※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【オープニング】
伝令、伝令!上杉謙信、自ら突っ込んできます!(武田軍兵士)
(馬を駆る謙信)
うむ…よかろう!来るなら来い
武田の流儀にて盛大にもてなしてやろうぞ
たけだしんげん、しょうぶ!
望むところよ
はあー!(馬から上空へ飛ぶ謙信)
(武器を合わせ、激しく斬り合う二人。周りの雑兵が吹き飛ばされていく)
きょうのところはこれまで
うむ…
はっ!(馬に乗って戻っていく謙信。見送る信玄)
お館様ー! (遠くから走ってくる幸村)
どうかこの幸村に、上杉殿追撃の命を
馬鹿もんがああああ!!!! (アッパーカットで幸村を空の彼方に吹き飛ばす信玄。キラーンと星になる幸村)
ぐああ (地面に降ってくる幸村)
熱くなるな、幸村よ 今やつを深追いして、何になる
お館様…
慌てるでない やつとは必ず決着をつける
うおお!その際はこの幸村、必ずやお役に立って見せまする!
幸村!
お館様ー!
幸村!!
お館様ぁ!!
幸村!!!
うぉ館さむぁあああ!!!
幸村ぁ!!!!
うぉやかたさむぁあああ!!!!
ゆきむらあ!!!!!

川中島での軍配は
武田信玄・上杉謙信のどちらにも
あげられることはなかった。
今日こそは謙信と決着をつけようと
再び川中島へ兵を進めた信玄は、
別働隊を率いて上杉軍の裏をかくという
必勝の策を真田幸村へ授けたのであった。
お館様! 今一度、川中島に出陣いたしましょう!
うむ…じゃが、軍神相手には一筋縄ではいかん
幸村、お主に策を授けよう

【第一章 川中島渡河戦!】川中島渡河戦

【ムービー】
幸村! 別働隊を任す
はっ!
上杉軍の背後、見事突いて見せい!
はっ! この幸村、必ずや!
ぐううううおおおお!
うおおおおおおおお!
ふっ!

上杉謙信、決着をつけようぞ!
皆の者、軍神を恐れるな! 進めい!
しゅつげきせよ! これはけっせんにある!
かいのとらを むかえうつぞ!

軍神よ! 今こそお相手願おう!
このさいかいを たのしみにしていました
かいのとら、いざ、まいられよ!

此度の戦、別働隊が要よ…
幸村、何としても軍神に悟られてはならぬぞ
はっ! お任せくだされ、お館様!

うおおおお! お館様! この幸村!
大任を命ぜられ、燃えてまいりましたあっ!!!
幸村よ、油断するな、機を窺うのだ

おお、お館様、我らが押しておりますぞ!
幸村よ、慢心するな! まだ戦は決しておらぬ

おお、お館様! 我らの勝利は目前ですぞ!
はやるでない、幸村よ
指示を待ち、身を潜めるのだ

みなのもの、およばぬならばひきなさい
フム…上杉め、妙に消極的な戦よの
あるいは策…か?

【かすが登場ムービー】
あの方のためならこのかすが、たとえ死のうとも…
いざ、参る!

甲斐の虎…ここから先は行かせない! 覚悟!
ほう…厚き忠義を持つ忍よの
よかろう、このワシを止めてみいッ!

ここに忍を置いたか、上杉謙信
フッフッフ…悪くない布陣よの
とっぱできますか、たけだしんげん
わたくしのうつくしきつるぎを、ふふ

貴様だけは…何としても…!
フム…感情に身をまかせたか
太刀筋が鈍っておるぞ!

甲斐の虎…どうして攻めてくるんだ!
貴様など、いなければよかったのに!

どうした上杉の忍よ、全力で来い!
何という圧力…これがあの方の認めた男…!
いいや、認めない…認めるものか!

(かすが撃破)
ひきなさい、おまえにはまだやることがある
くっ…わかりました! ここは…退く!
(かすが一時撤退)

【謙信登場ムービー】
そなたにめぐりあえし このめいうん…
うえすぎけんしん おあいていたしましょう

【ムービー】
ふふふ…まっていましたよ、かいのとら
こうしておぬしと、再びあいまみえるとはな…
これはいかなる縁(えにし)か…
うおお! のう、軍神よ!

わたくしたちがあいまみえるは、てんめい…
ならば問おう…その勝者はいずれか!
それは てんのみぞしること!

おぬしを倒すことが天下取りへの第一歩よ!
‘いふうどうどう’…
それでこそ わたくしがみとめるおとこ

かいのとら…なんとたけだけしきこと
されどそのきば わたくしがおる!

上杉謙信、我が上洛の礎となれ!
そうはさせませぬよ、ふふ

あなたさまとのたたかい…
さながら、さめぬゆめのごとし

(謙信撃破)
今よ幸村! 来い!
お、お館様ぁ!
ぬっ!? どうした幸村!

【ムービー】
ふっ!   やっ! (かすがと幸村やりあう)
ふっ! ちいっ…! 申し訳ございません、この体たらく…
ぬう… すでに見切っておったか、上杉謙信…
‘たんだいしんしょう’…これにてけいせいはごぶ
見事! 今日のところは引き分けとしよう



こうして二度目の川中島の戦いも決着が
つけられることなく終わったのであった。
別働隊の任を果たす事ができず
不覚落胆する幸村を励ましつつ、
信玄は謙信との再戦を誓ったのであった。
そんなある日、信玄の元に届いたのは、
小田原の北条氏政が同盟を破棄したという
驚くべき知らせであった。
くうっ…!申し訳ございませんお館様…!
馬鹿者が!(バキッ)落ち込む暇があるなら精進せい!
お館様!北条が、同盟を破棄しました!

【第二章 小田原急襲戦!】小田原急襲戦