のイベントのリハーサルに向かう途中、会場近くに現れた暴走レイバーの相手をする事になった春香のサポートに……。


アイドル騎兵ボトムズ  (ガイギーP、装甲騎兵ボトムズ)

ギルガメスとバララントの間で100年続いた戦争の末期。
小惑星リドの闇の中から、1人の女の地獄を巡る旅が始まった…

+以下、ネタバレ有
アッセンブルEX-10所属の傭兵、ポル・ポタリア役で登場。
初登場したのは第9話で、この時は名前がナンバー72だった。


TRPG・カードゲーム等

765プロ最期の日  (放置P、汝は人狼なりや?)

捏造されるスキャンダル、紛れ込むスパイ、アイドルを誘う甘い罠
765プロを支える見えない協力者。信じていた絆が疑いの鎖に変わる……。

765プロ所属アイドル総出演によるサスペンスドラマ「765プロ最期の日」
+以下、ネタバレ有
冷静さを買われ、11人のアイドル達による会議をとりまとめる議長役を任される一方、
自らもスパイ捜しに参加する難しい立場に立たされる。
だが、実は…


アイドルたちのジャンケン大会  (弓削P、いわゆる限定ジャンケン)

赤いヘルメットがマスコットの○○市民球場で行われることになったジャンケン大会。
目まぐるしく変わる状況、裏の裏を読み合う心理戦、そして発揮される特殊能力・・・・
作中では全アイドルが主人公と言える扱いを受けているが、作者によれば千早は主人公ではない。
何故なら「中二」ではないから。


遊☆戯☆女☆王 (P名未定(やだ。P)、遊戯王GX) ※完結

海馬コーポレーションのプロモーションに採用されるアイドルを、デュエルで決める事になった。
事務所内で唯一デュエルの経験も知識もなく途方に暮れる春香に、心の内側から奇妙な声が囁きかけてきた……。

千早のアイドルランクは美希と同じくC。
春香と同じくデュエル経験は非常に浅く、基本的なルールを知っている程度だった。
しかし、手堅く粘り強いデュエルスタイルを身につけており、春香と接戦を繰り広げた。
+デッキ
  • デッキコンセプトは【スキドレハーピィ】。
  • 構成カードも戦術も素人離れしているが、千早によれば、「とある人」によって回し方を教えてもらったらしい。


その他

AngelCombat  (ぽてとP、エースコンバット6)

エメリア・エストバキア戦争から1年後。エメリアは再びエストバキアの攻撃に晒される。
かつてのエース、タリズマンも再び戦場の空に舞い戻るが、撃墜されて飛べない体になってしまう。
高木司令によって「765エンジェル隊」に配置転換された彼を待っていたものとは!?

+以下、ネタバレ有
第2話から登場。空軍適性「S」の一人。階級は中尉。如月財閥と繋がりがあり、反抗戦の基盤を作り上げた。
春香とは同期である。空戦技術では春香とお互いをカバーし合うような技術を持ち、実力はほぼ互角。
初登場時には敵増援部隊を颯爽と蹴散らし、以後も部隊のエースとして最前線を翔ける「蒼い鳥」。


アイマス無人島物語 (いけサラP、無人島物語)

765プロの面々が海外ロケに向かう途中、乗った飛行機が墜落。
遭難して散り散りになってしまったアイドルとプロデューサーが、無人島で全メンバーの発見と、日本への帰還を目指す物語。

千早は、流されていたトランクに掴まり、あずさや美希と共に島に上陸。呑気な2人と一緒で、気苦労が絶えない。
765プロメンバーが揃ってからは、3人は調査を担当する事になった。

逆転裁判春香 (ともきP、逆転裁判)

「逆転裁判」をベースにした、全編手書きの架空戦記。
一日弁護士春香さん、法廷で真実を解き明かせるか。

千早は、あずさが殺人罪に問われる裁判で、検事として春香に対峙する。
人呼んで『検事局の有罪生産マシーン』。

Im@S雀姫伝 (RAP_、麻雀)

麻雀を題材とする漫画作品からのネタが集まっているシリーズ。

千早は、第三話と第八話のメインアイドルの1人。
徹底的に守る打ち筋が特徴で、モチーフは『ノーマーク爆牌党』の鉄壁保と思われる。
爆牌使いのあずさに勝てた例がない。また、東風戦のピンタでは、真に勝った事がない。
+ネタバレ
  • 美希が移籍した事に責任を感じており、スランプに陥った。
  • 「色の支配」へのヒントを見つけ、「ツモ牌の色の偏り」を研究。
  • 土田システムを会得し、「千早スペシャル」を確立。ついにあずさを倒した。


ぷよm@s (介党鱈P、す~ぱ~ぷよぷよ)

小鳥が亜美真美にゲームで勝とうと、事務所に『す~ぱ~ぷよぷよ』を持ち込んだ。
強気な一言から、「ぷよぷよで負けたらアイドルデビュー」(社長公認)という賭けをする事になった小鳥……運命や如何に!?

ぷよぷよ自体には興味はなかったが、小鳥の歌唱力に惚れ込み、小鳥をアイドルデビューさせるべく、Pに究極連鎖法を教わる事にした。
小鳥の見立てでランキング1位に君臨するも、事務所でほとんどプレイしない。
+ネタバレ
  • Pの自宅でのぷよぷよ個人授業が皆にバレた事と律子のランキング参加をきっかけに、個人授業の打ち切りをPに告げ、小鳥相手に健闘したが負けた。
  • おじゃまぷよの掘り合いは苦手。Part23で小鳥以外の相手に初の敗北、1位の座を雪歩に明け渡した。


アイドルの奇妙なスタンドバトル (タヨタヨP、ジョジョの奇妙な冒険)

ジョジョブームが到来した765プロ。
そして、ジョジョゲー『ザ・スタンドバトル』のテストプレイが、社内イベントとして催される事になった。

+スタンド
  • 【ソフト・マシーン】(第五部に登場する、マリオ・ズッケェロのスタンド)
  • スタンド像の行動範囲は本体から半径2m以内で、能力を考慮に入れない場合の破壊力とスピードは然程高くない。
  • 持っているレイピアで刺した物体を、萎ませる。萎まされた生物は行動不能になるが、意識は残ったまま。本体は例外で、自分自身を萎ませた状態でも自由に行動可能。
  • 萎んだ状態の物は、本来の体積や質量、材質に関係なく、薄いゴム程度の強度と重さになる。
  • 萎ませた物体を、サイズや形状が似ている別の何かに「被せる」事も可能。


The Quiz m@ster (ATP&ピウP、クイズ) ※完結

サンフラワー女子高に赴任した新任教師Pは、雪歩にクイズ研究会の顧問になってほしいと頼まれた。
そこは、部室も早押し機もない、雪歩、千早、美希の素人トリオのみの部だった。

千早は、サンフラワー女子のクイズ研究部に所属する、高校1年生。
ストイックで、向上心が人一倍強い。
+ネタバレ
  • 記憶力がずば抜けており、ベタ問1000問程度なら、1週間で完全に暗記が可能。
  • しかし、記憶力が仇となり覚え押しによる誤答をする事もある。


同級生2i (りゅうのすけP、同級生2)

765プロのアイドル総出演のテレビドラマがの打ち合わせの最中、その場にいた14名が「ゲーム世界」に飛ばされてしまった。
記憶を書き換えられた竜之介は、全員と「元の世界」に戻るべく行動を開始する……。

千早は、人気アイドルの舞島可憐と融合している。
八十八学園高等部の3年生で、竜之介のクラスメイト。
竜之介の事が気になっているらしいが、マネージャーのひかりは2人が仲良くするのを快く思っていない。


偶像少女探偵団 (むじなP、御神楽少女探偵団)

大正時代、三浦あずさという女探偵が世間に名を馳せていた。
本作は、三浦あずさとその3人の助手が、難事件に挑む物語である。

千早は、事件ファイル弐『太白星』の登場人物。
浅草オペラを支える劇場の一つ、「のヮの館」の人気オペラ歌手。


架空戦記マルサの女 (酔夢庵P、マルサの女)

港町税務署勤務、後に『マルサの女』の異名を持つ秋月律子が、頭の良さと度胸の良さによる絶大な行動力で、キャリアウーマンぶりを遺憾なく発揮し社会悪―脱税―を摘発していく。
彼女があるパチンコ屋を調査して遭遇した『節税マニュアル』、その実態は『脱税マニュアル』だった……。

千早は、原作に於ける花村統括官のポジション。
マルサである律子の直属の上司で、統括官。


フル・バースト・トリガー (ボン太くんP)

何者かから脅迫を受けているという765プロ。
高木社長の依頼で、アイドルを護衛する為にプロデューサーとして765プロに潜入する事になったP。
765プロを狙うのは、一体何者なのか?目的は?……そして、Pはアイドル達を護り通せるのか?

千早は、ソロで活動しており、「東洋の歌姫」の異名を持つ。
+ネタバレ
  • オーディションからの帰り、亜美と真美の襲撃を受けた。
  • 真美が実は双子で敵だという事と、Pが護衛に雇われたという事を知った。


雪歩にウルトラクイズやらせてみた (ULTRAP、アメリカ横断ウルトラクイズ) ※完結

PS2版『アメリカ横断ウルトラクイズ』のプレーヤーに選出された雪歩。
果たして、765プロの仲間達と協力し、クイズ王になれるのか!?

千早は、雪歩の応援メンバーとして、第1次予選から登場。
真面目ボケ。
Pの指示で、事前にゲームをしていたらしい。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。