※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ある本に書かれていた内容です



作者の友人は 父親のことをすごく尊敬していたそうです。

ある時父親が病気だとわかり 命もそう長くはないと言われたそうです。

その間 友人は 父が死んだら自分はどうなるのだろうとずっと思い悩んでいた。  実際父親がなくなったいま

” なんでもないことを悟った ” と言っていたんだそうです。


想像はあることないこと考えるからとてもこわいです


 でも実際はたいしたことがないということを教えてくれた本です

いつも不安がつきまとって何も出来ない人はこれを覚えておくと参考になるかもしれません

私も何かと心配性なので 躊躇してしまうことが多いんです。


そういう時はこの言葉を思い出して 一歩を踏み出してるってことが多いかな。


そうそうまだあるんです。

TVで放映されていたことです。ある女性盲目になってしまった、

見える人達からするととても恐ろしいことです。 しかし実際なった彼女は”こういう世界も悪くない”と言ってました。

”見える時なら絶対知り合えないような素晴らしい人たちとも出会えた” とも言っていました。



不安は現実よりずっと恐ろしい想像を創り出す