作品別用語集 - ぽんこつ冒険者の冒険譚



ぽんこつ冒険者の冒険譚

「ぽんこつ冒険者の冒険譚」とは、場面大根Pによるソード・ワールド2.0のリプレイ風架空戦記シリーズである。
作品のコンセプトは『弱いキャラでも楽しいTRPG』で英雄譚とは逆の楽しみ方をする物語。
初期ステータスがぽんこつでも皆で協力してシナリオをクリアし、冒険者として成長してゆくお話。
資金難の765プロがTRPGリプレイCDを売り出す為、他の事務所のアイドルやネットアイドルを巻き込み始まった企画。
後に事務用品Pのいおりんの突っ込み三昧シリーズとリンクしたコラボ企画となる。
今日の〇〇さん卓ゲM@Ster被害哲学者連絡協議会発祥の地であり、卓ゲM@Ster被害神連絡協議会の常連でもある。
Session3から「格ゲー」「ニコニコMUGEN動画」のネタが使用され、そちらの知識があるとより楽しめること請け合い。
また、場面大根Pは多作なPであり、外伝や番外として「elona」というフリーソフトゲームの紹介や
「ビーストバインドトリニティ」「永い後日談のネクロニカ」を題材とした卓m@s、
「卓m@s外伝・頑張れ黒井社長」「ぽんこつアイドル達の馬鹿テスト」「ぽんこつ番外編・舞さんラジオ」等のノベマスも連載中。

外伝である「ぽんこつ外伝・BBT」についてはこちらから

この動画には以下の要素が含まれます。
  • キャラ崩壊
  • 非効率的なPC
  • ルール間違い(あるかもしれない)
  • グレーゾーンなルールのGM判断による処理(あるかもしれない)
  • りょうゆめ
  • 格闘ゲームっぽい要素




迷走吶喊バイニーチェ

  • デュボール王国を舞台に活動するPC達冒険者のパーティー名。とても個性的な名前とメンバーを誇っている。
  • バトルジャンキー、民明エルフ、どう見ても人妻、合法ロリ駄メイド、鉄壁要塞朴念仁、忠犬ルンフォが在籍中。
  • 冒険者の宿「秋の月亭」を拠点とし、フレーバー( 無駄遣い 雰囲気造り)に報酬金の多くを費やすのも特徴。

シジョウ

  • 種族:ナイトメア♂ 年齢:20 PL:四条さん
  • ナイトメアの傭兵戦士。バトルジャンキー気味であるが情や義に厚いパーティーの頼れる兄貴分。
  • ナイトメアだという理由で迫害されていたが、とある傭兵団の団長に拾われ一命を取り留めた。
  • 本人はそのまま傭兵になる予定だったが、団長の意向で現在冒険者として修行中。
  • 秋の月亭のマスターであるリツコは幼馴染であり、すっかり尻に敷かれている。

エリー

  • 種族:エルフ♀ 年齢:15 PL:水谷絵理
  • 頭脳派を自称するエルフのソーサラー。頭が良く口も回るが、その能力のほとんどをデタラメや妄言に費やしている。
  • 良い家柄に生まれ引きこもりであったが冒険者の手記に影響を受け家出を決行し、そのまま冒険者となった。
  • 魔道機文明時代の(狂った)書物収集が趣味で、「図書館:とあるエリーの禁書目録」の建設を目論んでいる。

ユメコ・サクライ

  • 種族:人間♀ 年齢:16 PL:桜井夢子
  • 父を亡くし、家族を養う為に冒険者となった狩人の少女。かなりの守銭奴で将来は貴族になる事を目標にしている。
  • 多くの弟妹を養う為に生活費を仕送りしていおり、彼女自身の生活費はリョウが負担している。 どう見ても夫婦
  • 常識的な子だった筈が、コボルドを自重無くモフモフしたり「リョウの棒」を振り回したりと着実に暴走している。

ネリア

  • 種族: 合法ロリ ドワーフ♀ 年齢:14 PL: サイネリア 鈴木彩音
  • ドワーフのファイター。メイド養成機関"闇の刻印"出身のメイド…なのだがハウスキーパー技能を持たない駄メイド。
  • おつかいで大根を買いに行ったきり帰れなくなり、家出したエリーと出会って冒険者を始めた。
  • ハラペコキャラで、保存食を人より2~3日分多く使ったりウルフを試食したりとその食欲には歪みが無い。
  • 前述の通り料理も全く出来ず、スクランブルエッグから世紀末を出現させる腕前をしている。

リョウ・アキヅキ

  • 種族:人間♂ 年齢:17 PL:秋月涼
  • ザイアの神官戦士でPTのリーダー。幼馴染のユメコ共に冒険者になった少年。
  • 運動神経は悲惨な事になっているが、神官戦士として奮闘中(?)。
  • 家族に仕送りするユメコの生活を助けているが、本人にとってはそれが当然で「なんとも思っていない」ようだ。
  • 神の胃痛の種となる神官が多い中、至って真面目な神官である『彼自身は』ザイア神の癒しとなっているであろう。

チハヤ

  • 種族:ルーンフォーク♀ 年齢:8 PL:如月千早
  • レオンハルトの従者であるルーンフォークのグラップラー。Session3から参加となる。
  • 主人と共に人里から離れて暮らしていたが、見聞を広げてくるように言われパーティの一員となった。
  • 主人の暴走をシバいて止めたりもするが、危機が迫ったならば自らの身を省みず主人を守るまさに従者の鑑。
  • 世間知らずで少々天然ではあるが常識人枠として頑張っており、稼いだお金を主人に仕送りしている忠義の娘さん。


バイニーチェの愉快な仲間たち


リツコ

  • バイニーチェの拠点である「秋の月亭」の店主。店のエンブレムは麦穂と三日月の意匠をあしらっている。
  • 先代店主とシジョウの団長が懇意なためシジョウとは幼馴染で、常連客からは仲の良さを冷かされている。
  • 先代である父親から店を受け継いでおり、時々偉い人が直接依頼に来る事もある。

ヤヨイ・サクライ

  • ユメコの妹であるサクライ家次女。
  • ライフォス神殿で働いており、神の声も聞こえる神官見習いである。
  • とある事件に巻き込まれたが、姉と義兄を始めとしたPCたちによって無事助けられる。

レオンハルト・アウグスト

  • 従者のチハヤやコボルドたちと共に、人里離れた森に隠れ住んでいた青年。
  • 厄介な嗜好・性癖の持ち主であり、熱く語って暴走しチハヤにシバかれる事が稀によくある。
  • チハヤをただの主従関係以上に大切に思っており、彼女のために躊躇い無く自らの魔剣を差し出す器量をもつ男。
  • 住処が蛮族に見つかってしまったのを機に移住を決意する。チハヤとコボルドをPC達に預け、今は単独行動中。
  • 元々は蛮族領にあるザザングロスという都市出身で、その領主であるハーティングに仕えていた。
    ※ザザングロスの詳細は、事務用品Pの『いおりんの突っ込み三昧』参照。

アドルオン司祭

  • 通称アドラー。ザイア神殿でのリョウの上司。有能なバカ司祭。
  • よく問題を起こすが体育会系なザイア神殿の中でも事務仕事が出来る貴重な人材で、上司は頭を悩ませている。
  • ライフォス神殿のマイ司祭、ティダン神殿のサンデー司祭とは腐れ縁の仲。
  • 元ネタはこちらから、“バカ司祭(隊長)”はこちらのMUGENストーリーシリーズが出典

マサム・ネダテ

  • バイニーチェが救援に訪れた村の農村筆頭。かなり変わったしゃべり方をする。元ネタはこちらを参照
  • ただのNPCだったがパワーアップし、先祖伝来の武器を持ってPCたちと共に戦う。
  • 彼の居る農村に名前が無かった為、後々PC達から「筆頭の村」と呼ばれるようになる。・・・・すごい漢だ。

サンデー司祭

  • 本名:サンデー・モウリーニョ・オクーラ。アドラーとよく諍いを起こすティダンの司祭。
  • 元は貴族だが日輪(ティダン)の教えに目覚めて改名した有能な変人として評判。
  • 元ネタはこちらの黒歴史を参照。

クロード

  • デュボールにある盗賊ギルドの幹部。シジョウやその傭兵団の古馴染。
  • 黒髪ロングオールバックグラサン薄笑いという怪しさ全力開放な青年。
  • 結構な実力者でシジョウを「ヒャァーチャチャチャホワチャー!」とボコボコにできる腕前。
  • 元ネタはこちらを参照

マイ司祭

  • ライフォスの司祭でヤヨイの上司。モチーフは当然日高舞さん。結構苦労人。
  • サンデーの天敵であり、アドラーの肋骨のトラウマ。一応三人の実力は互角らしい。
  • 師匠は調和と平和の神の信者らしく蛮族までも救ってしまいそうな南無三のお方。動画的にはこちらを参照

タケダさん

  • リョウの近所に住んでいる芸術家。元ネタは皆もお馴染みのあの人。
  • 最近名前が売れてきたバイニーチェに護衛の依頼をする。
  • 彼が画面に登場すると何故か特殊なBGMが流れ始める。

ユニコーン

  • 額の中央に一本の角が生えた馬に似た伝説の生き物。気性は荒いといわれている。
  • 貞潔な乙女にしか懐かない為、エロ馬、性獣、淫獣など多くの蔑称を持つ。
  • 上記の理由からか、動画初登場時には わけがわからない 程殺意に満ち溢れたコメントが大量発生した。
  • ユニコーンのアイデンティティーを多々崩壊させており「こいつは本当にユニコーンなのか?」と疑問視されている。


GM・用語・その他


ニーチェ

  • 「神は死んだ」で有名なドイツの哲学者。四条さんによって数々の迷言の提唱者としてでっちあげられている。
  • 『とりあえず何か言う時に「byニーチェ」と付けるとそれっぽく聞こえる』との言葉が悲劇の幕開けとなった。
  • 卓ゲm@ster被害哲学者連絡協議会の会長であり、ぽんこつ卓のPT名の由来でもある。

今日の四条さん

  • アイドルの四条さんは今日も楽しそうでいいよな、という光景。
  • どんな時でも背水の陣で乾坤一擲をモットーとする四条さん。
  • TRPGで皆と遊ぶのが楽しすぎて、14歳(中二)くらいの気持ちに戻っている。
  • 羽目を外してはっちゃけたり、格言を間違えたりして多くの惨状を作り出す。

今日の如月さん

  • 中野のSランクアイドルである如月さんは今日も楽しそうでいいよな、という光景。
  • 息抜きのためにPに連れて行かれた中野の有名なゲーセンで何かに目覚めちゃった千早さん。
  • 最初は常識人だと思ったけど、『そんな事はなかった』今では立派な四条さんの相方。
  • 格ゲーを匂わす描写・発言に食らいつき暴走。満足するまで持ちうる知識を放出し画面を埋め尽くす惨状となる。

高品質サイネリア(求婚率の変わらないただ一人の鈴木)

  • PCははっちゃけていてもPLとしては素晴らしいサイネリアを称える言葉。
  • 経験者として出しゃばらず初心者を立ててゲームを楽しんでもらう気遣いをする。
  • 周りに気取らせずにパーティー内のパワーバランスをとりつつ自らも楽しむ玄人。
  • 失敗した人へのフォローも忘れず、さらには料理もできる。よく出来た娘さんなので視聴者から求婚が絶えない。

GM律子

  • この卓のGMである律子さん。TRPG初心者が3人いるためか殺意は程々。
  • リプレイCDの売上に社運が掛かっている筈だが結構やりたい放題やっている。
  • 「これはおいしい」「これはウケる」と判断した場合は自重なく実行する愉快犯かつ確信犯。
  • 絵心やアイコン選びのセンスが壊滅しており、しかも自覚がない為いろいろ性質が悪い。

シリアスさん

  • シリアス系のシナリオだからと呼ばれて来た筈のシリアスさん「大丈夫?りっちゃんのぽんこつ卓だよ?」
  • 要所々々に挟まれるギャグ成分のせいでシリアス要素が薄れ、とても不憫なことになっている。
  • 「シリアスさんは犠牲になったのだ・・・GM律子の達成感・・・その犠牲にな・・・」

デュボール王国のザイア神殿

  • 始祖神ライフォスに仕え、騎士神の名の通りに騎士道精神に溢れた大神の神殿。
  • なのだが、四条さん(+絵理&サイネリア)の魔の手により、米海軍の新兵訓練所(+α)に変貌した。
  • 「バカと軍人と変態しかいないのか?」と嘆かれる有様に。リョウとザイア神に胃薬を届ける必要がありそうだ。

リョウの棒

  • リョウの棒とは、ユメコの所有物である。「リョウの棒が使えない」という風評被害が発生中。
  • また「リョウの棒でエリーがキズモノに」なったり「リョウの棒のせいで大惨事」になったりもする。



  • 作られてるぅー!? ひ、ひぃ! ありがとうございます!! うわぁ充実してるしめっちゃ嬉しいッス! -- 場面大根P (2011-06-27 02:51:41)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。