核融合反応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

核融合反応とは、原子核と原子核が衝突し融合する反応のことである。通常はこの融合に伴って莫大なエネルギーが発生する。
  • 原子核はプラスの電荷を帯びているため互いに反発しあう(原子の構造も参照)。原子核の大きさは非常に小さいため、原子核同士を接触させて反応を起こさせるためには非常に接近させなければならない。一方で、反発力の大きさは距離が近づけば近づくほど急激に大きくなる。そのため、核融合を起こすためには非常に強い勢いで原子核を衝突させなければならない。このようなことが可能なのは高温の条件下のみであり、日常の環境で核融合が起きるということはまずあり得ない。
  • 恒星の中心では高温の条件が整っているので核融合反応が起きている。大部分の恒星の中心で起きる核融合反応は、水素同士が融合してヘリウムとエネルギーを生じる反応である。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。