やよいさんがオランダの母になるようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【iM@s×EU3HttT】やよいさんがオランダの母になるようです


あらすじ

モンテスマPの制作動画の第2弾で、「Europa Universalis Ⅲ -Heir to the throne-」のグランドキャンペーンモードをやよいがホラントでプレイするという内容。
モンテスマPのデビュー作である「アイドル達と生贄の祭壇」(便宜上「前作」とする)でほんのチョイ役、または登場しなかったアイドルを主軸に。というのがコンセプトでコメディ的なテイストながらも、戦記物としても十分見れるものとなっている。
7話以降は「【iM@s×EU3HttT】やよいさんがオランダの母になるようです R2」となっているが、単なる改題のみである。
全10話と短めながらも、やよい主演作にしては珍しくきっちり完結した作品である。

Europa Universalis Ⅲ -Heir to the throne-とは

15世紀から18世紀までの期間当時実在していた国を担当し、史実通りにヨーロッパ諸国での植民地運営に乗り出してみたり、為す術無く滅ぼされていったアフリカ諸国で歴史を捻じ曲げ欧州植民地支配の波に対抗をしてみたりと色々な国家運営と戦争が楽しめるPCゲームである。

Paradox社製ゲームの常として、ボードゲーム的スタイルで世界が細かいタイルに分割されており、基本的には陣取りゲームと考えれば間違いない。ただ、そこに史実であった様々な要素、即ち交易、植民地、外交、内政、宗教、そして戦争等がちりばめられており、それらが複雑に絡み合った結果非常に奥の深いゲームとなっている。特筆すべきは、時代背景を反映し、ゲーム開始当時は世界の殆どが未発見となっている事である。それぞれの国家はこの未開の地を開拓し、そこにある国家を滅ぼすのか、或いは同盟国とするのか、はたまたそもそもその存在を無視するのか、といった決断も下さなくてはいけない。

当然この時代に存在した全ての国家をプレイする事が可能であり、プレイヤーの一挙手一投足と上記の様々な要素がそれぞれに影響を与えあい、結果として世界は史実と違う形を取って行く事が非常に多い。「大ドイツ主義により統一されたドイツ」や、「グレートブリテン島すら領土としたアイルランド」、或いは「ビザンツ帝国のイタリア帰還」。そんな言葉に心が踊るのならば是非プレイしてみるべきだろう。

本動画で用いるEuropa Universalis Ⅲ -Heir to the throneはその拡張パック込みで発売されたタイトルの一つである。が、日本語版(ローカライズ版)の発売前である2010年2月からアップされたものであるため(日本語版はサイバーフロントから2010年4月に発売)、本動画では英語版のプレイとなっている。

Europa Universalis Ⅲもっと詳しく知りたい方はEuropa Universalis IIIのwiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/Europa_Universalis_IIIョを参照。

登場人物

高槻やよい [担当国 ホラント→オランダ]

前作では中盤でちらっとしか登場しなかった(1話冒頭の本人曰く「ひれつなプロデューサーのさくりゃくによって、あっという間に退場させられた」)こともあって、今作では主演を務める。
+ 以下ネタバレ

秋月涼

1話前半からやよいの援軍として登場。やよいの軍師として奮闘する。 
+ 以下ネタバレ

第1話

マイリスト

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。