秋期女流戦について -- 増田:理事 2006-10-23 22:42:39


秋期女流戦の組み合わせについて疑問の声を頂いたので、経過を書いておきます。

<基本的な組み合わせの決定方法>

甲南大の選手は奇数番号のみ、立命館の選手は偶数番号のみから番号を
引いてもらい、他の大学の選手が残った4つの番号を引くことにより、
初戦の同校対決を避けました。
また、2R以降については同校対決等を一切考慮しておりません(スイスパーフェクトというコンピューターソフトが自動的に組み合わせました)。

<スイス式のルール>

勝点・・・勝った数
SK・・・・戦った相手の勝点の合計
SB・・・・勝った相手の勝点の合計(1試合目終了時は0となる)
ME・・・・SKから、勝点の最も高い相手の勝点と、勝点の最も低い相手      の勝点を引いたもの(2試合以下の場合は0となる)
PR・・・・それぞれのラウンドでの勝点の合計(例:3回戦って○×○の      場合、1R終了時での1点、2R終了時での1点、3R終了時      での2点を全て合計して4となります)
優先順位は、勝点→SK→SB→ME→PR

<1R終了時>
            <1R><2R> 勝点
1  東浦(奈良女) 2 ×  3      0
2  尾﨑(立命館) 1 ○  6      1
3  川田(甲南大) 4 ×  1      0
4  井上(花園大) 3 ○  10     1
5  正殿(甲南大) 6 ×  8      0
6  内免(府立大) 5 ○  2      1
7  山下(京文教) 8 ○  12     1
8  杉原(立命館) 7 ×  5      0
9  若松(甲南大) 10×  11     0
10 赤井(立命館) 9 ○  4     1
11 奥田(甲南大) 12×  9   0
12 伊藤(立命館) 11○  7   1

2Rの組み合わせは勝点が同じ選手どうしとなり、スイスパーフェクトを用いて組み合わせたところ上の表のようになりました。立命館どうしが当たらなかったのは偶然の結果です。(立命館どうしが当たらない確率は40%でした)

<2R終了時>
            <1R><2R><3R> 勝点
1  東浦(奈良女) 2 ×  3 ○ 10 1
2  尾﨑(立命館) 1 ○  6 ○ 7 2
3  川田(甲南大) 4 ×  1 × 12 0
4  井上(花園大) 3 ○  10× 8 1
5  正殿(甲南大) 6 ×  8 × 9 0
6  内免(府立大) 5 ○  2 × 11 1
7  山下(京文教) 8 ○  12○ 2 2
8  杉原(立命館) 7 ×  5 ○ 4 1
9  若松(甲南大) 10×  11× 5 0
10 赤井(立命館) 9 ○  4 ○ 1 2
11 奥田(甲南大) 12×  9 ○ 6 1
12 伊藤(立命館) 11○  7 × 3 1

3R目も先ほどと同じようにスイスパーフェクトで組み合わせました。勝点が近いものどうしが当たっています。

<予選終了時>

(試合予定・結果を参照)

<本戦の組み合わせについて>

本戦は立命館どうしが当たっていませんが、これもランダムにくじを引いて頂いた結果の偶然です。立命館どうしが当たらない確率は約23%です。


  • 失礼しました。貼り付け等により改行がおかしいので、それを考慮の上、見てください。 -- 増田:理事 (2006-10-23 22:47:42)
名前:
コメント: