※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【走れ、復讐の道を】

北の地にて一揆集の足止めを振り切った
濃姫と蘭丸は、本能寺へと急ぐため、
春日山を通り抜けようとしていた。
しかし、その行く手を
領主である軍神・上杉謙信が
阻んだのであった。
蘭丸君、何としても突破するわよ

【第二章 険しき道のり】春日山忍法帖

まよいごが きましたね
よもつひらさかをゆく、まよいごが
信長様は死んじゃいないよ…!
蘭丸君、惑わされちゃダメよ
上様が…死ぬはずがない!
退け! 乱世が深まる原因は、もはや消えた

どいて! 私達は急いでいるの!

悪いが、ここは通さない…
魔王は死んだ…それでよかったんだ
まだ死んだと決まったわけじゃないわ
お前の血にまみれても、ここを通ってみせる!

今は進むだけ…それしかないのに!

濃姫様…頑張ってる…

濃姫様、がんばれ、がんばれ!
蘭丸君は休んでなさい! 後は私が!

おまえがわたくしにふさわしきあいてか?

魔王の子、お前もこれ以上人を殺さずにすむ
うるさい! 信長様は死んでない!

謙信様のために戦う…私は幸せだ
だがお前は違う! お前はとても苦しそうだ
私の気持ちなど…お前には分かるまい…!
そうやって強がるのはやめろ!
もうその必要もないんだ…!

なるほど、ほんのうじにゆくのですね
しかし、ここはとおしませんよ
ならば、力づくで道を開けさせてもらうわ

謙信様には…近寄らせない!

まのものは、ちにかえるのがどおり…
ちじょうにてほろびるは てんめいですよ
あの人は死んではいないわ!
お前が安心していられるのも今のうちよ!
わたくしに そらごとはつうようしません
ただむなしく、あはれです

ゆえなく、とびまわるちょうよ…
わたくしが めいふへみちびいてあげましょう
こんな所で倒れては駄目…!
まだまだ、道のりは遠いのに!

なぜだ、なぜ戦う…?
お前が戦う理由は、なくなったはずだ!

ちりぬれば あとはあくたになるはなを
おもいしらずも まどうちょうかな

あきらめなさい
まのものがほろび、てんもよろこんでいます

春日山を突破した濃姫と蘭丸は、
続けて武田軍が陣営を張る
三方ヶ原をも突破しようとしていた。
しかし、ここでも大きな困難が
二人を待ち構えていたのであった。
三方ヶ原…ここさえ突破できれば…

【第三章 甲斐の虎】三方ヶ原逆襲戦