※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【究極のめし】

めでたく いつきに
米を分けてもたったまつと利家は、
さらなる食材を求めて
摺上原へと向かう途中、
上杉謙信の居城・春日山へと
迷い込んでしまった。
しかし、そこで二人が目にした
意外な食材とは…!
某の手を離すな、まつ! まつ…まつたけ!?

【第二章 松茸天国!】春日山忍法帖

まつ! ほら、松茸がこ~んなに!
迷ったかいがあったというもの…
さあ、見つからないうちに…
まえだどの、なにをしているのですか?
み、見つかったー!

山から攻め入るとは…なかなかの手錬だな…
わたくし共は、松茸を採りに参りました
ま、松茸を!? そ、それはそれで許さない!

この山の松茸には指一本触れさせない!
まつ…この忍、ケチだな
だ、黙れっ!

あの方のため、この松茸に命を…
かけるのか?
こ、来いっ!

上杉殿、わたくしどもはただ松茸を採ろうと…
たとえ どのようなりゆうがあろうとも、
このかすがやまを あらすことはゆるしません

強い…これが食べ物に対する執念…!
いいえ! 犬千代様への愛にござりまする!
ま、まつ~! ぐすん

このやまのものはみほとけにささげられしもの
そなたらが あらしてよいものではありません
いえ、もう引っこ抜いてしまいましたゆえ!

あなたからも松茸への愛が感じられまする
違う! これは松茸に対してじゃない!

そうとうおすきのようですね…まつたけが
松茸はとても美味しゅうござりまする!

上杉殿も忍も、ケチだなあ…
けちといわれて だまってはおけませんね

見れば見るほど、お美しいお方…
はっ……それだまつ!
上杉殿をご機嫌にさせて、松茸をもらうんだ!

春日山の松茸は天下一にござりまする!
さすがは上杉殿の山だなあ!
ふふ…そのてにはのりませんよ

頑張れ! まつたけ!
犬千代さま、ごっちゃになってござりまする

松茸を守れなかった…ああ、謙信様!

わたくしも まだまだですね

思いもかけず極上の松茸を手に入れて
喜びにひたるまつと利家は、
幻と絶賛される程
美味な野菜を育てる名人がいる、
という噂をたよりに、
ようやく目的の摺上原へと
辿り着いたのであった。
鍋物にはお野菜が欠かせませぬ!

【第三章 野菜は鮮度が命!】摺上原双竜陣