作品別用語集 - ドラゴンクエスト2DS



ドラゴンクエスト2DS




半熟英雄(ヒロイン)でおなじみのランプキンP制作のFC版DQⅡ×im@sの架空戦記シリーズ
半熟英雄(ヒロイン)の際に使われている技術であるオリジナルドットやネタが満載の会話がふんだんに練りこまれた超大作
2012年11月2日完結

あらすじ

ある日のローレシアに一人の傷ついた兵士がたどり着いた。
その兵士はムーンブルクの兵士であり、大神官ハーゴンがムーンブルクを攻め込んだという報告をして息絶えた。
勇者ロトの血を引く王女アイはハーゴン退治の旅に出ることを決意する

登場人物

ロトの子孫たち

アイ(日高愛)
本編の主人公であるローレシアの脳筋王女
猪突猛進な性格で人の話を聞かないゆえに危機に陥ることも少なくない

エリ(水谷絵理)
武器と魔法の両方を中途半端に使えるサマルトリアの王女
生粋の引きこもりで何かと理由をつけて帰りたがる

リョウ(秋月涼)
魔法のエキスパートであるムーンブルクの王
このパーティ唯一の常識的な性格ゆえに苦労人でもある

その他

マイ(日高舞)
アイの母親にしてローレシアの女王
でたらめな復活の呪文を教えるなどといったその奔放っぷりは、正(まさ)に大災害な王様
どう考えても彼女がハーゴン退治に行ったほうが確実である

オザキ(尾崎玲子)
サマルトリアの女王
エリに対して過保護であり、エリからはうざがられている
何かしらですぐに屋上へ行こうとするほどの豆腐メンタルで、真剣(まじ)で駄目な王様
エリに仕送りをし続けているため、国の財政が不安である

アヤネ(鈴木彩音)
エリよりも年上の妹であるサマルトリア第2王女
儲もついてる人気者だが、オザキ同様に豆腐メンタル
エリを過剰に慕っているが、ドSなエリには適当にあしらわれている

マナミ(岡本まなみ)
ムーンブルクの女王
身分を傘にふんぞり返るが、威厳はまったくない
民を見捨てて自分だけが先に逃げる、民衆は消耗品などという考えを持つ、魔物にDIE(ダイ)された王様
人魂だけが現世に残っており、未練がましい

竜王のひ孫(天海春香)
かつて愛たちの先祖と死闘を繰り広げた竜王のひ孫で本名ハルカ
ハーゴン退治を依頼する代わりに情報を教える
曾ばあさんと比較すると実力はさっぱりらしい

ユメコ(桜井夢子)
羽衣職人ドン・モハメの孫娘
亡くなった祖父に似て気難しい性格
涼の懸命な説得によってデレて雨露の糸と聖なる織機を持ってくることを条件に水の羽衣を織ることを約束する

イシカワ(石川実)
デルコンダルの女王
強い者の戦いを見ることが好きで、彼女を楽しませたものには褒美を与える
対戦相手であるキラータイガーは一匹のはずだが戦闘になると数が増やした、魔王も騙せそうな王様

ヤヨイ(高槻やよい)
ペルポイの町でアイドルをやっている少女。得意な歌はLoveSong探して
彼女の家はペルポイの名物である牢屋の鍵を売っている店

イガラシ(五十嵐幸夫)
テパの村から水門の鍵を盗んだ盗賊。ペルポイで捕まっている
牢から脱走しようとしていたが、横穴で体がつっかえてしまい動けなくなっていた

タケダ(武田蒼一)
ラダトームの王様。武器屋に隠れ住んでいる
ハーゴンから身を守るためとはいえ、まったくだらしがない王様
服がボロボロのリョウにセーラー水着を与えた名士

シンデレラガールズ

台詞のないモブキャラとして登場。ドット絵ではあるが、誰であるかが判別するほど丁寧に作りこまれている
話数 人物名 場所
第1話 渋谷凜 ローレシア
三村かな子 ローレシア
神崎蘭子 リリザ
第2話 双葉杏 リリザ
諸星きらり リリザ
神谷奈緒 サマルトリア
第3話 高垣楓 ムーンペタ
城ヶ崎美嘉 ムーンペタ
城ヶ崎莉嘉 ムーンペタ
第4話 ルーキートレーナー ムーンペタ
トレーナー ムーンペタ
第5話 ナターリア ムーンペタ
楊菲菲 ムーンペタ
第6話 島村卯月 ルプガナ
前川みく ルプガナ
南条光 ラダトーム
第7話 輿水幸子 ラダトーム
赤城みりあ ベラヌール
第8話 榊原里美 ザハン
佐城雪美 テパ
第9話 中野有香 デルコンダル
脇山珠美 ペルポイ
大槻唯 ローレシア
第10話 北条加蓮 ラダトーム
日野茜 ラダトーム
第11話 緒方智絵里 ムーンペタ
市原仁奈 ベラヌール
第12話 十時愛梨 ベラヌール
小日向美穂 ロンダルキアのほこら
多田李衣菜 ベラヌール
第13話 川島瑞樹 ハーゴンの神殿
安倍菜々 ハーゴンの神殿


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。