※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【オープニング】
(霧の川中島を見下ろす謙信とかすが)
謙信様…このままでは、挟み撃ちにされるのも時間の問題…
まだです(目を見開く謙信)
はっ!(光を背に受け、上空に舞い上がる)
(武田本陣まで、光の道が出来る)
ぜんぐんとつげき
たけだぐんちゅうおうを とっぱします!
はああああああ!
伝令、伝令!上杉謙信、自ら突っ込んできます!(武田軍兵士)
(馬を駆る謙信)
うむ…よかろう!来るなら来い
武田の流儀にて盛大にもてなしてやろうぞ
たけだしんげん、しょうぶ!
望むところよ
はあー!(馬から上空へ飛ぶ謙信)
(武器を合わせ、激しく斬り合う二人。周りの雑兵が吹き飛ばされていく)
きょうのところはこれまで
うむ…
はっ!(馬に乗って戻っていく謙信。見送る信玄)

川中島での軍配は、
上杉謙信・武田信玄のどちらにも
あげられることはなかった。
再戦を誓った謙信は、
再び川中島へと兵を進め、
いざ信玄と一戦を交えようとしていた。
たけだしんげん… きょうこそけっちゃくを

【第一章 激突!川中島!】川中島会戦

【両軍鼓舞ムービー】
こたびこそはかいのとらをうつ!
びしゃもんてんのかごぞある!
軍神に武田の力を存分に見せつけてやれい!
いやー!(武田軍兵士)

かいのとら…しゆうをけっすときがきました
あえて問おう…何故、このワシと戦うか
それは…てんのさだめなり!
ならばその天命とやら、見せてもらおう!

みなのもの、わたくしにつづけ!
ねらうはかいのとら、ただひとり!
おぬしを倒し、上洛の礎としてくれるわ!
やれやれ軍神の相手も楽じゃあないね
びしゃもんてんはいくさがみ
かいのとらを くもつにささげましょう

ただひとりのへいもむだにせぬふじん…
きんじょうてっぺきとは このことか
フ…これがワシの布陣よ!

あなや、すばらしきいくさ…!
ねがわくば、とわにひたっていたいものです

さすが、生きながらに神と呼ばれるだけはある
実に見事な戦ぶりよ

【佐助登場ムービー】
ほらよっと! 人呼んで猿飛佐助!
さあて、俺様に勝てるかな?

軍神さん、あんたを倒すのはちと気が引ける
だが、主の敵は俺の敵でもあるんでね
せめてあるじのなをけがさぬよう…ねむれ

佐助! 武田忍軍の力、ここで見せよ!
お館様、無茶言わないでくださいよ!
相手はあの軍神ですよ!?

すきだらけだぞ、たけだのしのび!
あらら、軍神に稽古つけられちゃった
これで俺も強くなれるかね?

やみよにまぎれてこそ かがやくのがしのび
ひかりのまえでは、ただほろぶのみです

退散! 申し訳ねえ
佐助、無理するな! 退けッ!(幸村)

【幸村登場ムービー】
ぬおおー! 貴様の思うようにはさせん!
天・覇・絶槍!
真田幸村、見参!

上杉殿! ぜひお手合わせ願いたい!
どきなさい、おまえにわたくしはたおせません

幸村よ、軍神に学べい! そして越えてみせよ!
必ずや、この幸村、越えてみせましょうぞ!

とらのたましいをうけつぐものよ…
おのれのみじゅくさをしるがよい

わかきとらよ、おまえにはてんめいがみえぬか
うおおっ! これほどまでとは…!
やはり上杉殿こそお館様の宿敵なり!

不覚…この幸村、慢心しておりました
さがれぇ幸村! この未熟者がっ!

【信玄登場ムービー】
ワシの前に出るとはいい度胸じゃのう…
ワシが甲斐の虎、武田信玄よ
来い!

いまゆくぞ、たけだしんげん!
おおおうッ! ワシは逃げも隠れもせん!

【決戦ムービー】
かいのとら…さいかいをまちわびていましたよ
いざ…はじめましょう
おおう!

わたくしはただ、もとめるのみ
あなたさまとの うつくしきときを…!
ふはは! さすが宿敵と見込んだだけはある!
このワシと向きおうて顔色一つ変えぬとは!

なにゆえ、わたくしはあなたをもとめるのか…
けんをまじえるのは それをさとるため

あなたさまにかんじる すうきなえにし…
べつのよでも たたかっていたのでしょうか
フフ…いつの世だろうと勝つのはこのワシよ

その太刀筋は…ほう、面白し!
謙信、おぬしからは学ぶことが多いぞ!

これが、とらとよばれるゆえん…
たけだのきばの なんとするどきことよ

おぬしとワシはこれ程までに違う
だがこれ程までに呼応する! 愉快よの!

【決戦中断ムービー】
はっ!   とうっ!  (謙信と信玄斬り結ぶ)
(空からかすがが降ってくる)
謙信様!火急の用にございます!
織田・豊臣両軍が攻めてまいりました!
ならぬ…いったんひく…
うむ…この勝負、預けよう
つづきはかならず…