作品別用語集 - 雪歩にウルトラクイズやらせてみた


■ 雪歩にウルトラクイズやらせてみた


  • 本作は、ULTRAPによる、PS2用ゲームソフト『アメリカ横断ウルトラクイズ』のプレイ動画であり、架空戦記である。
  • 尤も、ULTRAPは「ノベマスのつもり」で作っていたらしいが……。


■ あらすじ

  • PS2版『アメリカ横断ウルトラクイズ』のプレーヤーに選出された雪歩。
  • 果たして、765プロの仲間達と協力し、クイズ王になれるのか!?


■ 登場人物

◆ 765プロメンバー

P

  • プロデューサーで、スーツ姿に赤い早押しハット、顔の大きなPの文字が特徴。
  • 雪歩をプレイヤーに抜擢した。
  • 『霊感ヤマカン第六感』が放送されていた当時は、裏番組の『アラレちゃん』を見ていたらしい。
  • 極度の下戸。化学実験用のエタノールの匂いだけで酔うので、有機化学実験が苦手なのだとか……。
  • 姉の影響で、801嗜好に詳しいらしい。20過ぎまで「同人誌=801」と思っていた。

萩原雪歩

21
萩   原
  • 「765プロメンバーの中では、萩原姓が最もウルトラクイズに縁が深い」との理由で、PS2版『アメリカ横断ウルトラクイズ』プレイ動画のプレーヤーに選ばれた。
    • ウルトラクイズを構成した放送作家は、「『萩原』津年武」
    • 『今世紀最後大会』に参加した歴代最年長参加者が、「『萩原』豊一」さん(当時86歳)。
    • 本土上陸を果たした中では、第14回のアーチーズで脱落した、「『萩原』一平」さん。
  • 餓狼歩(がろぽ)で、真と貴音の事が大好きなフヒ歩
    • ネームプレートの番号も21(フヒ)
    • 貴音が最近のお気に入りなのか、第2次予選で登場した貴音の等身大ポップを欲しがってたりする。
    • 真が貴音に少し妬いていると聞き、慌ててポップを片付けた。
    • どちらかと言うととクヨクヨする方。真面目だがノリがいい。むっつりスケベの隠れドS。Pの思考を女性的にアレンジすると、こうなるらしい。
  • 出身地は非公開なので、「中の人」の出身地である静岡が、出身地として登録された。
  • 顔写真を使用キャラに使った……が、何故か色黒。
  • 亜美と真美が選んだ使用キャラのあだ名は「アイドル」……そのまんまである。
    • このあだ名は、大声クイズの絶叫フレーズとしても使われる(尤も、プレーヤーが叫ぶのではなく、左スティックを回す事でゲーム内のキャラクターが叫ぶのだが……)。
  • ジャンケンが苦手。また、動物問題と芸能問題も割と苦手。
  • ドリルは電動のものしか使わないらしい。
  • 父に、男と食事に行く際のオレンジジュースには気をつける様、言われているらしい。
+ ネタバレ

天海春香

46
天   海
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 序章から登場。
  • 無自覚な毒舌。何かと失言が多いが、腹黒さからではなく本気であるが故。ネームプレートの番号も46()。「45kgくらい」だから……ではなかった。
  • はしゃぐと裏目に出る事が多く、その度に皆から非難されるが、段々関係ないところで何か問題が起きても、彼女のせいにされる事も……。
  • 若干、焼き肉Pの『ゲームセンターCX 春香の挑戦シリーズ』の影響を受けている模様……。
  • 予選1回戦では、彼女の代表的なあの台詞が出ず、皆からダメ出し。
  • 千早のUNKネタは、断固阻止!!

双海亜美・真美

10
双海(妹)
20
双海(姉)
  • 雪歩の応援メンバー……「賑やかし」とも言う。ボケ、ツッコミ、モノマネ、何でもこなす。序章からの登場。
  • 真美はデビューしていないが、「芸能人の身内の顔出し素人」的位置にいる。
  • 二人のネームプレートの番号は、『水曜どうでしょう』の企画『十勝二十番勝負』に因んでいる。
  • 自称「トカチスト」。
  • 使用キャラの編集を担当した。
  • 絶対に負けない「チョモルメラン」なる最強の手を導入した「スーパージャンケン」なるものを考案した。しかし、参加者全員が「チョモルメラン」を出し続けると勝負が付かないので、封印されたという……。どちらにせよ、成田予選には役に立たない。
  • 双子である事を強調されても、あまり気にしていない模様。しかし、三つ子には対抗意識を持つ。

秋月律子

100
秋   月
100
秋月(律)
  • 序章から白衣姿で登場する、流しの解説者。……後撮りらしい。
  • ネームプレートの番号は、彼女の眼鏡に因んでいる。また、第3CPで親戚の法子が登場した際、ネームプレートが差し換えられた。
  • Pが「クララ」の名を出した際、「よもや私のことですか?」と……。
+ ネタバレ

三浦あずさ

13
三   浦
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第1次予選からの登場。
  • クイズは、特に文系が得意らしいが、スピードが足りないとか……。
  • ネームプレートの番号は、トランプのキングに因んでいる。
  • 『霊感ヤマカン第六感』は見た事がなく、情報として知っている程度。

如月千早

72
如   月
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第1次予選からの登場。
  • 真面目ボケ。
  • ネームプレートの番号は……言わずもがな(笑)。
  • ミンゴス分が多いのか、ジョジョネタが好き。くだらないダジャレに弱い。また、ボンテリ一門なせいか、UNKネタが好き。
  • 音楽が関わらない歴史は苦手らしい。
  • Pの指示で、事前にゲームを(ぶつぶつ文句言いながら)プレイして予習していたらしい。

星井美希

14
星   井
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第1次予選後編と第5CPの解説編にジャージ姿で乱入。第9CP、普通の服で本編に登場。
  • 何故か、少し江戸っ子口調。
  • ネームプレートの番号は、年齢だったりする。
  • 「空気の読めないユトリ」を自負している模様。茶髪の「覚醒」モードと金髪の「ユトリ」モードの切り替えは一瞬、しかも自在。
+ ネタバレ

音無小鳥

28
音   無
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第2次予選からの登場。
  • 百合も801も大好き……なのは言うまでもない。
  • ネームプレートの番号は、 年齢 いつも妄想垂れ流して「2828」しているから。
  • 第17回の時は高こ…
  • 外見から「リエルさん」と呼ばれた。
  • 『霊感ヤマカン第六感』に関しては、小さい頃の記憶が辛うじて残っている程度。

我那覇響

47
我那覇
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第2次予選から、「敗者復活」のタスキを掛けて登場。
  • ちゃーがんじゅーバカまじめっこ(超元気バカ真面目っ子)
  • ネームプレートの番号は、沖縄県の都道府県コード。
  • 外見から「ユリ」と呼ばれた。

四条貴音

49
四   条
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第2次予選で、等身大ポップのみ登場。本人は、第6CPの解説編に事務服姿で乱入。本編に登場したのは決勝戦。
  • 宇宙の方から来たらしい!?
  • ネームプレートの番号は、「40(しじょう)」+「9(『たかね』に因んだ『大きい数』)」。
  • 雪歩の解答時の思考を、謎の情報網を駆使して解説。
  • 宇宙には詳しい(?)が、地球から見る星座にはあまり馴染みがない。また、「浮き輪で飛ぶ」という妙な特技を持っているが、響にやめる様言われている。
+ ネタバレ

水瀬伊織

99
水   瀬
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第2次予選でQMAネタが出た際に、少しだけ登場(額に「ゼノ」の文字が……)。第4CPからは、普通に登場。
  • 全ツッコミスト。
  • ネームプレートの番号は、99(くぎゅ)
  • 何故か、『霊感ヤマカン第六感』ネタに反応できる。

菊地真

7
菊   地
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第3CPから登場。
  • バカツッコミ。
  • ネームプレートの番号は、今岡誠の(当時の)背番号。
  • 貴音が雪歩のお気に入りな事が、最近少しだけ妬けるらしい。
  • 『ゼノグラ』の事は、思い出したくないらしい。

高槻やよい

12
高   槻
  • 雪歩の応援メンバー。
  • 第3CPから登場。
  • かわいくふるまうときはひらがなでしゃべり、真面目な話だと漢字で喋る。また、よくニゴる。
  • ネームプレートの番号は、給食費を借りた際返す度に払える利子の値段「12円」から。
  • 値段の割にカロリーの低いコンニャクは、家ではあまり食べないらしい。

◆ 765プロ以外の登場人物

秋月法子(あきづきほうこ)

65
秋月(法)
  • 猫太郎Pの日刊『アイマス紙芝居 まこと日記』に登場するオリジナルキャラ。
    • 『まこと日記』内では、自動車教習所の教官として初登場。
    • 後に、律子の親戚であるという設定が後付け。更にその後、765プロのプロデューサーになった。
    • CV:桑島法子 (猫太郎P談)
  • 第3CPに登場。『まこと日記』から、律子の助手として 拉致された 出張してきた。また、第8CPの解説でもチラッと登場。
  • ULTRAPの事を「赤帽子」、猫太郎Pの事を「猫八」と呼ぶ。
  • ネームプレートの番号は、「法子⇒65(low子)」。

黒井崇男

  • 『アイドルマスターSP』等の登場人物。
  • 第2次予選でQMAネタが出た際に、少しだけ登場。それ以外の出番はなく、作中に名前も登場しない。

水谷絵理・桜井夢子

  • 『アイドルマスターDS』の登場人物。
  • 準決勝で、彼女らについての話題が出たが、本人達は一切登場しない。

日高愛・日高舞・秋月涼

  • 『アイドルマスターDS』の登場人物。
  • 第8CPの解説に、秋月法子と共に少しだけ登場。それ以外の出番はなく、作中に名前も登場しない。

◆ ゲーム『アメリカ横断ウルトラクイズ』内のキャラ

福留功男

  • 実在する人物で、元日本テレビのアナウンサー。通称「トメさん」。現在は、フリーアナウンサー、タレント、司会者、エクゼクティブプロデューサー。
  • 言わずと知れた、『アメリカ横断ウルトラクイズ』の初代司会・出題者(因みに、「総合司会」は別におり、スタジオで番組の進行を担当していた)。

石切山英詔

  • 実在する人物で、クリエイター、ゲームプロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマ。
  • ゲーム版『アメリカ横断ウルトラクイズ』製作者で、PS2版以外にも幾つかのバージョンを手掛けている。また、『全国高等学校クイズ選手権』他、様々なクイズ番組のゲーム化にも携わっている。
  • ゲーム内では、前回クイズ王として登場する。実際のクイズ王に打診したらしいが、断られたのだとか……。
  • 『全国高等学校クイズ選手権』には1度、『アメリカ横断ウルトラクイズ』には4度参加した事があるが、何れも1次予選敗退。


■ 製作スタッフ

ULTRAP


猫太郎P

  • 日刊『アイマス紙芝居 まこと日記』(マイリストその1その2その3)の作者で、秋月法子の産みの親。本作に、法子の素材を提供している。
  • 極度の真好き。千早もお気に入りらしい。
  • 化学系の開発職に就いている模様。
  • サイト『MASTER GARDEN』pixiv


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。