グループ 世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○世界

 リアルベース


○存在
 剣、魔法
    ・魔法という存在は一般に知られているが
     どのようなものなのかは一部を除いて知らない
       →一部
          ・主人公の所属している集団
          ・魔術師、呪術師、等
          ・他の一部の人


○ゾンビ
   ・発生の原因
      ・誰かがゾンビを造る
        ・ゾンビの持っているものが目的なら、造った奴を捕まえる事になる→造った奴が集団に捕まるとゾンビを発生させる奴はいない。
           ・じゃあゾンビを造る奴が大勢いるなら?
               ・集団側はゾンビを発生させる方法を知る可能性
                  →集団側でゾンビを造って目的の物を回収
                     →集団側の立場が変わる(街々の救世主的存在から敵に)

               ・なぜ大勢の奴がゾンビを発生させるのか
                  →ゾンビを発生させるのに利点がある
                     ・ゾンビは使い魔みたいな扱われ方(雑用係、パシリ)
                     ・魔力を集める為

      ・ゾンビは自然発生
         ・その原因は?
            →魔力の塊(結晶)が死体に発生するとゾンビ化
               ・何故死体に発生するか
                  →偶然
                  →そういう仕組みになっている(?)

   ・ゾンビは死んでもなお肉体に魂が縛り付けられている状態。

   ・誕生したばかりのゾンビは食べる事に貪欲。

   ・人間を食べる(魔力を体内に蓄積する)
      ・長く生きるゾンビのほうが体内に大きな魔力結晶が存在。
         →だんだんと自我を持ってくるようになる


○魔法
   何らかの現象を起こす
      ・それに必要な燃料みたいなものが魔力
         ・体の中に魔力が多い人ほど強力な魔法を使える

      ・魔力結晶と魔力の関係とはドライアイスと気体の二酸化炭素みたいな関係。
       魔力が濃縮されたもの。


○幽霊
   魂がこの世界に縛り付けられたもの。


○物語の始まり
   主人公がゾンビの発生した街に派遣されるところから始まる。