※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TVである日本の学生達の民族体験を追うドキュメントがありました

その民族では招待客を歓迎するイベントとして

”生きた豚を客に殺させる(手伝いをさせる)”習慣がありました。

生きた豚に布をかぶせ、その上からやりでついて殺すという方法でした

ブヒ ブヒヒー 死に際の悲痛な声に泣き出す女の子もいました。

だんだんと しずかになって行く泣き声・・・

なんともいえない残虐なシーンで目をそむけてしまいました 。

しかし 私達が生きるということはこのように

魚や 豚 、鳥・・・を殺して食べて生きています

いろんなものの犠牲の上で成り立っている

つまり 生かされているということです。

生かされているから生きていかないといけない

しかし

毎年自殺者が何万人もいます
それだけ生きるというのは大変です

自分の罪

数多くの生命を犠牲にしているということ

を知っていれば簡単にはしねません。

自分の罪を知っている事で 人を許せるようになるのです。