※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【うつくしい】
しすればみな、うつくしい
もがくことも、またうつくしい

【あはれ・はかない】
あはれ、はなのいのちはみじかくて
ひとは、まことはかなきいきもの…
ひとは、きょうふゆえにみちをあやまる…

【優勢】
ふふ…やすきこと
おどろくのは まだはやいですよ
ときすでにおそし、これがきりゃくというもの

【劣勢】
ちからを…わたくしに…!(謙信瀕死・敵謙信瀕死)
しまった! わたくしとしたことが(謙信瀕死)
おちぬ…てんめいあればこそ!
いまはたえよ
どうやら、ほんきのようですね
わたくしも まだまだですね
おされている? おお、びしゃもんてんよ

【永劫の眠り】
まよいは、しをちかくしますよ
そなたに ひがんをみせてあげましょう
そなたのゆくさきは よみがふさわしい
ほとけにおなりなさい
ゆかれよ、しんぶつのみもとへ!
えいごうのねむりをおしえてあげましょう
かたちあるもの、かならずやこわれましょう
このくるしみも、ひとときのこと
さんずのかわ、ぶじにわたるがよい

【軍神】
わたくしをはばむとは、おろかなことです
わたくしのまえでは、すべてがむりょく…
わたくしに きずはつけられませんよ
すべてをわたくしにゆだねなさい
しりぞけ! わたくしのかちです
ゆけ、もうひとおしでおちようぞ

なぜ わたくしが ぐんしんとよばれるか… 
みるがいい!

【戦いの果て】
このしょうぶ、わたくしはわすれませんよ
たたかいのはて、なにがみえるのか…
またつまらぬものをきってしまいました(謙信1000人斬り)

【四文字熟語】
‘むげんほうよう’…いくさばこそがまことなり
‘いちようらいふく’、きざしである!

【毘沙門天】
おまえに、びしゃもんてんのたすけがありますよ
てんはつねに、わたくしのそばに…

びしゃもんてんの みはたをかかげよ!
みなのもののしんとう、わたくしがあずかる!

【敵けんしん】
ためらいというものを しらぬようですね
おまえがわたくしにふさわしきあいてか?
てんがささやく…わたくしにたたかえと
‘ゆうおうまいしん’…いさましきこと
まよいは しを ちかくしますよ
わたくしがあいてになりましょう
まだだ、せめてをゆるめるな

【けんしんさまから うつくしきつるぎへ】
よいでしょう…ぞんぶんにたたかいなさい
おまえにびしゃもんてんのたすけがありますよ
ゆきなさい、わたくしのうつくしきつるぎ
そのいのち、わたくしのためにつかいなさい
そのちから、たよりにしていますよ
わたくしのうつくしきつるぎよ、きれ!
なりません!おまえのともしびがきえてゆく!(かすが瀕死)


【二人の掛け合い】
謙信様、毘沙門天のごとき…はあ…
これも、おまえのたすけあってのこと

おのれ…謙信様に触れるなーッ!
おちつきなさい わたくしはぶじです(謙信瀕死)

あああ~謙信様ぁ~!
ふふ…やすきこと



【上杉軍武将】
謙信様、俺達を導いてください
謙信様は、いつもあの調子だよな…
軍神とはまさにこのこと、さすがは謙信様だ
毘沙門天は戦神…みんな、耐えろ!(乗船苦戦)
毘沙門天と共にあらん!(最南端・救出)
毘沙門天よ、おまもりくだされ
毘沙門天よ…お救い下され…
毘沙門天様…それがしを…
何をすれば、人はここまで強くなれるのか…(謙信1000人斬り)


謙信様に挑むとは…貴様、恐れを知らぬな?
謙信様、申し訳ありませぬ…!      ←かなり情けない感じ

【味方兵士との掛け合い】
まもりなさい! しょうきがみえますよ
御意!

そのものをたおしたら ほうびをあげましょう
ありがたき幸せ!

まよいは、しをちかくしますよ
はっ!

さあ、ふじょうなるものをしりぞけよ
御意!

まもりなさい! しょうきがみえますよ
はッ、御意にござりまする!

そのちから、たよりにしていますよ
御覧あれ!

くそっ、負けるか! 俺は無敵!(直江兼続)
よいかくごです
(直江兼続撃破)
なんたる…! みほとけのもとへ…!


【敵兵士】
あれが軍神か…拝んどこ
は、はやい! 軍神の太刀筋、見えぬ…!
速すぎる! 剣が見えねえ!
あんな細いやつが軍神だって?