※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神話


 世界は創造神の「言葉」によって創られた。

 神は空を創り、大地を創り、海を創った。そして植物を創り、動物を創り、龍を創り、天使を創った。龍は力ある存在として世界に解き放ち、天使には「言葉」の使い方を教えて世界の運行を司らせた。

 ある時、一人の天使が神の創造をまねようとした。
 土塊を捏ね上げ、自分と同じような姿を形作ったが、その土塊は動く事は無かった。天使はその土塊にさまざまなものを混ぜて、再び形作ろうとしたが、それは醜悪な怪物か出来損ないの人形にしかならず、その天使はそのたびに悲嘆の声を上げながら世界の果てにある「奈落」にその出来損ないを棄てていった。

 一介の天使に創造を行うことは出来ないのか?
 創造は神の手で以ってしか出来ないのか?

 そこで、その天使は創造神から「言葉」を盗み、形を与えて封じ込めた。そして「言葉」は「ルーン」と呼ばれる力の結晶となり、その天使は力を得て神となった。
 小さき神は「言葉」の力をもって土塊から生き物を創造した。それが我々人間である。
 他の天使たちもその小さき神の力にあこがれ、その行いを真似て「言葉」を盗み、神となっていった。そして様々な種族(妖精)が創造されていき、人間と妖精たちは世界にあふれかえっていった。

 ある時、創造神が「言葉」を発するのを止めて、そのまま姿を消していった。
 小さき神々は主たる父の喪失に、驚き戸惑い、互いにその行いをなじり始めた。


 星と光の神々がいわく~

 多くの天使たちが力に溺れ、神を詐称していく様を“太陽の天使”は哀しき眼差しで天空から眺めていた。
 そして、ついに大いなる神は天使たちに失望し、姿を消し、世界は混乱に包まれた。
“太陽の天使”は導くもの無き絶望の世界を照らす光となるべく、神より受け賜りし13枚の翼のいくつかを兄弟たる天使たちに分け与え、共に小さき神になることを決意した。
 そして誕生した“太陽神”は、世界を新たな光で照らし始めたのである……大いなる神が帰還するその日まで。

 森林の神々がいわく~

 世界を創りし父が姿を消し、多くのけものたちと木々はその身を護るために森へと逃げ込んできました。恐怖に震える彼らを護り、安心させるために、森の神は妖精を創り上げることにしたのです。
 森の神は己が子供のようにかわいがっていた樹を自分の姿に似せて型作り、木々の吐息と葉の上の雫をその上にちらして命を吹き込みました。
「冬が来て草花が枯れるように、大いなる父は姿を消してしまいました。私たちは春を待たなくてはなりません。それまでは、私たちの父が天使を創ったように、私は妖精を創り、この森とそこに住むもの達を護りましょう」
 そして生まれた妖精、エルフは森やその子らを護ることとなったのです。

 闇の神々がいわく~

 あの大神は、凄い力を独り占めしていたからさぁ、盗まれてしまうのはしょうがない。
 そこで大きく構えていればいいものの、ちょっとかっさわられたくらいで、いじけて姿消すなんて、大人気ないと思わないか?
 まあ、こうなってしまったものはしょうがないから、俺たちは俺たちなりにやっていくしかなかったというわけさ。


 恐慌を起こした多くの小さき神々は、その罪を他の小さき神々に押し付け争いをはじめ、そして世界は「沈黙の冬」と呼ばれる神々の戦いの時代に入っていってしまった。
 その戦いを止めたのが、罪を犯し奈落に封じられていた「全てを焼き尽くす炎」の神であった。奈落の底で幾つものルーンを手に入れて「七つの相を持つ神」となったその闘神は奈落を護る銀龍の背にまたがり、停戦の角笛をこの大地の果てまで鳴らし、再びこの角笛の音が響く時までの神々の直接の戦いを禁じたのであった。
 それ以降、神々は自分の妖精に与えた「ルーン」の欠片を通してでしか、この地上の世界に対して力を発揮する事はなくなったのである。

 その後、人間と妖精たちの時代が訪れ、「ルーン」を巡る様々な争いに満ちた歴史の時代へと入っていくのであった……。

歴史~帝國以前~


 “沈黙の冬”の過ぎ去りしあと、さまざまな妖精たちがそれぞれの神を信仰して平和に生きていく時代が2000年続いた。

 その平穏に満ち、退屈に飽くような時代に、ある一柱の闇の神がその好奇心から一つの技を見つけ出した。
 それは神々が己が子らに“枝のルーン*1”を与えて、そのルーンを通して導き出している奇蹟の力を、その神の許しを得ずに無理やり引き出すような技術……その闇の神はその技に“魔術”という名を与えて、自分の恋人や友人、取引の相手などに“魔術”の使い方を訓えていった*2のだった。
 ところが“魔術”を知った神の中に、その技を己が信徒に与えるものがいた。
 その神とは、最初に“沈黙の大神*3”から“言葉”を奪った罪深き神であり、その信徒とは人間であったのだった。

 人間たちはその“魔術”の力に驚愕した。
 そしてその驚愕は“魔術”に対する興味に変わり、その興味は探究心に、そして力への欲望へと変わっていった。
 人間が魔術の技で世界を己が思いのままに変えていこうとしていくうちに、人間以外にも“ジン*4”、“ノーム*5”、“ドワーフ*6”など魔術に興味を持ち、その技を学んでいく妖精が現れた。
 彼らは(最初は持ち主を失ったルーンを使ったり、取引で不信心者から貰い受けるようなまねをしていたのだが)他の妖精たちから無理やり“ルーン”を奪うような行いを繰り返し……そして世界は“ルーン”を求める争いの渦に飲み込まれていったのだった。

 この争いは1000年もの長き間、続いていった。
 その中で人間、ジン、ドワーフたちはそれぞれの魔法王国を作り上げ*7、妖精たちを狩り、他の魔法王国と戦争を繰り広げた。
 この事態を世界の危機と看做した*8“七つの相を持つ神”は、己がルーンをわけ与えた半神たちに事態の収拾を命じることとした。
 半神たちは魔法王国の魔術が彼らの制御しうる限界を超えようとしている事を見抜き、その川原の石を高く積み上げた柱のような危ういバランスを崩すように、魔法王国の技に少しばかりの“言葉”の力を注ぎ込んでまわった。
 その結果、魔法王国は次々と自壊していった。
 硬き城壁は土くれの塊となって兵や建物を押し潰し、水路は荒れ狂う濁流に変わり、永遠に都市を照らす灯りは都市を焼き尽くさんとする炎と変わり、美しき宝石の塔は輝きを失い崩れ落ちていく。

 そして魔法の都市の崩壊を見た虐げられし妖精たち*9は半神の力を借りて、魔法王国に攻め入り、滅ぼしたのだった。

 ここで一つの悲劇が生じる。
 人間の魔法王国を治める魔法王は、彼の王都の崩壊を見て狂乱し、この終末の責任を己が行いにではなく、魔術の力を与えてくれた師匠へと転嫁した。
 魔術王しか知らぬ塔の中、その奥にある部屋で魔術書をしたためていた師*10の元へ向かい、罵倒の言葉と共に煌めく剣で師の心臓を貫いた。……そして息絶えた魔術王の師匠であったのだが、実はその正体は地上に降り立つために人間の姿をとっていた“罪深き神”、その人だったのだ。
 この事により、人間は信仰すべき神を失い、迷える孤児となった。

 そして、混乱が過ぎ去りし後に、神々は人間をどう扱うべきかを話し合た。
 神々の中には全てに疲れ果て世界の奥地へと妖精をつれて隠れてしまうものや、“罪深き神”と共にその眷族をも滅ぼすべきだと主張するものもいたが、多くの神はそこまでする必要は無いと思っていた。
 そこで“白き月の女神”と“救済と癒しの女神”の二柱の女神が、話し合っていた神々に一つの提案を出した。
 人間たちは自分たちの父たる神を失う事で、十分な罰は受けた。ここは寛容に、他の神々が彼らを信徒として受け入れるべきではないかと。
 その提案を不満に思う神もいたが、多くの神々はこの混乱と戦乱の中で信者である妖精を多数、失っていた。その代わりというわけでもないが、ちゃんと心を入れ替え従うのなら、信徒として受けいれよう……“白き月の女神”の仲介のもと、人間たちはそれぞれ、さまざまな神々に帰依し、そしてこの時から、人間は数多くの神々を信仰する種族となったのである。


 平和な時代がまた訪れた。
 大地から争いの傷跡は消え去り、人々の心も癒されていく。
 しかし、次第にまた忌まわしき魔術師の姿が、この大地に見られるようになって来た。以前のような大きな力は持たないものの、だんだんとその数は増えていく。

 そして“罪深き神”の死から1000と444年が過ぎた時、ある魔法使いが数多くの“枝のルーン”を集め、その導きにより“真のルーン”を手に入れて新たな“神”になるという事が起きてしまった。
 その“新しき神”は“沈黙の冬”の誓約には縛られておらず、その超越した力を自由にこの大地で揮い、さまざまな“枝のルーン”や“ルーンの剣*11”を持った軍隊“終末の軍勢”を操って、他の勢力や立ち向かおうとする半神たちを打ち破り、ついには世界を制圧してしまったのであった。
 ついにはその力は“奈落”へとまで伸びようとしていたが、その時、世界の各地に隠れていたさまざまな妖精や、“魔術師の塔”と名乗る魔術師の集団が現れ、苦戦していた“星界の神々*12”や“七つの相の神々”の軍勢と力を結束して、新しき神の“終末の軍勢”を打ち破っていった。
 “新しき神”は“奈落”のふちにまで追い詰められ、最期は“奈落の守護者”たる銀龍の息に焼き尽くされて、力を失い“奈落”の底へと落ちていった。

 そして66年にわたる“新しき神”の支配は終わりを告げた。
 この功績により“魔術師の塔”は神々から唯一正統の魔法使いとして認められたが、彼らはどの勢力にも与せず、ただ、人間の贖罪に従うのみと告げて、霧の向こうに消えていった。
 しかし今でも、多くの魔法使いはその源流を“魔術師の塔”に持つとして、いまだにその敬意を忘れていない。

 そして、復興の200年が過ぎ、新たな時代が訪れようとしていた。


【注釈】
1:創造神の“言葉”である“真のルーン”の欠片。
2:闇の神々は知識や力を隠し持とうとするが、全てのものがそれらを死蔵するわけではなく、時に駆け引きの道具として上手く利用する事もあれば、戯れにその力を扱いきれぬ者に与える事もある。
3:創造神のこと。小さき神々と区別するために、この呼称が広く使われている。
4:炎の妖精。褐色の肌に優れた知性と身体能力、そして制御しきれない情熱を持っている。
5:闇の妖精。地下に住み、知識や財宝を集めている。
6:金属の妖精。時計仕掛けのように高度に組織化・階層化された社会を持つ。
7:ノームは途中で、力を誇りあい争いあうことのリスクに気付き、それぞれ自分の地下の家に籠って争いが過ぎるのを待つ事とした……その中で漁夫の利を得る事を狙いながら。
8:魔法王国が拡大していった果てに、人間や妖精が“真のルーン”を手に入れ、新たな神となる事を恐れたとも言われています
9:その中には魔術を使いこなせなかった人間や、魔術に不信の目を向けていたドワーフも含まれている
10:遥か昔より魔術の技を王国の者たちに伝えていた者……“魔術の師”と呼ばれ、当時は代々伝わる役職を示すものと信じられていた
11:“沈黙の冬”の時代に、神々が高位のルーンから創った“神殺し”の武器。“罪深き神”を殺すにいたったのも、ルーンの剣によってであったといわれる
12:太陽神を主神とした、さまざまな星を司る光の神々