※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

確かに、豊臣は上杉軍にも密偵を放っていた
豊臣が黒幕の可能性は高い…よし、行くぞ!



秀吉、情報が向こうから来てくれたよ
うむ…ならば密書に関して聞き出すのみ

どういうことだ 風魔の姿が無い!
ここも外れか…いったいどこにいるんだ

仕方ねえ 倒すとしますか
同感だ さっさと終わらせるぞ

それじゃあ、軽く片付けさせてもらうよ
命が惜しければ逃げろ 今の私はつるぎだ

へへへー 忍の足を舐めてもらっちゃ困るね
腕に覚えが無ければ、去れ
おっかない女だねえ 見てるほうが怖くなる

ついて来るな あっちへ行け!



軍神の密書、その内容を吐くがよい
残念だが、知りたいのはこっちも同じでね

密書を奪われたと聞いているよ? 随分と不手際な事だね
だが…かならず取り戻してみせる!

我が拳を前に、開かぬ口は無いと知れ
この貫禄おっかないねー 俺様逃げ出しそう

風魔を追っているようだけれど、無駄だったね 僕らとは関わりが無い

佐助君、なぜ君が軍神のために戦うんだい?
回り回っては俺様のため、ってね



次だ! 遅れんなよ!
当然だ! お前にも誰にも密書は渡さない!