※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の運命星(土星・金星・火星・天王星・木星・水星のいずれか)が判明したら、次に、生まれ年の干支が何であるかによって、+(プラス)または-(マイナス)のどちらに当てはまるかを調べます。 +(プラス)または-(マイナス)は、生まれ年の干支によって決まっています。 例えば、金星人の方は、さらに金星人+(プラス)と金星人-(マイナス)に分類されます。 その他の星人の場合も同じです。 さて、この+(プラス)と-(マイナス)ですが、+(プラス)だから良くて-(マイナス)だから良くないというイメージをなんとなく受けている人もいらっしゃるかもしれませんが、そうではないので安心して下さい! 2つの違いは、自分に該当する星人に備わっている性格・その時々の運気の状態など、+(プラス)の人の方が-(マイナス)の人よりもより顕著に出やすく、-(マイナス)の人は+(プラス)の人と比べると控えめに出るというようなことだと思います。 ただ、運命星によっては、+(プラス)と-(マイナス)で性格面や恋愛傾向などにはっきりとした違いが出る場合もあるようです。