081126


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドイツ

単発戦闘機

  • Bf 109
  • ※He 112
    • Bf 109 との競作に敗れる。
  • ※Ar 80
    • Bf 109 との競作に敗れる。固定脚。
  • ※Fw 159
    • Bf 109 との競作に敗れる。高翼。
  • ※He 100
    • Bf 109 の後継を狙った高速戦闘機。
  • ※Me 209
    • 高速実験機。のちに設計を一新し Bf 109 の後継の戦闘機を目指したものの、性能向上が大きくなかったため開発中止。>Me 409
  • ※Me 309
    • Me 109 の後継として開発された戦闘機。前輪式の降着装置を持ち、主脚間隔の短さも改善された。しかし、操縦性が悪く、着陸も困難で、旋回性能も低く、速度が速いだけの失敗作となってしまった。>Me 609, >Me 509
  • ※Me 509
    • Me 309 をベースとし、エンジンをミッドシップ配置にした戦闘機。計画のみ。
  • Fw 190
  • Ta 152
    • 大戦末期に Fw 190 から発展した高高度戦闘機。
  • ※BV 155
    • 長大な主翼を持つ高高度戦闘機。

単発爆撃機

  • Hs 123
    • Ju 87 以前の複葉急降下爆撃機。
  • Ju 87
    • 大戦前半に対地攻撃に大きな威力を発揮した急降下爆撃機。後期には夜間爆撃機として使用された。
  • ※He 119
    • Ju 87 との競作に敗れた急降下爆撃機。
  • ※Ju 187
    • 可変垂直尾翼をもつ Ju 87 の後継機。Fw 190 を対地攻撃に用いる方針のため開発中止。

艦上爆撃機

  • ※Fi 167
    • 複葉の艦上雷撃機。

双発戦闘機

  • Bf 110
    • 当初は長距離戦闘機として開発されたが、バトルオブブリテンで空戦性能の低さを露呈し、夜間戦闘機などに転用された。
  • ※Fw 187
    • Bf 110 に対抗した小型の双発単座戦闘機。
  • ※Ar 240
    • Bf 110 の後継として開発された偵察戦闘機。ダクテッドスピナー・与圧コクピット・遠隔操作式機銃などを備えたが、安定性が低く量産されなかった。改良型に Ar 440 があるが、こちらも採用されなかった。
  • Me 210
    • 失敗に終わった Bf 110 の性能改善型。重戦闘機として開発されたが爆撃や偵察用途にも使用された。安定性に難があり、それを改良したのが Me 410 であった。
  • Me 410
    • Me 210 の安定性を改善したもの。
  • ※Ar 440
    • Ar 240 の改良型。ダクテッドスピナーを諦め、エンジンの換装、安定性の向上を行ったが、Me 410 が採用されたため試作にとどまった。戦闘機以外の用途での使用も考慮された。
  • ※Me 310
    • Me 210 を元に開発された高高度戦闘機。開発遅延と Me 410 の成功により開発は中止された。
  • ※Me 409
    • Me 209 を横に連結した双子型戦闘機。Me 209 の開発中止のため計画中止。Me209>
  • ※Me 609
    • Me 309 を横に連結した双子型戦闘機。片方の操縦席は廃止されたため、単座機である。Me 309 が失敗作となったため、製作されることはなかった。Me309>
  • ※Do 335
    • 二つのエンジンで前後に配置されたプロペラを回す双発機。戦局悪化により大量生産できず。

夜間戦闘機

  • He 219
    • 最初から専用の夜間戦闘機として設計された機体。生産数は268機。
  • Ta 154
    • 半木製の高速夜間戦闘機。工作不良で墜落事故が相次ぎ生産中止。
  • ※Do 435
    • Do 335 をベースとした夜間戦闘機。敗戦のため計画のみ。

双発爆撃機

  • Do 17
    • 細長い機体を持つ爆撃機。1940年までに2000機弱が生産された。>Do 217
  • Ju 86
    • ディーゼルエンジン搭載の爆撃機。第二次世界大戦初期に高高度爆撃機・偵察機として一定の成功を収めたが以降は一線から退いた。
  • He 111
    • 大戦初期は Ju 88 とともに主力爆撃機の役割にあったが、バトルオブブリテンで大損害を出してその地位から転落した。以降は夜間爆撃機や輸送機として使用された。
  • Ju 88
    • 大戦を通じて主力爆撃機として活躍した他、夜間戦闘機などにも使われた。
    • ※He 119
      • 胴体中央の二基のエンジンの動力で機首のプロペラを回す高速偵察爆撃機。
  • Hs 129
    • やや小型のエンジンを搭載した単座地上攻撃機。
  • Do 217
    • Do 17 の改良型。2000機弱が生産され、爆撃や夜間戦闘に使用された。
  • Ju 188
    • Ju 88 の後継の偵察爆撃機。
  • Ju 388
    • 大戦末期に Ju 188 をさらに発展させた多目的機。

大型機

  • Fw 200
    • もとは旅客機として開発された四発の長距離哨戒爆撃機。大戦初期に船団攻撃に活躍したが、護衛が強化されるに伴い活躍の場を失い、後に輸送機として使われた。
  • He 177
    • 縦に2つ束ねたエンジンを2組搭載する四発高速爆撃機。
  • 試作機
    • He 274
    • He 277
      • He 177 を通常の四発機にしたもの。

輸送機

  • Ju 52
    • 三発機。第二次世界大戦時には旧式化していたが、それでも主力輸送機として運用された。
  • ※Ju 252
    • Ju 52 の近代化型。コスト高のため採用にいたらず。性能を落としコストを低減した型としてJu 352 が作られた。
  • Ju 352
    • Ju 252 の廉価版だが、少数生産に終わる。
  • Go 244
    • Go 242 グライダーを動力化した双発輸送機。エンジンの出力不足のため活躍できなかった。
  • Ar 232
    • Ju 52 の後継として開発された四発機。少数生産に終わり、Ju 52 を代替することは出来なかった。
  • Ju 290
    • 四発の大型哨戒機/輸送機。

偵察機

  • Hs 126
    • Fi 156 の前の単発偵察機。
  • Fi 156
    • 優れた短距離離陸性能をもった単発偵察機。
  • Fw 189
    • 双発偵察機。
  • ※BV 141
    • 左右非対称の偵察機。Fw 189との競作に敗れる。

水上機

  • Ar 196
    • 対戦中の標準的な艦載単発水上機。
  • ※Ar 231
    • 潜水艦搭載用に開発された小型単発偵察機。主翼は高翼配置。飛行安定性や離陸性能に問題があり試作のみで開発中止。
  • He 115
    • 双発の雷撃機。
  • Ha 139
    • 四発の大型水上機。
  • BV 138
    • 長距離偵察用飛行艇。
  • BV 222
    • 六発の飛行艇。
  • ※Do 214
    • 八発の大型飛行艇。輸送や爆撃への利用が考えられていたが、戦況の悪化に伴い計画段階で開発中止。
  • ※BV 238
    • 六発の大型飛行艇。試作機は1944年に初飛行するが、同年中にアメリカ軍の攻撃により沈没し、引き続いて製作中の機体も完成しなかった。初飛行当時最大の飛行機だった。

ヘリコプター

  • Fw 61
    • 最初の実用ヘリコプター。左右に二つのローターを配置。1936年6月に初飛行した。
  • Fa 223
    • 最初の量産型ヘリコプター。左右に二つのローターを持つ。少数のみ生産された。

ジェット戦闘機

  • Me 262
  • He 162 ザラマンダー
    • 単発戦闘機。
  • ※He 280
    • 試作双発戦闘機。
  • ※Ho 229
    • 双発全翼戦闘機。製作中に終戦。
  • ※Do 535
    • Do 335 の後部エンジンをジェット化したレシプロ・ジェット併用機。計画段階で敗戦。

ジェット爆撃機

  • Ar 234
    • 世界初の実用ジェット爆撃機。双発。大量の燃料を搭載する必要のため爆弾等裁量は少なく、爆撃機としては今ひとつであった。むしろ高速を活かし偵察任務に活躍した。
  • ※HS 132
    • 単発急降下爆撃機。乗員はうつ伏せで乗る。飛行前に終戦。

そのほかジェット機

  • ※He 178
    • 世界初のジェット機。

ロケット機

  • He 176
    • Me 163 の前のロケット戦闘機。
  • Me 163
    • 世界初の実用ロケット戦闘機。
  • ※Ju 248 / Me 263
    • Me 163 の改良型で、機体形状の変更や燃料搭載量の増大が図られたが、完成前に終戦を迎えた。
  • ※DFS 346
    • ロケット動力の高速偵察機。大戦中には完成せず、終戦後にソ連が持ち帰って試験飛行を行った。

グライダー

  • DFS 230
    • 空挺部隊で広く用いられたグライダー。
  • Me 321
    • 大型輸送グライダー。動力化版として Me 323 がある。
  • Go 242
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。