※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

普段と違う感覚を味わう方法をご紹介いたします。



たとえばあなたが魚を触る時

どんな気持ちで触っているでしょうか

触る前からヌルヌルして気持ち悪いなどと

触る前から勝手に判断していないでしょうか。

これは頭で考えてから触っていますよね。

触覚の能力を純粋に使っていないわけです。

ここで実験をしてみましょう。

触る物は何でもかまいません、例えば缶、空き缶を

頭で判断しないで目をつぶって触ってみてください。

純粋に触感の力を試す要領で。

いかがでしょう 

触感で感じる空き缶は

頭で判断していた時と比べて随分と違った感覚だったのではないでしょうか。

このように触覚を純粋に使うことは、

いわゆる第6感の力に通じる物が芽生えてくるのです。

<参考資料:ため息を元気に変える7つの方法 石原加受子著 >