読書会履歴

2017年
10月:陳浩基『13・67』(文藝春秋社)
9月:バリー・ライガ『さよなら、シリアルキラー』(創元推理文庫)
8月:G・K・チェスタトン『ブラウン神父の知恵』(ちくま文庫)
7月:小栗虫太郎『二十世紀鉄仮面』(河出文庫)
6月:道尾秀介『向日葵の咲かない夏』
5月:井上真偽『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』(講談社ノベルス)
4月:白岩玄『ヒーロー!』(河出書房新社)
3月:パーシヴァル・ワイルド『悪党どものお楽しみ』(ちくま文庫)
2月:渡辺温「可哀想な姉」(短編、創元推理文庫ほか)
1月:ジェニファー・ロウ「ウサギ殺し(Rabbit Killer)」(短編)、ジョエル・タウンズリー・ロジャース「死の隠れ鬼(The Hiding Horror)」(短編)[二編とも宇佐見崇之氏による試訳]


2016年
12月:伊吹亜門「佐賀から来た男」(『ミステリーズ! vol.80』)
11月:コリン・ワトスン『浴室には誰もいない』(創元推理文庫)
10月:エリザベス・フェラーズ『カクテルパーティ』(論創社)、早坂吝『誰も僕を裁けない』(講談社)
9月:(『本格ミステリベスト10』投票会議)
8月:SCRAP『リアル脱出ゲーム公式過去問題集』(SMALL出版)
7月:G・K・チェスタトン『ブラウン神父の童心』(ちくま文庫ほか)
6月:大阪圭吉「坑鬼」(短編、創元推理文庫ほか)
5月:ベン・H・ウィンタース『地上最後の刑事』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
4月:カーター・ディクスン『貴婦人として死す』(創元推理文庫)
3月:竹本健治『涙香迷宮』(講談社ノベルス)
2月:木下昌輝『人魚ノ肉』(文藝春秋)
1月:アラン・ロブ=グリエ『消しゴム』(光文社古典新訳文庫)


2015年
12月:(忘年会のため読書会なし)
11月:ジーン・ウルフ『デス博士の島その他の物語』(国書刊行会)
10月:伊吹亜門「監獄舎の殺人」(『ミステリーズ! vol.73』)、ハリー・カーマイケル『リモート・コントロール』(論創社)
9月:月原渉『火祭りの巫女』(光文社)
8月:トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
7月:石持浅海『フライ・バイ・ワイヤ』(創元推理文庫)
6月:麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』(新潮社)
5月:(フリートーク)
4月:イアン・マキューアン『甘美なる作戦』(新潮クレストブックス)
3月:アゴタ・クリストフ『悪童日記』(ハヤカワepi文庫)
2月:北山猛邦『オルゴーリェンヌ』(東京創元社)
1月:会員による犯人当て


2014年
12月:(忘年会のため読書会なし)
11月:樋口有介『木野塚探偵事務所だ』(創元推理文庫)
10月:辻村深月『スロウハイツの神様』(講談社文庫)
9月:アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『両シチリア連隊』(東京創元社)
8月:横溝正史『悪魔が来りて笛を吹く』(角川文庫)
7月:西澤保彦『聯愁殺』(中公文庫)
6月:デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
5月:村上春樹『アフターダーク』(講談社文庫)
4月:米澤穂信『満願』(新潮社)
3月:泡坂妻夫『生者と死者 酩探偵ヨギガンジーの透視術』(新潮文庫)
2月:クリスチアナ・ブランド『領主館の花嫁たち』(東京創元社)
1月:古野まほろ『背徳のぐるりよざ』(角川書店)


2013年
12月:(忘年会のため読書会なし)
11月:小林泰三『アリス殺し』(東京創元社)
10月:ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』(小学館文庫)
9月:倉阪鬼一郎『八王子七色面妖館密室不可能殺人』(講談社ノベルス)
8月:リチャード・マシスン『運命のボタン』(ハヤカワ文庫NV)
7月:クリストファー・プリースト『奇術師』(ハヤカワ文庫FT)
6月:レイモンド・チャンドラー『大いなる眠り』(早川書房)
5月:ピーター・ディキンスン『生ける屍』(ちくま文庫)
4月:殊能将之『子どもの王様』(講談社ノベルス)
3月:莫言『酒国』(岩波書店)
2月:?
1月:?


2012年
12月:スコット・ウエスターフェルド『ゴリアテ ロリスと電磁兵器』(新ハヤカワSFシリーズ)
11月:G・K・チェスタトン『詩人と狂人たち』(創元推理文庫)
10月:芦辺拓『スチームオペラ』(東京創元社)
9月:山口雅也『謎の謎その他の謎』(早川書房)+副読本:紀田順一郎・編『謎の物語』(ちくま文庫)
8月:山田風太郎『夜よりほかに聴くものもなし』(角川文庫)
7月:桜庭一樹『GOSICK』(角川文庫)
6月:スコット:ウエスターフェルド『ベヒモス クラーケンと潜水艦』(新ハヤカワSFシリーズ)
5月:那須正幹『こちらズッコケ探偵事務所』、『ぼくらはズッコケ探偵団』(いずれもポプラ社〉
4月:(古本市ツアー)
3月:米澤穂信『折れた竜骨』(東京創元社)
2月:スコット・ウエスターフェルド『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』(新ハヤカワSFシリーズ)
1月:法月綸太郎『キングを探せ』(講談社)、綾辻行人『奇面館の殺人』(講談社ノベルス)


2011年
12月:(忘年会)
11月:(『本格ミステリベスト10』本ランキング投票会議)
10月:(『本格ミステリベスト10』ベスト短編企画投票会議)
9月:(課題本なし。「米国ミステリにおける日本」について座談)
8月:(中止)
7月:G・K・チェスタトン『新ナポレオン奇譚』(ちくま文庫)
6月:(課題本なし。フリートーク)
5月:千澤のり子『シンフォニック・ロスト』(講談社ノベルス)
4月:宮部みゆき『魔術はささやく』(新潮文庫)
3月:(課題本なし。フリートーク)
2月:J・B・プリーストリー『夜の来訪者』(岩波文庫)(一月の参加者が少なかったため再度)
1月:J・B・プリーストリー『夜の来訪者』(岩波文庫)


2010年
12月:(忘年会)
11月:(課題本なし。『ミステリが読みたい!』を中心にフリートーク)
10月:(『本格ミステリベスト10』投票会議)
9月:ロバート・ルイス・スティーヴンスン『新アラビア夜話』(光文社新訳古典文庫)
8月:(会員による京極夏彦論論文発表)
7月:(課題本なし。会員による「ミステリ界、オタク界隈のパラダイムシフト」についての発表)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|