※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「心臓に意識を集中しながら瞑想を行うと、脳波の周波数が徐々に下がり、やがて0.1ヘルツ以下の状態になります。 すると脳幹、腸、脈菅系などの周波数が心拍数に同調し、ひとつの低周波のリズムを創り上げ、穏やかな心地よさが全身に広がっていくのです。」 同研究所によると人間の体の中で心臓は特別な発信機の役割を持っており、心臓に意識を集中しながら感謝、親愛の情を持つことでストレス、血圧、心拍数、ホルモンレベルなどが変化することが科学的に証明されているという。