※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
NO. いわゆる「ブラックリスト」というものは存在しません。
ただし、一定期間を超えて延滞すると、信用情報機関に延滞
情報が記録されます。

「ブラックリスト」というと、得体の知れない怖いイメージ
を思い浮かべます。
金融取引でなにか問題をおこすと、『要注意人物』や『トラ
ブル』を記録した『ブラックリスト』に載せられ、生涯のマ
イナスにもなりかねない・・・?そんな不安をふくらませて
しまいがちですね。

しかし、そのような「ブラックリスト」というものは、そも
そも存在しません。
ローン会社やクレジット会社が情報を照会するための「個人
信用情報機関」では、「ブラックリストというものは存在し
ない」と明言しています。

俗にいう「ブラックリストに載る」ということは、個人信用
情報ネットワークに「マイナスイメージの情報が記録される」
ことが誇張され、生まれた話といえるでしょう。

確かに、数ヵ月の長期にわたる延滞は、ひとつの事実として
記録されるようです。
しかし、1日返済が遅れたくらいではトラブルとして記録され
るわけではありませんし、「身上調査で知られてしまい、就
職や結婚など、生涯にわたってさまざまな点で不利になる」
などということもありません。

万一のときには早急にローン会社に連絡を

「延滞」の取り扱い方はローン会社によってまちまちですが、
利用者がうっかりしていただけなのかなど、約束に対する誠
実さにも関心を払っているといわれます。


一方、大手の個人信用情報機関では、「3ヶ月以上入金がな
い場合」は「延滞情報」として登録すると定めています。ま
た、一度登録された「延滞情報」は、5年間は消えません。


万が一、返済が滞りそうになったら、まず最優先で、お金を
借りている会社に連絡をして相談し、できるだけ早くスムー
ズな解決を目指しましょう。

金融取引に関する情報も個人情報のうち

「個人信用情報」も「個人情報」のひとつです。他の個人情
報と同じように保護されています。たとえば、情報を取り扱
うには本人の同意が必要ですし、本人は自分の情報について
確認することができます(各情報機関で手続き方法を案内し
ています)。
また、「個人信用情報」は「返済・支払能力の調査以外の目
的」に利用することはできませんので、ほかの目的で使われ
るという心配はいりません。

自分の「信用力」を大切に育てよう

お金を借りるときの「信用」の要素は、「Character(支払
意思)」「Capacity(支払能力)」「Control(自己管理)」
といいます。意外に感じるかもしれませんが、金融会社では、
数字ばかりではなく、利用者のお金に対する意識や姿勢も重
視しているのです。

「ブラックリスト」という正体不明のものを恐れるあまり、
必要なときにローンを利用することをしり込みすることはあ
りません。延滞を恐れるあまり、別のローンで支払うあての
ないお金を借りるのは正しい解決方法とはいえません。


ローンと正しいお付き合いをするために重要なのは、正しい
情報や知識に目をむけておくことと、借りたお金をきちんと
返済しようという姿勢といえるでしょう。


というよりも・・・遅延しないですむような計画的な
生活送りましょう^^;